« 房総のむら | トップページ | かき菜の初収穫 »

2018年3月21日 (水)

伊香保温泉

3月19日から一泊で伊香保温泉に行って来ました。温泉好きの母から聞いていて一度歩いてみたかったあの1年365日の繁栄を願って設置された365段の石段のある温泉街です。

Dsc_02341
今回到着して何より驚いたことは、この温泉街は圧倒的に若者(20~30代)が多いことでした。春休みに入っていたせいか特に学生さんのグループでとても賑やかでした。あちこち温泉を訪れていますがこんなに若い人の多い温泉街は初めてです。

<石段入口より>
遠くの山々がキラキラと輝いてとてもきれいでした。

P3190634

1年365日の繁栄を願って設置された365段の石段です。

Dsc_02942
ここから長ーい階段の始まりです。

Dsc_02391
石段の両脇は懐かしい遊技場・飲食店・お土産屋さんが軒を連ねていました。まさにパンフレットなどで見慣れているあの石段街そのものでした。

P3190650

P3190661

階段の所々の踊り場(?)に十二支のプレートが埋め込まれていました。これは昔あった12の温泉宿跡に設置されたもので、干支はそれぞれ宿の屋号であり家紋のような意味があったそうです。干支を探すのも楽しかったです。お店の立て看板やグループの足元で隠れてて見落としてしまいながらも石段を二往復して十二支全部を見つけました!

1_ne_2 2_ushi 3_tora 4_u 5_tatsu 6_mi
7_uma 8_ 9_saru 10_tori 11_inu 12_i

階段部分には与謝野晶子の詩が刻まれていました。立ち止まって声にだして読んでいる若者グループもいました。

Dsc_0246_horizon1

踊り場(?)の所々には山頂の湯元から流れてくる源泉を見ることが出来るガラスの窓がありました。

Dsc_02611
階段は結構急こう配なので疲れもピーク・・・・・間もなく神社です。

Dsc_02481
やっと到着!・・・・・表示がおもしろいです。

Dsc_0259_horizon2
Dsc_02561
伊香保は温泉饅頭発祥の地でもあります。

天気予報では二日間とも雨マークでしたが、幸いにも一日目は曇、二日目は小雨が降ったりやんだり後晴れのお天気でしたが、伊香保温泉褐色の黄金の湯でリフレッシュしながらよく歩いた旅でした。(1日目14371歩・2日目12890歩)

さてさて次回は?・・・・・これからは旅行が好きで全国各地を訪れた母の思い出巡りになりそうです。

« 房総のむら | トップページ | かき菜の初収穫 »

旅の記録」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562635/66520344

この記事へのトラックバック一覧です: 伊香保温泉:

« 房総のむら | トップページ | かき菜の初収穫 »