« 我孫子の新そばまつり | トップページ | 筑波山 »

2017年11月13日 (月)

八重山諸島4島周遊

11月9日~11日の二泊三日で以前から一度行ってみたかった八重山諸島に行ってきました。

旅行を楽しみに週間天気予報・直前予報を調べるとと雨と曇マークばかりでちょっとガッカリしながらも、晴れ女であることを信じて出発しました。
石垣島到着時に現地添乗員さんのお話では昨日(旅行前日)まではお天気が悪い日が続いていので明日あたりは・・・・?
雨に降られないといいね~・・・・・みんなの願いで旅のスタートです。

<1日目>

行きは乗り継ぎがあり、羽田11時20分発、那覇経由(2時間待ち)、午後4時20分発で石垣空港へ・・・・・

10100_2

午後5時半過ぎまだ明るい石垣空港に到着。
一度ホテルのチェックインを済ませ、その後石垣島鍾乳洞を見学(約30分)し夕食後ホテルへ。

石垣島鍾乳洞は高温多湿な環境により、鍾乳石が3年で1mm.と日本一早く成長する鍾乳洞なそうです。不思議な事に全然涼しくなかったです。トトロ鍾乳石観てきました。

10200

10210

10220

Dsc08134

<2日目>

旅行前日の天気予報が大きくハズレてsun朝方は24℃、日中は最高気温32℃、湿度70%とか。

石垣島から船で西表島へ・・・・・

20100
仲間川ジャングルクルーズ。
日本最大規模のマングローブ林を有する仲間川を遊覧船で観光(約1時間)。途中下船しての見学の樹齢400年を超えた板状根のマングローブはすばらしかったです。

20310

20330_2

20320

20370
その後西表島から水牛車で由布島へ・・・・・
由布島には亜熱帯植物園があるのですが、観光客には浅瀬を渡る水牛車の方が人気との事でした。乗客全員で三線に合わせて安里屋ユンタを唄いながら楽しく島を渡りました。(車内屋根裏に歌詞カード有り)楽しみにしていた体験の一つでした。

20200_2

Pb100028

20210

羽を広げれば14センチほどにもなる日本最大サイズの蝶オオゴマダラ(蝶園)

20250

メタリックな黄金に輝くオオゴマダラのさなぎ。
これは、体液が黄色で、幾層もの膜が光を反射し、ぴかぴか輝いて見えるためとか。抜け殻は薄黄色の透明。(偽物のような本物にビックリ!)

20260

由布島から水牛車で再び西表島へ・・・・・

20230

西表島から船で竹富島へ・・・・・

20400

竹富島と言うとやっぱり星の砂で有名なカイジ浜(星砂の浜)と水牛車でしょうか。美しい赤瓦の屋根と白いサンゴ道が南国ム―ドを盛り上げます。

20420

20430

Pb100089

20510

20520

20530

20540

珍しい「月桃」の実・・・竹富島の乗船所にて購入

Dsc08306

竹富島から再び石垣島へ・・・・・

着後石垣島のみんさー工芸館などでお買い物。五つと四つの模様には「いつ(五つ)の世(四つ)までも末永く・・・。」という想いが込められているそうです。

Img_20171112_0001 Img_20171112_0002

<3日目> 
最終日は石垣島観光です。出発間際に小雨が降り出しちょっと残念なスタートになりました。

川平湾グラスボート乗船。
屋根があるので小雨でも特に問題なく海中を楽しめました。ウミガメにであえたのは初めてで、皆さんの歓声もすごかったです。写真を撮るのは難しいです。下船した時は雨が止んでいてよかった!

30100

30110

30120

Dsc08268

琉球真珠店・石垣焼窯元で目の保養とお買い物。
ちょっと興味があった石垣焼は油滴天目の器に、沖縄の海を表現した自然発色のガラスを融合させた焼き物でした。.

Dsc08291

日本最南端のテーマパーク「石垣やいま村」観光(昼食)。
小雨降る中の観光となりましたが、国の有形文化財に登録された赤瓦の古民家からは三線の音色が流れゆったりとしたひと時でした。琉球衣装体験やシーサー絵付けなど体験できます。

Dsc08302

30200

30210
マングローブロードも良かったですが、リスザル(手のひらにのるほどの小さなサル)園はとても人気のようでした。ポケットは勿論のこと、バックのファスナーもマジックテープも即座に起用に開け、中に手を入れ物を持ち去るので要注意でしたが、とにかくかわいいリスザルです。一時雨が止み放し飼いのサルをゆっくり観たり跳びつかれたりのスリルあるひと時を楽しみました。驚かされても怖い感じはありませんでした。

30220

30230
帰りは直行便です。

石垣空港15時35分発が20分遅れ、羽田着18時30分頃で帰宅。

旅行はどうしてもお天気が気になってしまいますが、八重山観光で2~3日滞在していると、たとえ予報がsunでも通り雨に合ったりで、滞在中にsuncloudrain全部を経験する確率がとても高いとガイドさんからお話がありました。
今回の旅はこの時季ではまずまずのお天気だったような気がしてます。(事前天気予報通り連日cloudrainでなくて良かった!)

« 我孫子の新そばまつり | トップページ | 筑波山 »

旅の記録」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562635/66034805

この記事へのトラックバック一覧です: 八重山諸島4島周遊:

« 我孫子の新そばまつり | トップページ | 筑波山 »