カテゴリー「あれこれ」の記事

2018年10月 8日 (月)

秋は楽しみがいろいろと・・・

三連休も関係なく相変わらず忙しい日々が続いています。

コンサートのチラシが手元に届きました。
一回目は10月20日(土)で他市でのコンサート出演ですが、2回目の11月10日(土)と3回目の11月14日(水)は地元での別々の楽器(別サークル)で出演します。
それぞれに気持ちを一つにしてかなり仕上がってきていますが本番の演奏は練習なしのたった一回だけ。
練習の時のような演奏ができるといいいのですが・・・・・。

Dsc_13011

夫の写真展へ行って来ました。
夫もよく知っている陶芸のお友達二人と一緒に会場へ。
シャッターチャンスの見事な写真、構図の素晴らしい写真、美しい風景など皆さんの力作を観せていただきました。
会場は場所もよく三連休も加わり、たくさんの方が見に来られていました。
その後、久し振りの夫と四人で近況報告などおしゃべりをして帰宅しました。

先日も知り合いの陶芸展を観に行ったりと今月はお友達の文化祭参加の作品展もいくつかあり見に行くのが楽しみです。

2018年10月 4日 (木)

楽しいけど忙しい~

9月後半~11月は中学校の陶芸教室のお手伝いや3回の楽器演奏コンサート出演を控え臨時練習日も増えた上に二種の楽器サークルに属しているため1週間があっという間に過ぎてしまいます。
その間陶芸サークル参加、農園作業・お出かけもあり・・・・・お遊びばかりですが主婦業もあるので何かと忙しい毎日です。

私が属している楽器二種です。

一つ目はチロル地方の古楽器を各自が手作りしアンサンブル演奏を楽しんでいるグループです。
これは世界にたった一つしかない私の手作り弦楽器(1弦1音・2オクターブ)です。
18年前に1台目を作り、その後大きい(1・5倍)のを作ったりで現在は4台あります。素朴で優しい音色がします。大きいのはチェロの様な音色がします。多い時は合同で20数名で演奏してます。

Dsc_12651

二つ目はハンドチャイム、演奏は何と言ってもチームワークが大事です。
8人のメンバーが1人4~6本を持ち演奏してます。美しい音色に魅かれて遠く1時間半~2時間かけて練習に来ている人も何人かいます。
メンバーの入れ替わりがほとんどなく、技術の上達度よりも和気あいあいと楽しさだけで今も続いています。
コンサート・フェスティバル・クリスマス訪問演奏など年に4~5回の出演があります。

Dsc_12704

同時期に始めた3つのお遊び(楽器二種と陶芸)も18年目に入りました。
どれも年数だけはベテラン組になりましたが・・・・・技術はともかく目と手と頭を使うのでボケ防止の一つにはなっているかと思ってます。

この他には時々フルートを吹いたりして一人楽しんでいます。

楽器演奏は小さい頃から大好きで最初習った楽器は小学生~中学生時代のヴァイオリンでした。
大人になって何かを楽しもうと思った時もやっぱり大好きな楽器演奏を選んでました。

2018年9月28日 (金)

白い絨毯(蕎麦の花)

筑西市に蕎麦の花を観に行って来ました。

ちょうど見頃でとってもきれいでした。まさに白い絨毯です。
周辺に大小蕎麦畑はたくさんありきれいでしたが、一番広く背景も良かったので今日の第一撮影場所に決めました。
後から私達と反対方向から車で来た人もここが一番きれいですねと言っていました。
この日の為に遠くから撮影に来ていたカメラマンもいました。

Dsc_12781

Dsc_12721
主道路を走る車窓からではちょっと見つけにくい撮影場所かも知れませんがここもきれいでした。
やっぱり背景は筑波山がいいいですね。

Dsc_12862

Dsc_12831
1~2年前の写真展でとっても素晴らしい蕎麦畑の写真に出会った事があります。まさに白い絨毯でした。
スマホでの撮影ではこの程度で単なる風景写真にしかすぎませんが・・・・あの時の写真は今でも忘れられない心に残る一枚になっています。


・・・・・・最初の場所で、偶然の出来事がありました・・・・・

撮影を目的に行ったカメラ好きの夫は見頃の花には満足しても、背景となる雲の形がいまいち気にいらないようで、あちこちにある蕎麦畑を回りながら時間をつぶし雲の流れを見ながら結局最初の同じ場所に時間をずらし3回も行きました。
気に入った写真は撮れたのでしょうか・・・・・?
一面蕎麦の花を観てその風景に感動し満足している私と違い、カメラマンとしての夫とのお付き合いは思った以上に時間がかかる時があります。
それも承知で付いてきているので文句は言いませんが・・・・・。

でも同じようなご夫婦がいて、同じ場所にいて一旦場所を離れたはずなのに偶然2回目・3回目もお会いしたのにはちょっとビックリ。
やはりカメラマンのご主人が背景の雲の流れが気になって戻ってこられたようでした。
お互いカメラ好き夫のお付き合いご苦労様です・・・・・っていう感じでした。

こういった場所では道の駅でのお買い物も楽しみの一つです。
今日もいろいろ買ったり食べたり・・・・・当朝突然のお誘いでしたが楽しい一日でした。

秋ですねぇ~・・・・・散策途中見つけました。

Dsc_12892

2018年9月19日 (水)

赤い絨毯(彼岸花)

開花の時期が短い今が見頃の彼岸花。
毎年何か所か訪れていますが、なかなかドンピシャの見頃との出会いは難しいです。

今日の目的はお買い物ではなく夫に誘われて彼岸花鑑賞。

1か所目は松戸市にある「祖光院」。
昨年は開花がかなり早く、訪れが1週間ほど遅かったのですが、今年はほぼ見頃で大勢の人が訪れていました。まさに赤い絨毯です。
私的に贅沢を言えば2日前あたりが最高だったかもしれません。緋色の花の写真が陽光の具合でうまく撮れず残念です。

Dsc_12211

P9190159

P9190149

P9190162
なかなかドンピシャの見頃との出会いは難しいです。
満足のいく写真は努力なしではなかなか撮れません。
今日も「時々車で約1時間かけて様子を見に来ていて今日は4回目で最後です。毎年数日は必ず撮影に来てます。」と話す高価そうなカメラと三脚を持ったカメラマンにお会いしました。脇で携帯で撮っているのがちょっと恥ずかしいような申し訳ないような・・・・・でした。
スケッチしている方も何人かいました。つい覗いてしまうと皆さん上手で羨ましいです。

2ヶ所目は柏市にある「持法院」。
夫は以前にも訪れているようですが私は初めてです。
こじんまりとしていていいところでした。色付いた蕾もまだたくさんあり満開見頃はあと2~3日後かなぁ~・・・見事だと思います。
緋色がとってもきれいでした。

Dsc_12371

Dsc_12381

P9190179

Dsc_12441

Dsc_12341

P9190185
柏市にある「持法院」は比較的近くの場所なので夫はカメラ仲間に情報を送り、多分本人も再訪するのでは・・・・・そんな気がしています。

2018年9月18日 (火)

あけぼの山農業公園(秋)

さわやかな秋晴れに誘われて、お買い物途中そろそろコスモスの時季ではと「あけぼの山農業公園」にちょっと寄り道。
春はチューリップと桜、夏はヒマワリ鑑賞でにぎわう所です。

Dsc_11892

Dsc_11902
今はキバナコスモスが満開でとってもきれいでした。

Dsc_11761
一般的なコスモスの見頃は1週間ぐらい先かなぁ~・・・?

Dsc_11832

園内の柿も色付き秋ですね~。

Dsc_11801
お彼岸が近づくと不思議とあちこちで彼岸花を見かけます。
農園そばのあぜ道でも彼岸花が満開でした。

Dsc_12043
23日は実家のお墓参りに行く予定です。

2018年8月27日 (月)

伝統芸能「綱火」

つくばみらい市の綱火が今年も開催され、昨夜は夏の夜空を彩る伝統芸能「高岡流綱火(高岡愛宕神社)」を観に行って来ました。
1975年に国指定重要無形民俗文化財になっています。

※綱火・・・あやつり人形と仕掛け花火を結合し、空中に張り巡らせた綱を操作し、お囃子に合わせて人形を操る伝統芸能。

地区の氏子さん達がお囃子と共に花火を手に持ち到着すると、最初に社殿に火花を振り掛ける「繰り込み」と言う神事が始まります。

P8260008
火難と病難除け・家内安全・五穀豊穣を願いつつ・・・・・迫力満点でした。

P8260071

P8260060

その後綱火による物語三部が披露され大勢の観客を楽しませてくれました。

P8260080

P8260083

Dsc_1150

P8260098

P8260102
準備などの合間には個人の願いを込めたコメント付きの尺玉が打ち上げられお祭りを盛り上げていました。

Dsc_1140

村の鎮守の夏祭りはとってもすばらしかったです。

残暑厳しく今日の東京は35,8℃。今年に入って11日目の猛暑とか。
暑いですね~、熱中症に気を付けましょうね~・・・・・お会いした人との合言葉になっています。

2018年8月 9日 (木)

仙台七夕まつり

先月平塚の七夕まつりに行った時に今年こそ仙台七夕にも行きたいと思い、毎年8月6日~8日に開催されている「仙台七夕まつり」に7日から一泊で行って来ました。

仙台の七夕は友禅和紙がふんだんに使われているのが特徴の一つでTVや仙台支店にいたことがある兄夫婦のお薦めもありその素晴らしさを見聞きしていたので実際に見れるのをとても楽しみにしていました。

ところが仙台の天気は台風の影響から滞在2日間とも一日中雨予報。主に笹飾りはアーケード街とは言え風雨を覚悟しての出発でした。

結果的には台風接近の雨予報は晴れ女健在とまではいきませんでしたが、2日間共に時々小雨程度で観光にはあまり影響なく楽しんでこれよかったです。

友禅和紙は色鮮やかな色彩と模様の魅力に加え、風雨にも強い丈夫な紙質です。
約300本を超える豪華な和紙の笹飾りは高さ約10mの吹き流し型で5本で1セットになっていて圧巻でした。

P8070011

P8070002

P8070029

P8080202

約8万8000羽の子供達の手作り折り鶴をつなぎ合わせた七夕飾り
P8080172
可愛い~~。メガネのワンちゃん本物です。

Dsc09306_4

Dsc09279
夜のアーケード街

Dsc09268
また仙台七夕には7つの伝統的な飾り物があり、それぞれに願いが込められているそうです。皆さん立ち止まって感心して読まれてました。

Dsc09186

Dsc09311_2
吹き流し・・・手芸や機織りの上達の願い
千羽鶴・・・家内安全や長寿の願い
短冊・・・・・学問や書の上達の願い
投網・・・…豊漁豊作の願い
屑籠・・・・・清潔と倹約の願い
紙衣・・・・・災いや山居の身代と裁縫の腕前向上の願い
巾着・・・…富と貯蓄、商売繫盛の願い

一日目の夜はちょっと足を延ばして瑞鳳殿の七夕ナイトへ。

※乗車したタクシー運転手さんの話によると・・・・・
・昔は全部の笹飾りがそれぞれのお店の手作りでしたが、今は業者さんにお願いするお店が多いとか・・・・
・以前全国展開の企業が、平塚七夕で使った笹飾りを和紙使用の仙台で飾り、市民にひんしゅくを買いそれからは使い回しはなくなったとか・・・・・
・笹飾りの豪華さでお店(会社)の繁栄がわかるとか・・・・・
・仙台七夕は歩かないと絶対観れないので東北のお祭りの中では一番疲れるお祭りなのでは等々・・・・・興味あるお話が聞けました。

瑞鳳殿は伊達政宗のために造られたお墓ですが、墓石ではなく参拝するための建物で、このようなお墓を霊屋(たまや)と呼ぶそうです。
心配していた雨に降られることもなく幻想的な世界を楽しんできました。

P8070146

Dsc09252

P8070102

P8070085

Dsc09237

P8070139

Dsc09230

P8070140
(七夕ナイト(竹灯籠とライトアップ)開始直前の瑞鳳殿)
Dsc09233
瑞鳳殿にはとてもすばらしい吹き流しが飾られていました。

Dsc09241

Dsc09242

※一部アーケード内部でない商店街の笹飾りは和紙使用の為雨が降ると大きなビニールでスッポリと包まれると聞いていたので、滞在二日間で両方の様子を見れたのはある意味ラッキーだったかも知れません。

雨が降ると・・・(手際よく被せていきます。)
Dsc09207
雨が降っていないと・・・(やっぱり降ってほしくないです。)

Dsc09302
仙台と言えば牛タン。食事も毎回美味しく私的には今までで一番美味しい牛タンでした。何を食べても本当に美味しく、ついつい食べ過ぎてしまいました。(満腹満足・・・ちょっぴり?)

これで東北三大祭りを全部見たことになります。作品の素晴らしさは勿論の事、太鼓の響き・大きな掛け声・・・・それぞれに感動した東北三大夏祭りでした。

昔、私達両家の両親が一緒に東北三大祭りを巡った旅行を思い出しました。今の私達の年代だったようです。

旅行大好きはお互い親譲り?
あと何年夫婦で旅行できるかなぁ~・・・・・フッと思うそんな歳になりました。

2018年7月25日 (水)

自家製梅干し

6月の下旬に近い頃、南高梅を購入し梅干しを作ることにしました。

南高梅(3L)3袋を買ってきたのですが何故か各900g(1㎏のj表示無し)だったので全部で2・7㎏漬け込みました。(内約1袋分は2日後追い漬け)
写真下・・・漬け込み10日目くらいです。
梅酢がだいぶ上がってきました。
粒が大きいので重さの割には数がそんなにありませんが。塩分10%の為、途中カビが出ないか時々確認しながらの作業でした。

Dsc_08871

写真下・・・約1ヶ月が経った干す直前の漬け込み状態です。
今年はシソが手に入らなかったので、冷蔵庫に保管してあったシソ梅酢を日光消毒し途中で少し加えてみました。
途中から減らした重石がまだ重かったのかなぁ~?・・・破れてはいないがちょっとつぶれ気味の梅も・・・?

Dsc_09851

早速毎年プロ級に作るYさんに電話で聞いてみると・・・・・
梅酢が上がってからは重石をかなり軽くするとふっくら美味しい梅干しに仕上がるとか・・・(原因解明!ヤッパリでした。)・・・勉強(経験)不足でした。

<天日干し1日目>・・・いい匂い~。思わずつまみ食い・・・美味しい~
               夜露にもあてました。

Dsc_09872

<天日干し2日目>・・・少~し赤みがでてきて梅干しらしくなってきてました。
               夜露にあてたシットリ梅をつまみ食い・・・やっぱり美味しい~。

<天日干し3日目>・・・少しシソ梅酢を入れただけでしたが赤みがでてきて梅干しらしく                                            なりました。
                                夜露最終日(写真)・・・翌朝保存容器へ。

Dsc_10101
愛情たっぷりの梅干し、完成しました!
とっても美味しいです。

Dsc09119

でも・・・味は美味しいけど重石が重過ぎ場所によっては果肉が少ないつぶれ梅も結構ありました。(写真下・・・反省)

Dsc_10161_2

満足のいく梅干しは70%位かなぁ~。
今回潰れ梅は結構あったものの竹篭に張り付く破れ梅が一つも無かったことはコツを掴んだ私なりの進歩かな。

干した後の保存を下記の2通りで試してみようと思います。

①梅酢にはもう戻さず、干した梅そのままを保存容器へ。
②果肉の少なめのつぶれ梅を含む一部を1~2日一度梅酢にくぐらせ、その後取り出し保存容器へ。(塩分がちょっと濃くなるかも知れませんが・・・)

数からして短期間で食べ終えてしまいそうですが、食べ比べも楽しみです。

今年も美味しい梅干しがYさんからきっと頂けると思うのでそちらも楽しみにしてます。

何かにつけ上手に満足のいく作品はなかなかできないけど、物作りは楽しいです。

2018年7月24日 (火)

お遊び陶芸

このところ陶芸サークルも場所の確保が難しく活動日が少ない上に、他の予定と重なり、なかなか作品を完成させることができませんでした。
ましてや作陶も気分がいまいちのらないと粘土に触れずにあっという間に1ヶ月が経ってしまいます。

長い間制作途中のままの作品がやっと本焼きを終え完成しました。最近の作品より・・・

ハート型の置物は折角なので立てる台(木製)もハート型に自分で考案し制作してみました。小さいように見えますがハート型なので安定感があります。

Img_0001
                                    (縦・横23cm)

丸い花瓶はちょこっと飾りにお友達に使ってもらえています。でも・・・ほとんどバザーなどに寄付することが多いかなぁ~。

Dsc09118
                                      (大9cm・小6cm)

陶芸の作品展を観に行った時は作陶意欲がわいて帰宅するのですが・・・・・すぐに取り掛かれないでいたら、又あっという間に1ヶ月が経とうとしています。

2018年7月12日 (木)

TVを見ていたら・・・・・

今朝TVを見ていたら、毎年梅雨の時期になると3000本のアジサイが色鮮やかに咲く雨引観音から天気予報の中継をやっていました。
桜の季節やアジサイの季節になると時々訪れていますが、今朝のような光景は初めて観ました。
その映像とはたくさんのアジサイの花で埋め尽くされた池の前からの天気予報の中継でした。
初めて観る美しい光景にネットで調べてみると、7月20日までは「まつりあじさい祭」開催中で夜9時までライトアップもしているようです。
まだ開催中だったのですね。

TVで「見ても涼しげだし、写真スポットとしてもお薦めです」。と言われれば・・・・・今日はお互い予定が入っていなかったこともあり、お出かけ好きの夫に誘われ早速観に行って来ました。(自宅から車で約2時間)

Dsc_09411

池の周りでは「今朝のTVを見て来られてのですか?」・・・「やっぱりTVの影響ってすごいですね~」が、合言葉のように飛び交っていました。
「すてきね~。」「もう少し大きい池かと思ていたわ。」「バラの花のお風呂には入ったことあるけど、アジサイもいいかもね~。」など・・・結果全員が今朝のTVを見てでした。
TVの影響?・・・その後どんどん人が増えてきました。

Dsc_09631

P7120257

P7120245

P7120237
晴れていたので眺めもすばらしかったです。

Dsc_09572

P7120274

P7120266

P7120218

境内のアジサイは見頃はとうに過ぎていましたが、山の中腹なのでまだきれいに咲いているところもあり思っていた以上に楽しめました。

より以前の記事一覧