« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019年12月29日 (日)

お遊び陶芸

今年の陶芸サークルの活動が終わりました。

最後に仕上がったのは共同作品の練り込みです。
見たことが有る立体的に見える図案だけど難しそう・・・今回は希望者全員で指導者の下作陶しましたがやっぱり難しかったです。
切り方や貼り付けにかなりの正確さが要求され仕上がりに結構個人差がでました。
白色・水色・灰色の3色の組み合わせで全員同じ色で作りました。
粘土の状態だと混ぜ合わせた色がよく判りずらく組み合わせをま違えてしまった人も何人か・・・完成作品を見るとそれはそれで柄として狙ったような作品でした。(先輩曰く・・・愛嬌・愛嬌)
面白いので切り落とした部分全部を使ってお皿にしてみました。

Dsc_02671

Dsc_02691 

最近の作品です。
練り込みと編み込み風はまた来年もっと丁寧に再挑戦してみようと思ってます。今度はメガネをかけて・・・(笑)

Dsc_02771 

Dsc_02751

来年の干支もたくさん出来上がりましたが、貰ってお友達にあげたりして残り少なくなってきました。

Dsc_02781

Dsc_01131

2019年12月28日 (土)

竹灯籠のライトアップ

今日28日から2020年1月12日まで「滝前不動 新春竹宵」が開催されます。
滝不動前の道は普段ウォーキングコースの一つにしているので、早速今日は時間をずらし夕飯前に運動を兼ねてライトアップされた竹灯籠を観てきました。
「近隣センターこもれび」で開催された時に観たことはありますが・・・ライトアップされた滝不動での竹灯籠も幻想的で素敵でした。
干支をモチーフにした竹灯籠も結構あり、近くで観ると竹灯篭一つ一つの技術のすばらしさに驚かされます。

_c280154
_c280150 _c280145 _c280163 _c280149

Dsc_02611

 

 

2019年12月26日 (木)

今年最後のコンサート

最初にこのチラシを見た時に、一日おくれ?・・・そういえばだいぶ前に私達グループのコンサート会場がなかなか確保できず「オータムコンサート」が「月おくれのオータムコンサート」になってしまったのを思い出しました。

Xmasconsert

今回は珍しく私が持ち帰ったチラシを見ていた夫に誘われ「一日おくれのクリスマスコンサート」に行って来ました。
どうして一日おくれ?…特に説明はなっかたけれど・・・聞くところによると会場確保が関係しているようでした。

演奏は素晴らしくあっという間の2時間でした。衣装のドレス姿もとっても素敵で皆さんそれぞれにお似合いでした。
今までに私達が演奏した曲も数曲あり楽しく聴けました。

今月は11日に「ブランチコンサート」に行き・21日にはプレゼントをたくさん用意しての私達のチャイムサークルの「訪問クリスマスコンサート」があり、旅先では素敵なご夫婦の「クリスマスコンサート」に酔いしれ、そして今夜と・・・今月はたくさんのコンサートを楽しみました。

2019年12月25日 (水)

秋保温泉癒し旅

12月22日から2泊3日で秋保温泉に行って来ました。

夫の術後の体調は回復に向かっているとは言え、しばらくの間?は多少の後遺症と仲良く付き合わなければならないようです。
10月の術後初めての旅行は子供からの招待旅行でした。

仙台にお昼の頃着いたので早速昼食。
迷わず昨年七夕を観に行った時と同じ牛タンのお店へ。ここの厚切り牛タンはやっぱり美味しかった!
その後クリスマスムード漂う市内をブラブラしお宿へ。

今回は温泉で美味しいお料理を食べてゆっくりのんびりしたかったので、同じお宿に連泊。

_mg_0500

中日はお宿周辺散策・・・
近くの渓谷を散歩したり、ワイナリーに行ったり、里センターでは日本一になったと言う「ナポリタン」を食べたり、お買い物したり・・・その後お部屋でゆっくりし、温泉へ。

Dsc_01874

Dsc_01825

Dsc_0176

Dsc_01925 Dsc_02105

秋保温泉に行くのであればどうしても直接買いに行って食べたかったのが「さいちのおはぎ」でした。お宿でりっぱなパンフレットをいただきましたが、お店は意外にもごくごく普通のスーパーマーケットなのです。
種類の多さや陳列量の多さ、ボリュームもあり1個108円という安価、多い時は1日5000個も売れるとお聞きし・・・ビックリです!
程よい甘さのあんこたっぷりのおはぎは噂通りで期待を裏切らずとっても美味しかったです。絶対お薦めです。

Dsc_0199 Dsc_0197 Ohagi2

夜はロビーでお宿の社長(トランペット)と若女将(ピアノ)のご夫婦による「クリスマスコンサート」が開催され、楽しいひと時を過ごしました。
ライトアップされたお庭がとってもきれいでした。(お二人のアップの写真はお宿HPより)
Xmas_consert Xmas_consert2

Dsc_02431 Dsc_02421

夫が選んだお宿はお料理も豪華で美味しくお風呂も良かったです。だから選んだのでしょう。特に夜の露天風呂はどこか神秘的・幻想的な・・・雪が積もっていたらより幻想的だったと思います。皆さんも満足されていました。(写真はお宿HPより)

RotenburoRyouri 

最終日もお天気に恵まれたこともあり、気分の良かった夫の提案で予定を変更しちょっと足を延ばして「松島海岸」へ。
松島湾を観光船で一周し、ご当地定食のカキを食べ、瑞巌寺を参拝したり楽しんできました。
_mg_0563 _mg_0517 _mg_0545 _mg_0556 _mg_0540 _mg_0571 _mg_0572 Zuigannji _mg_0575 _mg_0573

仙台発16時44分の新幹線で帰宅しました。

 

2019年12月12日 (木)

ゴルフ場付近の紅葉2019

今年も我孫子ゴルフ場入口の紅葉が見頃を迎えました。
温暖化の影響でしょうか・・・毎年見頃が遅くなっているような気がします。
見頃の今になって水道工事が始まり楽しみに訪れる人にとって自由に散策やお気に入りの場所の撮影ができないのがちょっと残念ですが、とってもきれいだったので工事の邪魔にならない範囲で写真を撮ってきました。

_mg_0459

_mg_0463

_c120088

_c120097

_c120095

 

2019年12月11日 (水)

お楽しみコンサート

東京芸術劇場コンサートホールでの「芸術ブランチコンサート」に行って来ました。

今回はドイツ・ロマン派の大家ブラームス(1833~97)の特集。異なる曲調を持つ3曲が登場し、哀愁や情熱、重厚さといった魅力を堪能してきました。
※愛の歌  ハンガリー舞曲第5番  ピアノ五重奏(第Ⅰ~第4楽章)

Geigeki

2か月毎に1時間の気軽に聴けるコンサートなのでサークル仲間と時々聴きに行っています。

今日は初めてサークル9人全員が揃い、お食事をしたりお茶したり、クリスマスムード漂う賑やかな街を散策し、お買い物をしたりして楽しい一日(クリスマス)を過ごしてきました。

2019年12月 3日 (火)

散策途中で・・・

このところいろいろあって1日7000歩以上歩くのを実行できていなかったので、また先月から再開しました。
先日の定期健診でも先生と1日7000歩達成の約束をしてきたので頑張りたいと思います。
自宅周辺を散策していると、必ずと言っていいくらい陽射しを浴び目立って素晴らしく紅葉している樹があるので、つい足を止めて見上げて鑑賞してしまいます。早いものは散り始めていますが、見頃最高の木を見つけた時は携帯でパチリッ・・・・知らず知らずのうちに目標の7000歩以上になっていました。

Dsc_00861 Dsc_0089_horizon1_20191204000701

珍しいこのような果実も見つけました。
ザボン(直径15~25㎝、重さ500g~2㎏)です。これは特大級だと思います。
大人の頭よりも大きいそのサイズにビックリです。ずっしりと思い実がよく木が折れないでぶら下がっているものです。
玄関先にいらしたご主人にお話を聞いたら、10年前に植え3年ほど前から実を付けるようになったそうです。
通りに面しているので皆さん足を止めて観ていました。
これからの色の変化も楽しみです。

Dsc_00972 Dsc_00961

ユズも見事になっていました。カキにしてもユズにしてもそのままにしている家が結構あるのにも驚きです。

Dsc_00911

今日は午前中に遅れ遅れのマメ苗を畑に定植する予定でしたが、昨日の雨で畑が乾いてないので作業を明日にしました。
その予定の時間を利用していつものお店にシクラメンを買いに行ってきました。お店のご主人ともすっかり顔見知りになり、種類や色・大きさを決めるとプロの目でみた株の良さそうなのを選んでくれるので安心してお買い物ができます。

Dsc_01081
※1日(日)は中学校の地域的な同窓会がありました。(年1~2回)
今回は中学時代の懐かしい資料をたくさん持って遠方からの特別参加の友人が来てくれ思い出話で盛り上がりました。
昔の事を感心するほどよく覚えている人、話をしていて何となく思い出す人、何を言ってもすっかり忘れている人など・・・・・同窓生なので年齢はみんな一緒なので面白いです。(笑)
昔の文集・写真・プリントに至るまでこれほど昔の資料を保管している人は他にいないと思います。驚きでした。感謝でした。

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »