カテゴリー「旅の記録」の記事

2018年8月 9日 (木)

仙台七夕まつり

先月平塚の七夕まつりに行った時に今年こそ仙台七夕にも行きたいと思い、毎年8月6日~8日に開催されている「仙台七夕まつり」に7日から一泊で行って来ました。

仙台の七夕は友禅和紙がふんだんに使われているのが特徴の一つでTVや仙台支店にいたことがある兄夫婦のお薦めもありその素晴らしさを見聞きしていたので実際に見れるのをとても楽しみにしていました。

ところが仙台の天気は台風の影響から滞在2日間とも一日中雨予報。主に笹飾りはアーケード街とは言え風雨を覚悟しての出発でした。

結果的には台風接近の雨予報は晴れ女健在とまではいきませんでしたが、2日間共に時々小雨程度で観光にはあまり影響なく楽しんでこれよかったです。

友禅和紙は色鮮やかな色彩と模様の魅力に加え、風雨にも強い丈夫な紙質です。
約300本を超える豪華な和紙の笹飾りは高さ約10mの吹き流し型で5本で1セットになっていて圧巻でした。

P8070011

P8070002

P8070029

P8080202

約8万8000羽の子供達の手作り折り鶴をつなぎ合わせた七夕飾り
P8080172
可愛い~~。メガネのワンちゃん本物です。

Dsc09306_4

Dsc09279
夜のアーケード街

Dsc09268
また仙台七夕には7つの伝統的な飾り物があり、それぞれに願いが込められているそうです。皆さん立ち止まって感心して読まれてました。

Dsc09186

Dsc09311_2
吹き流し・・・手芸や機織りの上達の願い
千羽鶴・・・家内安全や長寿の願い
短冊・・・・・学問や書の上達の願い
投網・・・…豊漁豊作の願い
屑籠・・・・・清潔と倹約の願い
紙衣・・・・・災いや山居の身代と裁縫の腕前向上の願い
巾着・・・…富と貯蓄、商売繫盛の願い

一日目の夜はちょっと足を延ばして瑞鳳殿の七夕ナイトへ。

※乗車したタクシー運転手さんの話によると・・・・・
・昔は全部の笹飾りがそれぞれのお店の手作りでしたが、今は業者さんにお願いするお店が多いとか・・・・
・以前全国展開の企業が、平塚七夕で使った笹飾りを和紙使用の仙台で飾り、市民にひんしゅくを買いそれからは使い回しはなくなったとか・・・・・
・笹飾りの豪華さでお店(会社)の繁栄がわかるとか・・・・・
・仙台七夕は歩かないと絶対観れないので東北のお祭りの中では一番疲れるお祭りなのでは等々・・・・・興味あるお話が聞けました。

瑞鳳殿は伊達政宗のために造られたお墓ですが、墓石ではなく参拝するための建物で、このようなお墓を霊屋(たまや)と呼ぶそうです。
心配していた雨に降られることもなく幻想的な世界を楽しんできました。

P8070146

Dsc09252

P8070102

P8070085

Dsc09237

P8070139

Dsc09230

P8070140
(七夕ナイト(竹灯籠とライトアップ)開始直前の瑞鳳殿)
Dsc09233
瑞鳳殿にはとてもすばらしい吹き流しが飾られていました。

Dsc09241

Dsc09242

※一部アーケード内部でない商店街の笹飾りは和紙使用の為雨が降ると大きなビニールでスッポリと包まれると聞いていたので、滞在二日間で両方の様子を見れたのはある意味ラッキーだったかも知れません。

雨が降ると・・・(手際よく被せていきます。)
Dsc09207
雨が降っていないと・・・(やっぱり降ってほしくないです。)

Dsc09302
仙台と言えば牛タン。食事も毎回美味しく私的には今までで一番美味しい牛タンでした。何を食べても本当に美味しく、ついつい食べ過ぎてしまいました。(満腹満足・・・ちょっぴり?)

これで東北三大祭りを全部見たことになります。作品の素晴らしさは勿論の事、太鼓の響き・大きな掛け声・・・・それぞれに感動した東北三大夏祭りでした。

昔、私達両家の両親が一緒に東北三大祭りを巡った旅行を思い出しました。今の私達の年代だったようです。

旅行大好きはお互い親譲り?
あと何年夫婦で旅行できるかなぁ~・・・・・フッと思うそんな歳になりました。

2018年6月24日 (日)

初めてのチェンマイ (タイ6日間)

6月15日から6日間、久し振りでタイ(3回目/夫・娘・夫)に行って来ました。今回の旅の決め手は行ったことのないチェンマイに行ける楽しみでした。

時季的に日本もタイも今は雨期・・・・・タイの天気予報も滞在中は晴れsun、雨rain、曇cloudと一日中変わりやすいので、雨具は手放せなく特に雨期は長雨が多いとか。
秋にしたほうが良かったかな~と思ったことも・・・・・でも、行ける時に・・・・・。

<1日目>raincloud
🛫東京10:50発・・✈・・🛬バンコク15:20着

Dsc08617
金曜日ということでバンコク市内は大渋滞。ホテル直行の予定を変更し、夕食を先に済ませてからホテルへ。

夕食は小泉元首相も行ったバンコクで人気のシーフードレストラン「ソンブーン」でカニカレーとタイ風海鮮料理。
ここのカニたっぷりのカニカレーは有名なだけあって評判通りとても美味しかったです。

Sonboon_1 Sonboon_2 Sonboon_3

ガイドは日本語達者なモンちゃん(モントレーさん)。
渋滞を利用して楽しいお話や今後のスケジュールの説明。

※1バーツ3・7円

flairタイ語では言葉の最後に女性は「カー」・男性はクラッ(プ)」を付けると丁寧表現になるので基本付けるようにしましょうとの事。
こんにちは・・・サワティーカー(女性)サワティークラップ(男性)※挨拶全般
ありがとう・・・コップクンカー(女性)コックプンクラップ(男性)
美味しい・・・アロイ   大変美味しい・・・アロイマー

バンコクでのホテルはチャオプラヤ川沿いの「モンティエン・リバーサイド・バンコク」
部屋からの夜景はとってもきれいです。

Dsc08628 Dsc08631 P6160139

<2日目>sun

※午前中はバンコク市内観光

3回目となると最初に見た時のあの感動はありませんがとっても美しいい寺院です。

<エメラルド寺院・王宮>

P6160020
P6160018 P6160014 P6160022

<暁の寺>

修復工事が終わってそんなに経っていないせいか、今回が一番美しかったような・・・・・。
以前訪れた時は若かったとは言え長~い長~いとっても急な階段上を上がったものの、やっとの思いで下りて来た思い出があるので、今回は上るつもりはありませんでしたが・・・・・今はかなりの急こう配から事故があったりとかで、ロープが張られ上れなくなっていました。(残念だけど納得・・・特に下りはきついです。)

P6160046
P6160028 Dsc08688 Dsc08693

<ワット・ポー>

前身が金箔で覆われた体調46m、、高さ15mの巨大な寝釈迦像。
その大きさと輝きには感動です。
足元からでないと前身が見れません。皆さん写真撮影に四苦八苦していました。

Dsc08699
Dsc08706 P6160063 P6160078

昼食はチャオプラヤ川に浮かぶ船上レストランでタイ料理のビュフェをいただきました。

Dsc08720 Dsc08715 Dsc08716

※午後はアユタヤ観光

<ワット・プラ・シー・サンベド>

3人の王の遺骨が納められいて古きアユタヤ王朝の様子を残している貴重な場所です。

P6160099 P6160098

<ワットマハータート>

木の根で覆われた仏頭で知られています。

Dsc08728 Dsc08729

<ワット・ヤイ・チャイ・モンコン>

仏塔の長い階段は急でしたが上ってみました。中には井戸のようなお賽銭箱があり、覗くとはるか下方にコインが・・・・・中の仏像は金箔で輝いていました。

P6160126 Dsc08741

夕食は「コカレストラン」でタイスキ

バンコクで一番タイスキが美味しいお店です。
タイスキとはタイ風しゃぶしゃぶの事で日本人には受け入れやすい鍋料理。
すべてお任せで取り分けてもくれ食べるだけ。
評判通りおいしかったです。、

Coca_1 Coca_2 Coca_3

<3日目>sun

※ダムスン・サドゥアクへ

<ダムヌン・サドゥアク水上マーケット>

バンコクからバスに乗ること約1時間半、9時過ぎの到着だったのでここのマーケットだけでも30隻以上の停滞ボートでごったがいしています。
衣類・民芸品・果物が主です。特にフルーツ類は新鮮でとても美味しかったです。
今回驚いたのはマーケットに着くまでのボートの速さと音の大きさです。水しぶきも凄く洋服まで濡れてしまい、まるでアトラクションのようでした。

Dsc08783
Dsc08764 P6170186 P6170161

※再びバンコクへ戻り昼食後はショッピング

※🛫17:20 空路、国内線にてチェンマイへ・・・・・所要時間:1時間10分

夕食は川沿いの雰囲気の良いレストラン「ラックターナム」でタイ料理

Rakthanam_1 Rakthanam_2 Rakthanam_3

<4日目>suncloud

※チェンマイ観光

山々に囲まれた高原の中央に位置するタイ北部最大の都市チェンマイ。
豊かな緑に囲まれた大自然が魅力です。

<ドイステープ寺院 >

よく紹介されているせいもあり、チェンマイ観光客のほとんどの人が訪れる寺院です。
黄金の仏舎利が素晴らしかったです。山頂からはチェンマイ空港が見えました。行きは全員ケーブルカー、帰りは2匹のナーガ(龍の神)の石段(306段)を選択し降りてきました。個人的には往復階段にしたかったですが・・・・・。

P6180235_2
P6180200 P6180225 dsc08832

昼食は(日本の皇室の方やダイアナ妃も泊まった)『チェンマイ・オーキッド・ホテル」の中華レストランで飲茶をいただきました。ここの飲茶はテレサテンが大好きでチェンマイに来たときはよく食べに来ていたそうです。
テレサテンが亡くなったインペリアルメーピンホテル(15階・1502号室)の前をバスが通る度にガイドさんから説明あり、写真を撮っている人もいました。

Orchid_1 Orchid_2 Orchid_3

午後はボーサンにて「傘の手工芸見学」とショッピング

Dsc08861 Dsc08863 P6180242

サンカンペーンにて<シルク工芸品見学>とショッピング

<ナイトバザール>へ 
 
雨が降らないうちにとまだ明るいうちに到着。(少し前にスコールがあったとか。)
かなりの出店数ですが、売っているものはほとんどバンコクと同じ物ばかり。皆さん値段交渉を楽しみながらお買い物していました。

P6180263 Dsc08865 P6180272

夕食は<カントークディナーショー>

カントークとは円卓のことで、結婚式など特別の行事の時にテーブルを囲んで食べる食事の事です。
郷土料理を食べながら伝統的な音楽や舞踊を観てきました。

Culture_1 Culture_2 Culture_3

<5日目>sun・・・cloud・・・rain(最後の観光で約20分間のスコール)

※チェンマイ観光

<メー・サー・エレファント・キャンプ >

後で観るショーの人気演目の一つにもなっていたのですが・・・・ショー会場とは別所でゾウに餌をあげたり一緒に記念撮影中、調教師が麦わら帽子をゾウに渡すと、賢いゾウさんは長い鼻で麦わら帽子を私に被せてくれお頭テンテンもしてくれました。その後続いて大サービス指示?だったのかゾウの鼻で突然強烈な歓迎キッス?(スッポーン)。これには本当にビックリ、衝撃でした。
TVでよく紹介されている数々のショー、賢い愛嬌のあるゾウ達を生で観れて楽しかったです。
描いた絵は日本円で約2000円から、数頭で描いた数メートルもする大作になると約6000万円もする絵もあると聞き驚きました。(ギネスに載ってから急上昇との事)

Dsc08917 Dsc08926 Dsc08930
Dsc08933 P6190479 P6190508

昼食後は<オーキッド・ファーム>鑑賞(同敷地内)

自宅でも大好きなランを育てているので、以前訪れたシンガポールのラン園を想像し楽しみにしていたのですが、敷地も割とこじんまりしていて咲いているランの種類も少なく私的にはちょっと期待はずれで物足りなかったですが、ランはきれいでした。

Dsc08975 Dsc08969 Dsc08967
Dsc08963 P6190549 P6190555

<少数民族村(首長族)>へ

写真の女性のリングの長さにはビックリしました。若い人のリングでさえ、手に持ってみるとかなり重く、お試し用の半円リング(2㎏?)を装着してみると瞬時に肩が凝りそうでした。首が長いほど美人と言われるカレン・パドゥン族の女性ですが長いリングを手や足にまで付けている人もいて辛いのではないかと思いました。
今は観光商品の一つになっていて首にリングをはめている女性たち(5~6歳~)にはタイ政府から毎月生活費の支給があるそうです。(女性のみで強制ではないとか)

Dsc08983
Dsc08980 P6190566 P6190572

<ワット・チェディ・ルアン〉見学 rain(約20分間のスコール)

チェンマイで最も格式の高い寺院です。天井からは豪華なシャンデリアが吊り下げられ内部装飾が煌びやかで驚きました。敷地内には僧侶たちの学校があり6歳から入学できるそうです。休み時間らしく賑やかでした。
着いたとたんのスコールも礼拝堂内部見学が 終わった頃は止んでいたのでよかったです。

P6190589
P6190580 P6190592 P6190593

<ワット・プラシン>cloud

お堂の壁の色とりどりの壁画も見所の一つになっていますが、傷みが激しく残念でした。

Dsc08998
Dsc09003 Dsc09004 Dsc09009

旅の最後の夕食はツアーの皆さんと意気投合してあれこれ話に盛り上がり、特に楽しかったです。もちろんお料理も美味しかったです。

🛫チェンマイ17:20・・・🛬空路バンコクへ(所要時間1時間10分)・・・着後乗り継ぎ
🛫バンコク22:10・・✈・・空路東京へ(所要時間6時間10分)

<6日目>
🛬東京(成田着)06:20着rain

成田の入国審査は6月18日から「顔認証ゲート」システムに変わっており、パスポートとゲートカメラで顔撮影しただけでゲートを通過してきました。並ぶことなく審査が済んだのは嬉しいのですが、パスポートにスタンプが押されないのはちょと寂しく感じました。 Face_recog_sys

雨期ということでしたが、日ごろの行いがよほど良いせいか?最終日最後のスコールを除けばお天気はほぼ満点満足。毎日蒸し暑かったけど、娘からもさすが晴れ女と言われるほどラッキーな旅でした。

毎日約20000歩、よく歩きました。
今回のツアーは63人、バス2台、毎年楽しんでいる海外旅行も20年以上経つといつしか年長参加組の方に・・・・・でも歳の割にはまだまだ元気!
私達の父親は二人共80歳まで海外旅行を楽しんでいたのですから、今思うと凄いです。
健康面で不安を感じず足腰が元気なうちは私達も年齢に関係なくあちこち観て歩き回りたいです。

そうそう、今回同じ市内に住むご夫婦が同ツアーに参加していたのです。お話していると共通で使用している施設名や知人の名前までが飛び出し偶然にビックリしたものです。

初めてのチェンマイ、いろいろ楽しかった!

2018年5月17日 (木)

春の利尻島・礼文島

5月13日から二泊三日で春の北海道へ行って来ました。

季節を変え何度も訪れている北海道ですが、利尻島と礼文島だけが残り今回が初めて。

今年は少し遅かったとかで北海道にやっと桜前線が到着したところで、移動中バスの中から今年二度目のうれしい桜鑑賞もできました。

<1日目> 

稚内
サロベツ原野
雨天で気温も11度と寒かったので薄手のダウンを着、傘をさしての木道散策となってしまいましたが、湿原のど真ん中で自然との一体感ををあじわってきました。
数種類のお花が咲いていていましたが、見頃はやはり1ヶ月先とか。晴れていれば遠くに利尻富士が見えたのに・・・・残念!!

P5130006

Dsc_0637

<2日目> フェリーで稚内港~香深港(礼文島)まで120分 着後礼文島観光

P5150247

澄海岬=スカイ岬
透き通った水と自然がつくりだした入り江は絶景。礼文ブルーがきれいでした。白い小さな花や青い花のエゾエンゴサクが結構咲いていました。

Dsc_0690

P5140027

スコトン岬 
スコトンとはアイヌ語で、シコトン(大きな谷)・トマリ(入り江)と言い、「大きな谷にある入江」と説明がありました。移動途中で野生のアザラシ群を見かけました。ラッキー!

あいにくガスがかかり先は海であることを想像しながらの観光となりました。

P5140059

P5140056
出発時間の頃になると徐々に視界が・・・もう少し時間があったらなぁ~・・・
ガスがかかっていなければこんなにきれいな所です。(ネットより)

800pxsukoton

clovercloverclover礼文島で見かけた草花・・・レブンアツモリソウはまだ咲いていませんでしたclovercloverclover
P5140032 P5140040 P5140036
P5140050 P5140048 P5140049

昼食後 香深港~鴛泊港(利尻島)までフェリーで45分 着後利尻島観光

姫沼
この日の姫沼には10種類のお花が開花中との表示があり、周囲約15分程度の沼をお花を見つけながら皆さんと賑やかに散策しました。到着した時は雲に隠れていた利尻富士が途中から美しい姿を見せてくれ感動でした。

P5140109

P5140115

P5140094

Dsc_0723

オタトマリ沼

あの[白い恋人」のパッケージに採用されている所です。15分位前に姫沼で見ていた利尻富士はここでは雲に隠れ全く見ることが出来ませんでした。

P5140120

P5140140

仙法志御崎公園

海水を引き込んだ海上プールにいるアザラシに餌をあげることができます。心なしか人なれしてるような・・・・・可愛かったです。
毎年何頭か群れからはぐれてしまう子供のアザラシをここで保護していて、今年は2頭とか。

P5140148

P5140153

Dsc_0740

cloverclovercloverclover   利尻島 主に姫沼で見かけた草花   cloverclovercloverclover
P5140078 P5140087 P5140086
P5140089 P5140143 P5140137

ホテルは鴛泊(おしどまり)港の目の前。
到着時には雲が切れ部屋から凛々しい利尻富士が広がっていました。最高のロケーションです。

P5140169

P5140170

夕食の前にフェリーターミナルから突き出したクジラのようにそびえる近くのペシ岬に登ってきました。
以前上った霧降高原の天空回廊1445段の達成感はいろいろな所で自信に繋がり、今回も石の割と急こう配コースを選択。途中引き返す同年代らしきグループもいましたが、頂上はやっぱり眺めも良く気持ちよかったです。

P5150237
<3日目>

出発前の素晴らしい利尻富士

P5140165_2
鴛泊港~稚内港へ フェリーで約100分

P5150253


稚内北防波堤ドーム

総延長427m・高さ13,6m・柱総数70本。
設計者は北海道大学を卒業して3年目の当時26歳の若さ溢れる技師の土屋実さんとか。素晴らしいです。驚きですね。

Dsc_0758

P5150265

昼食後 宗谷岬

北緯45度31分22秒の「日本最北端の地」の記念碑です。
北極星の一稜をモチーフに、中央には北を示す”N”、台座の円形は”平和と協調”を現しています。
亡き母が訪れた時の記念写真やお土産を懐かしく思いだしました。

P5150279

P5150280

P5150282

猿払にてお買い物
ここ猿払はオホーツク海でじっくり育った極上の活ホタテ漁獲量が日本一とか。
もちろん大好きなホタテを購入。


今回の旅行は1日目の雨は残念でしたが、今回の目的の利尻富士のきれいな姿が観れてほんとうに良かったです。
稜線がはっきり見えその美しい姿には感動しました。
島のお花は7~8月が見頃、この時季種類は少なかったけど予想以上の種類の珍しいお花に出会えたのも良かったです。

(ガイドさんの車内説明・・・この辺りがOOの群生地で、一面O色になりそれはそれはとってもきれいです。本当はこの先にOOがはっきり見えるのですが)・・・・・今回は想像の世界も多かったです(笑)。

新緑と所々の残雪・珍しい鳥・野生アザラシの群れ・お花などを観ながらの日本最北端の自然満喫の旅でした。

旅先ではバスが止まる度にガイドさんお勧めの美味しい地元名産を食べまくり、ちょっと?太っての帰宅となりました(笑)。

2018年3月21日 (水)

伊香保温泉

3月19日から一泊で伊香保温泉に行って来ました。温泉好きの母から聞いていて一度歩いてみたかったあの1年365日の繁栄を願って設置された365段の石段のある温泉街です。

Dsc_02341
今回到着して何より驚いたことは、この温泉街は圧倒的に若者(20~30代)が多いことでした。春休みに入っていたせいか特に学生さんのグループでとても賑やかでした。あちこち温泉を訪れていますがこんなに若い人の多い温泉街は初めてです。

<石段入口より>
遠くの山々がキラキラと輝いてとてもきれいでした。

P3190634

1年365日の繁栄を願って設置された365段の石段です。

Dsc_02942
ここから長ーい階段の始まりです。

Dsc_02391
石段の両脇は懐かしい遊技場・飲食店・お土産屋さんが軒を連ねていました。まさにパンフレットなどで見慣れているあの石段街そのものでした。

P3190650

P3190661

階段の所々の踊り場(?)に十二支のプレートが埋め込まれていました。これは昔あった12の温泉宿跡に設置されたもので、干支はそれぞれ宿の屋号であり家紋のような意味があったそうです。干支を探すのも楽しかったです。お店の立て看板やグループの足元で隠れてて見落としてしまいながらも石段を二往復して十二支全部を見つけました!

1_ne_2 2_ushi 3_tora 4_u 5_tatsu 6_mi
7_uma 8_ 9_saru 10_tori 11_inu 12_i

階段部分には与謝野晶子の詩が刻まれていました。立ち止まって声にだして読んでいる若者グループもいました。

Dsc_0246_horizon1

踊り場(?)の所々には山頂の湯元から流れてくる源泉を見ることが出来るガラスの窓がありました。

Dsc_02611
階段は結構急こう配なので疲れもピーク・・・・・間もなく神社です。

Dsc_02481
やっと到着!・・・・・表示がおもしろいです。

Dsc_0259_horizon2
Dsc_02561
伊香保は温泉饅頭発祥の地でもあります。

天気予報では二日間とも雨マークでしたが、幸いにも一日目は曇、二日目は小雨が降ったりやんだり後晴れのお天気でしたが、伊香保温泉褐色の黄金の湯でリフレッシュしながらよく歩いた旅でした。(1日目14371歩・2日目12890歩)

さてさて次回は?・・・・・これからは旅行が好きで全国各地を訪れた母の思い出巡りになりそうです。

2018年2月 2日 (金)

白川郷・高山・飛騨冬物語

今日も深夜から今年2度目の雪が降り、自宅庭は薄っすらと雪化粧(積雪1~2㎝)しましたが、生活道路や電車には影響はなくよかったです。

今年も雪景色が見たくて年末に申し込んでおいたバスツアーに1月31日~2月1日の1泊で参加してきました。
私は2回目(前回は10年前・電車)ですが夫は初めてとの事で楽しみのようでした。
今年1月の22日に降った大雪の影響で自宅付近にはまだあちこちに雪が残るなかの出発となりました。
目的地まで約5時間、途中2ヶ所のドライブインに立ち寄りながらの長い・長~いバスの旅です。

<1日目>

世界遺産の「白川郷・合掌集落」自由散策。
全景を見たくてバスで展望台へ。添乗員さんからお聞きしていた所要時間以上に時間がかかってしまい集落をゆっくり観光ができなかったのがちょっと残念でした。(同コースの同感者多数)
この日の気温は1℃(前日予報は-3℃とか)。寒さをほとんど感じず散策中雪が降ってきたりと雪景色を楽しみました。

P1310404

P1310422

P1310412

P1310416

P1310383

飛騨の里では「ライトアップされた合掌集落」を見学。
雪化粧した合掌集落が幻想的に照らし出されてきれいでした。

P1310432

P1310436

P1310448

P1310446

飛騨高山温泉・ホテルアソシア高山リゾートに宿泊

<2日目>

高山の名物朝市」を散策・お買い物。10年前に訪れた時よりもお店が少なかったですが、今回も美味しいお漬物いろいろ買ってきました。
「高山の古い街並み」はとても落ち着いたいい雰囲気で何度でも訪れたくなります。

P2010468

P2010471

P2010499

Dsc_0117

P2010498

高山駅~久々野駅まで2駅15分を「雪見ローカル列車(JR高山本線)に乗車」し雪景色を楽しみました。

Dsc_0120

昼食は舞台峠。お米コンテストで日本一の称号を受けている炊き立ての「銀の朏(みかづき)」使用した昼食。米粒の大きさがコシヒカリの1・5倍ありもちもち感があり、とっても美味しかったです。

今回最後の見学は岐阜県重要有形民俗文化財の「かしも明治座(現地案内人付き)」。
今から100年以上も前に加子母(かしも)の人々によって作られ、建設当時の姿が保たれている現役劇場です。いろいろ当時の苦労話や説明を聞いたりスッポン初体験したりと楽しく見学できました。

Dsc_0133

Dsc_0127

P2010501

Dsc_0128_horizon

Dsc_0132

寒さを覚悟して出かけた雪景色観光でしたが先日の関東地区の大雪を経験した後だったからでしょうか?それとも本格的な雪はこれからなのでしょうか?・・・前回よりも雪が少なく暖かく感じられた旅でした。

帰路途中で雪が降り出してきたので電車の乱れを心配しましたが、子供から自宅付近は雨と情報を受け予定時間通り無事に帰宅できました。

2018年1月13日 (土)

寒中お見舞い申し上げます

今年もよろしくお願いいたします。

Dsc_00761

Dsc_12941

きれいな景色(夕景・夜景)を観ながら美味しいお料理を食べてゆっくり横浜でも楽しんでこようかと夫に誘われて、11日から一泊で横浜に行ってきました。横浜は久し振りです。

ホテルは海側の景色がきれいに見える部屋を予約してくれていました。昼間の景色と夜の景色がこんなにも違うものとは・・・・・改めて感動しました。

          <昼間;ホテルの部屋より>P1110003
           <夜;ホテルの部屋より>P1110116
           <朝;ホテルの部屋より>P1120125
午後早めに到着し懐かしい山下公園や大桟橋など散策し、カメラ好きの夫は行った先々で写真を撮っては楽しんでいました。(一日フリーバス乗車券使用)

           <大桟橋・昼間>P1110006

           <大桟橋・夜>P1110090

夕食は中華街で夫がお気に入りのお店のコース料理をと決めていたようでした。次から次へと運ばれてくる美味しいお料理は食べきれないほどでした。(ホテルへはJR利用)

          <中華街>Dsc_0025

次の日は徒歩であちこちをブラブラした後お昼を食べて帰宅しました。

          <赤レンガ倉庫より>P1120163

日帰りでもあちこち十分楽しんでこれる圏内の横浜ですが、一泊してホテルの高層階のお部屋から観る夜景は最高でした。目の前の観覧車のライトの色が変わるのをこんなに子供のように楽しんだのは初めてかも知れません。

横浜に住んでいたあの頃が懐かしいです。

2017年11月13日 (月)

八重山諸島4島周遊

11月9日~11日の二泊三日で以前から一度行ってみたかった八重山諸島に行ってきました。

旅行を楽しみに週間天気予報・直前予報を調べるとと雨と曇マークばかりでちょっとガッカリしながらも、晴れ女であることを信じて出発しました。
石垣島到着時に現地添乗員さんのお話では昨日(旅行前日)まではお天気が悪い日が続いていので明日あたりは・・・・?
雨に降られないといいね~・・・・・みんなの願いで旅のスタートです。

<1日目>

行きは乗り継ぎがあり、羽田11時20分発、那覇経由(2時間待ち)、午後4時20分発で石垣空港へ・・・・・

10100_2

午後5時半過ぎまだ明るい石垣空港に到着。
一度ホテルのチェックインを済ませ、その後石垣島鍾乳洞を見学(約30分)し夕食後ホテルへ。

石垣島鍾乳洞は高温多湿な環境により、鍾乳石が3年で1mm.と日本一早く成長する鍾乳洞なそうです。不思議な事に全然涼しくなかったです。トトロ鍾乳石観てきました。

10200

10210

10220

Dsc08134

<2日目>

旅行前日の天気予報が大きくハズレてsun朝方は24℃、日中は最高気温32℃、湿度70%とか。

石垣島から船で西表島へ・・・・・

20100
仲間川ジャングルクルーズ。
日本最大規模のマングローブ林を有する仲間川を遊覧船で観光(約1時間)。途中下船しての見学の樹齢400年を超えた板状根のマングローブはすばらしかったです。

20310

20330_2

20320

20370
その後西表島から水牛車で由布島へ・・・・・
由布島には亜熱帯植物園があるのですが、観光客には浅瀬を渡る水牛車の方が人気との事でした。乗客全員で三線に合わせて安里屋ユンタを唄いながら楽しく島を渡りました。(車内屋根裏に歌詞カード有り)楽しみにしていた体験の一つでした。

20200_2

Pb100028

20210

羽を広げれば14センチほどにもなる日本最大サイズの蝶オオゴマダラ(蝶園)

20250

メタリックな黄金に輝くオオゴマダラのさなぎ。
これは、体液が黄色で、幾層もの膜が光を反射し、ぴかぴか輝いて見えるためとか。抜け殻は薄黄色の透明。(偽物のような本物にビックリ!)

20260

由布島から水牛車で再び西表島へ・・・・・

20230

西表島から船で竹富島へ・・・・・

20400

竹富島と言うとやっぱり星の砂で有名なカイジ浜(星砂の浜)と水牛車でしょうか。美しい赤瓦の屋根と白いサンゴ道が南国ム―ドを盛り上げます。

20420

20430

Pb100089

20510

20520

20530

20540

珍しい「月桃」の実・・・竹富島の乗船所にて購入

Dsc08306

竹富島から再び石垣島へ・・・・・

着後石垣島のみんさー工芸館などでお買い物。五つと四つの模様には「いつ(五つ)の世(四つ)までも末永く・・・。」という想いが込められているそうです。

Img_20171112_0001 Img_20171112_0002

<3日目> 
最終日は石垣島観光です。出発間際に小雨が降り出しちょっと残念なスタートになりました。

川平湾グラスボート乗船。
屋根があるので小雨でも特に問題なく海中を楽しめました。ウミガメにであえたのは初めてで、皆さんの歓声もすごかったです。写真を撮るのは難しいです。下船した時は雨が止んでいてよかった!

30100

30110

30120

Dsc08268

琉球真珠店・石垣焼窯元で目の保養とお買い物。
ちょっと興味があった石垣焼は油滴天目の器に、沖縄の海を表現した自然発色のガラスを融合させた焼き物でした。.

Dsc08291

日本最南端のテーマパーク「石垣やいま村」観光(昼食)。
小雨降る中の観光となりましたが、国の有形文化財に登録された赤瓦の古民家からは三線の音色が流れゆったりとしたひと時でした。琉球衣装体験やシーサー絵付けなど体験できます。

Dsc08302

30200

30210
マングローブロードも良かったですが、リスザル(手のひらにのるほどの小さなサル)園はとても人気のようでした。ポケットは勿論のこと、バックのファスナーもマジックテープも即座に起用に開け、中に手を入れ物を持ち去るので要注意でしたが、とにかくかわいいリスザルです。一時雨が止み放し飼いのサルをゆっくり観たり跳びつかれたりのスリルあるひと時を楽しみました。驚かされても怖い感じはありませんでした。

30220

30230
帰りは直行便です。

石垣空港15時35分発が20分遅れ、羽田着18時30分頃で帰宅。

旅行はどうしてもお天気が気になってしまいますが、八重山観光で2~3日滞在していると、たとえ予報がsunでも通り雨に合ったりで、滞在中にsuncloudrain全部を経験する確率がとても高いとガイドさんからお話がありました。
今回の旅はこの時季ではまずまずのお天気だったような気がしてます。(事前天気予報通り連日cloudrainでなくて良かった!)

2017年10月20日 (金)

栃木路日帰りバスツアー

昨日(19日)は一日中小雨降る肌寒いあいにくのお天気でしたが、一日限定の「あしかがフラワーパークのイルミネーション」の点灯式に合わせての大谷石資料館と若山農場の竹林鑑賞が組み込まれた日帰りバスツアーに参加してきました。

<大谷資料館・地下採掘場跡>

地下30mに広がる神秘の巨大空間はコンサートや演劇、ショー、な どの会場にもよく利用されているようでした。(写真展示あり)

Ouya1
Ouya2
Ouya3
Ouya4


<若山農場の竹林>

隅々まで手入れされた見渡す限りの竹林(20ヘクタール)は映画やお茶などのCMのロケにも使われているそうです。

Chikurin1
竹に縦筋が入る珍しい金明竹(キンメイチク)も観る事ができました。ここの一角は初めて観る金色?(黄色?)の不思議な竹林した。

Chikurin2
素晴らしい竹林が約400m続いています。今まで訪れた中で一番美しい竹林でした。

Chikurin4


<足利フラワーパークのイルミナーション>

春の藤の時季は訪れた3回ともお天気に恵まれましたが、記念すべきイルミネーション点灯式のこの日はあいにくの小雨が降る中での鑑賞となってしまいました。ここのイルミネーション(今年16回目)を観るのは初めてです。スッタフの方から今回のイルミネーション「フラワーキャッスル」についての見所などのお話の後、カウントダウンにより400万球の輝きが一斉に光を放ちました。歓声がすごかったです。感動の点灯式に立ち会え、一般公開に先立っての一番乗りの鑑賞はいい思い出になりました。

Ashikaga1
Ashikaga2
Ashikaga3
Ashikaga4
Ashikaga5
Ashikaga6
Ashikaga7

これからはあちこちの素晴らしいイルミネーションがTVでも紹介されることでしょう。

2017年9月15日 (金)

四万温泉癒し旅

昔温泉大好きだった母からお湯がとてもよかったと聞いていたのを思い出し、いつか訪れてみたいと思っていた群馬県にある四万温泉に9月11日から二泊三日で行ってきました。
ここの温泉はは昔から飲めば胃腸によく、入浴すれば肌によいと言われているそうです。

【新湯(あらゆ)地区】Img_0027
水がとってもきれいです。

Img_0022
レトロな温泉街は時間がゆったりと流れているようでした。散策するのにはちょうどいい広さでした。

Dsc07905
誰もがちょっと覗いてみたくなるお店です。

Img_0024
散策の途中などにちょっと一息・・・四万温泉の中に点在する飲泉所の一つです。 四万温泉ではお宿の中に独自の飲泉所を持っている宿もあります。

Dsc07893

ここの焼きまんじゅうは有名のようでした。秘伝の甘辛みそをぬった酒饅頭はその場で炭火で焼きあげ熱々しっとり。店主のおばさんやお客さんとお話ししながら美味しくいただきました。

Dsc07895

四万温泉へ来る路線バスの終点近くにある「河原の湯」は、萩橋のたもとにある共同浴場です。

Dsc07889
【日向見(ひなたみ)地区】

この藁ぶき屋根の「薬師堂」は現存する県内最古の寺院建築で国指定重要文化財になっています。写真手前は病気が治るようお祈りをするために泊まり込みをしたお籠堂です。

Img_0033
四万温泉由来の場所「御夢想の湯」(共同浴場)です。向かい側(写真手前)には足湯がありました。

Img_0038
残念ながら熊が出るとの事で川沿いの散策はできませんでしたが、近くで作業をしていた地元の人のご好意でちょっとだけ道路を下りて滝を観ることができました。

Dsc07939
大きな「四万川ダム」は下から見上げるととても迫力があり圧倒されます。
ダムの上は想像以上に結構な距離があり、立派な道路になっていて車も通っていました。
上からのぞき込むと落差のすごさに驚かされます。

Dsc07988
何といっても奥四万湖のコバルトブルーのきれいな色は最高!
ここまで来た価値がありました。

Dsc07955
もう秋ですね~
Dsc07969
この辺りは熊が出る事があるらしく、山道では写真のような鐘(?)を何か所かで見かけました。地元の人の話では最近も親子熊が現れたとかで、山の中(遊歩道)への立ち入は禁止(通行止め)されていました。

Dsc07972
ダムすぐ下の公園はダムからの水で水遊びができる河原があり、水もきれいで冷たく気持ちよい場所でした。

Dsc07956
ゆったりのんびり過ごすにはいい温泉だと思いました。

2017年7月17日 (月)

九寨溝・黄龍7日間

中国の世界遺産50の内でも人気上位の九寨溝と黄龍に7月5日~11日までの7日間ツァーに参加し行ってきました。成田から往路5時間半、復路5時間とヨーロッパに比べ短時間で気軽です。今回はキャンセル待ちで参加した人を含め15名ツアーでしたので同行者とも和気あいあい、特に母娘参加の見た目も若々しい81歳のお母さん(世界各国旅行経験中)には参加者全員が元気を頂く素敵な旅になりました。

Photo002101 P7150361

one1日目 成田⇒成都
成田空港では本当に久し振りにボーディングブリッジではなく、この頃は重要人物しか使わないと思っていた(バス移動で)タラップ使用でした。
成都空港には予定時刻を30分以上早く着いたので早くホテルに入れると思ったのですが、早く着きすぎたため到着ブリッジは使用中とのことで15分以上待たされてしまいちょっと残念。

Dsc07348 Dsc07352 Dsc07358

two2日目 成都⇒楽山⇒我眉山⇒武候祠

heart楽山大仏(世界遺産)・・・ 成都から南へ150km/2.5時間。 観光船に乗り5分位で赤い砂岩をくりぬいて作られた楽山大仏へ。90年の歳月をかけ作られたこの大仏は奈良の大仏の5倍の大きさの様です。

1rakuzan1 1rakuzan2 1rakuzan3

spade我眉山報国寺(世界遺産)・・・ 楽山から40km/40分 中国国内の四大仏教聖地の一つで一番高い峰が万仏頂(標高3,098メートル)で、頂まで32の名刹が続いているとの事ですが、今回はその登山口にあたる報国寺を参詣しました。

2gabizan1 2gabizan2 2gabizan3

diamond武候祠・・・ 成都に戻り三国時代(西暦180年から280年)の武将諸葛孔明や主君である蜀の先主・劉備が祀られています。直ぐ隣には秦、漢や三国時代から知られる錦里歩行街がありますが今回は残念ながらパスとなりました。

three3日目 成都⇒九寨溝
今日は基本的にバス移動日。
途中、昼食や松藩古城観光などをしながらこの日は400kmを10時間の移動です。飛行機での移動もありますが高山病対策(九寨溝は3,000m)とかでバス移動。今、新幹線の工事中なので数年後にはバス移動はなくなるでしょう。

Dsc07458 Dsc07457

four4日目 九寨溝(世界遺産)観光・・・8時間
ホテルからバス5分と徒歩10分で楽しみにしていた九寨溝の入場口へ。
8時前には着いたのですが既に入場口は長蛇の列。この時季は水も豊富ですばらしかったです。
あとで聞いたのですが今日の入場者は約1.6万人。来月8月が最盛期の様ですが3万人で入場は打ち切りになるのだそうです。ガイドさんの話によるとこの日の私達はとても運がよかったとか。
それにしても朝から人・人・人。
※九寨溝とは九つの集落(チベット族)がある谷という意味だそうです※

Dsc07478 Dsc07481 Dsc07485
Dsc07495 Dsc07530 Dsc07569
Dsc07550
P7080097 P7080112 P7080169
P7080222 P7080213 Dsc07580

five5日目 九寨溝⇒黄龍⇒茂県

club九寨溝から黄龍へ向かう途中”雪山梁子”という峠で雪を被った岷山山脈や放牧中のヤクを撮影。5~6分くらいで退散。何といってもここの海抜は4007m。前の休憩所で酸素缶を支給されていました。

Dsc07587 Dsc07592 Dsc07596

heart黄龍(世界遺産)観光・・・4時間
ホテルで昼食後ロープウェイで海抜3400mの地点へ。
整備された平坦な木道を色とりどりな高山植物を眺めながら歩く事1時間、すると上り階段に到着。
ここから心臓破りの階段を上ること30分、やっと海抜3500メートル強の黄龍最大の見もの”五彩池”に着きましたが、1、2分前から雨が降り出しその後雷鳴までも鳴り出しどうなることか一時心細くなりましたが幸い雷鳴も2、3回で治まり、石灰棚とアクアブルーの池もそのまま見ることが出来たのは幸せでした。
実質3時間強のトレッキング中、心配していた夫の膝も痛くならず、渡された酸素缶も使わず元気に楽しく歩けたのは何よりも良かったです。
とっても若々しいとは言え81歳のお母さんが4時間かけて上り下りの階段を歩き一周して集合場所に戻って来られた時はあちこちから拍手が聞こえてきました。すごいです。

P7090244 P7090264 P7090291
P7090286
P7090305 P7090308 P7090317
P7090323 P7090329 P7090331

six6日目 茂県⇒パンダ基地⇒都江堰⇒成都

spadeパンダ基地 熊猫谷(パンダ野生化訓練基地)
四川省には世界遺産に登録されてるパンダ保護区は何か所かあるようですが、熊猫谷は野生化訓練基地で世界遺産ではありません。
26℃以上の時は外には出さず冷房の効いた室内で飼育中の様です。愛くるしい様子はぬいぐるみのようでした。

Dsc07661 Dsc07680 Dsc07671

diamond都江堰(世界遺産
紀元前3世紀、洪水に悩む人々を救うために原形となる堰が造られ、その後改良や補修を加えられ、2300年後の現在もなお機能する古代水利施設とのことです。

Dsc07700 P7100343_2 P7100352

seven7日目 成都⇒成田

成都出発5時間後窓からは晴れ渡った九十九里浜が見えホッ・・・やはり日本は安心しますね。

Dsc07717 Dsc07720

 

 

cutecutecutecutecute 高山植物 高山植物 高山植物 cutecutecutecutecute 高山植物 高山植物 高山植物 cutecutecutecutecute

P7080192 P7080218 P7090238 P7090239 P7090240 P7090242
P7090243 P7090245 P7090246 P7090248 P7090251 P7090252
P7090253 P7090316 P7090254 P7090256 P7090269 P7090270

 

hotelhotelhotel 宿泊ホテル 宿泊ホテル 宿泊ホテル  hotelhotelhotel 宿泊ホテル 宿泊ホテル 宿泊ホテル  hotelhotelhotel

上:加州花園酒店(成都)、 中:シェラトン九寨溝(九寨溝)、 下:茂県国際飯店(茂県)
1cal1 1cal2 1cal3
2sheraton1 2sheraton2 2sheraton3
3moken1 3moken2 3moken3

 

restaurantrestaurantrestaurant 食 事  食 事  食 事  食 事 winewinewinewinewine 食 事  食 事  食 事  食 事 restaurantrestaurantrestaurant

麻婆豆腐発祥の店”陳麻婆豆腐”の麻婆豆腐は絶品。 ラーメン・チャーハンは日本が一番。
Dsc07354 Dsc07711 Dsc07440 Dsc07718
Dsc07369 Dsc07443 Dsc07463 Dsc07712

 

moneybagmoneybagmoneybag 入場料  入場料  入場料  入場料 moneybagmoneybagmoneybag 入場料  入場料  入場料  入場料 moneybagmoneybagmoneybag

九寨溝  成人:220元、60歳代:110元、70歳以上:無料
Kyusaiko
黄龍  成人:280元、60歳代:180元、70歳以上:80元  (80元はロープウェイ代)
Kouryu

 

 

 

今回のツアーは50代1人、60代10人、70代3人、80代1人の15人のまとまりのあるパーティーでした。以前から一度は行ってみたかった九寨溝と黄龍は想像以上にすばらしかったです。 旅行大好きな夫(夫婦)はこの旅でたくさんの元気をいただいたせいか又次の旅を考え始めているようです。何をするのにも日頃の健康管理が一番です。今のところ健康に感謝です。

 

earearear現地ガイドさんの話earearear

ear成都の会社員の月給は10万円位、成都のマンション価格は2000万円位で親からの援助が無いと買えない。

ear結婚するにはマンションや車などをそろえなければなないので、お金がないと結婚できない。

earチベット族やウイグル族は漢民族と文化も考え方も全く違う(バスの中だけの話:異民族支配は難しい)

ear70歳過ぎの中国人は黄龍の五彩池まで行く人はいない。日本人の元気な行動にはいつも驚いている。

ear外車は10万元(180万円)、純国産車は半額位で買うことが出来きる。・・・カローラ10万元の看板あり・・・

ear成都市内至る所にあるレンタル自転車はQRコードスキャンで解錠・決済できる。・・・スマホ必須・・・

ear中国の問題は貧富の差が激しいこと。地方では年60元の学費が払えず小学校に行けない子供がいる。

ear地方ではトイレ有料(1元/1人)が多いです。・・・観光地のトイレはいたってきれいです。・・・

ear日本のトイレはどこで使用してもすばらしくきれいなのには中国人の驚きの一つです。

yen1元・・・18円


九寨溝で8月8日震度7の地震発生。死者・不明30人以上、負傷者500人以上のニュース。
火花海、諾日朗の滝、箭竹海などの観光名所が被害を受けたようです。

1    2

より以前の記事一覧