« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月30日 (日)

手賀沼の蓮

手賀沼の蓮の花が見頃を迎えていると聞き、朝食後観に行ってきました。

年々蓮群生地の面積は広がり、このままですとあと数年で対岸の我孫子市に届きそうな勢いです。

Dsc07763
蓮の花は木道から直ぐ近くで咲いている花はほとんどなく、隣り合わせで観ていた人は40分もかけて来たのにすぐ近くで観れる花が咲いてないことにちょっぴり不満(期待外れ感?)を漏らしていました。
先ずは目の前でじっくりお花を観たいですよねぇ~・・・当然観れると思って訪れますよねぇ~・・・同感です。

今日は蓮見船が遠くに見えました。
船の中からははどんなふうに見えているのかなぁ~・・・乗って観るのも楽しそうですね!

P7300382

Dsc07771

Dsc07775

Dsc07769

早朝に咲き昼には閉じてしまう花の寿命は3日間ですが・・・・・次々に蕾がたくさんでてきて結構長く楽しめそうです。

          ________________________________________

午後からは第60回我孫子市民文化祭記念行事の「特別展 葛飾北斎とその時代」を観てきました。

葛飾北斎の作品を中心に歌川広重・溪斎英泉・東洲斎写楽・北川歌麿など同時代に活躍した浮世絵師の作品展示です。

20170730_1 20170730_2

 

2017年7月23日 (日)

今日の収獲

エダマメも食べ頃になり本格的な収穫時期になりました。同じく畝買いしているベテランおじさんによると、ここ3~4日以内に収穫を済ませたものが食べ頃で一番美味しいよと言われ大量収穫をしてきました。残りの約半分は近日収穫予定です。
今年も甘くて美味しいです。

Dsc07742

Dsc07757

夏野菜も順調です。ピーマンの収獲を忘れてしまいました。

Dsc07730

遊びに来た娘やご近所の方にもお福分け出来て良かったです。

中玉トマトは皮がちょっっぴり口の中で気になる人もいるのかなぁ~(?)程度で甘さもまあまあで結構美味しく食べています。ご近所区画のベテランさんは全然気にならないし美味しいよと言ってくれます。ベテランさんのお話は学ぶ事も多く励みにもなります。褒められればいくつになってもやっぱり嬉しいものです。(笑)

ナス(長・大長)は皮も柔らかく今年も美味しいです。

ゴーヤは今が花盛り。実も大小たくさんぶら下がっています。これから2~3日に2本くらいずつ収穫できそうです。夫はビールのおつまみに喜んでいます。

Dsc07735
夏野菜、いろいろなレシピを参考に美味しく味わいたいです。

一度に大量収穫したエダマメは昨年同様一部を固ゆでにし冷凍保存したので、時季はずれのエダマメも楽しめそうです。

久し振りで以前借りていた農園に寄ってみたら、広大なコスモス畑になっていました。
Dsc07753

Dsc07747

※ブロブを書き始め今日で満7年になりました。

2017年7月18日 (火)

エダマメ試し採り

気が付くと抜くようにしているのですが草の成長には驚かされます。その勢い作物に欲しいです。連日の猛暑にナスの水やりが大変・・・最近は暑くて車使用ばかりです。

今年も昨年に引き続き農園オーナーさんが作っている畑のエダマメ(ユアガリムスメ)を2畝購入しました。まだちょっと早めのような気がしましたが、サヤがだいぶ太ってきているので試し採りしてきました。

Dsc07725

初挑戦のゴーヤの葉がだいぶ茂り、小さなゴーヤがたくさんぶら下がっています。小さい時からゴーヤそのものの形なのでとってもかわいいです。これ(写真)は明後日あたりは初収穫できそうかな~(?)

Dsc07726

トマトとナスはこのところ毎日たくさん収穫できてます。完熟トマトや大長ナスは美味しいとお友達にも好評です。が、今年の夏野菜は同じ品種でも昨年の今頃に比べあまり大きく育っていないような・・・連作障害のための土壌作りが不完全(?)・・・接木苗を植えたのに・・・今後に期待です。

Dsc07724
Dsc07723
Dsc07727
ご近所区画の方からノウヒメというエダマメとトマト4種類、青長ナスをお味見にといただいたので、今日の我が家収穫とお味見交換しました。農園ならではのうれしい楽しい出来事でした。

2017年7月17日 (月)

九寨溝・黄龍7日間

中国の世界遺産50の内でも人気上位の九寨溝と黄龍に7月5日~11日までの7日間ツァーに参加し行ってきました。成田から往路5時間半、復路5時間とヨーロッパに比べ短時間で気軽です。今回はキャンセル待ちで参加した人を含め15名ツアーでしたので同行者とも和気あいあい、特に母娘参加の見た目も若々しい81歳のお母さん(世界各国旅行経験中)には参加者全員が元気を頂く素敵な旅になりました。

Photo002101 P7150361

one1日目 成田⇒成都
成田空港では本当に久し振りにボーディングブリッジではなく、この頃は重要人物しか使わないと思っていた(バス移動で)タラップ使用でした。
成都空港には予定時刻を30分以上早く着いたので早くホテルに入れると思ったのですが、早く着きすぎたため到着ブリッジは使用中とのことで15分以上待たされてしまいちょっと残念。

Dsc07348 Dsc07352 Dsc07358

two2日目 成都⇒楽山⇒我眉山⇒武候祠

heart楽山大仏(世界遺産)・・・ 成都から南へ150km/2.5時間。 観光船に乗り5分位で赤い砂岩をくりぬいて作られた楽山大仏へ。90年の歳月をかけ作られたこの大仏は奈良の大仏の5倍の大きさの様です。

1rakuzan1 1rakuzan2 1rakuzan3

spade我眉山報国寺(世界遺産)・・・ 楽山から40km/40分 中国国内の四大仏教聖地の一つで一番高い峰が万仏頂(標高3,098メートル)で、頂まで32の名刹が続いているとの事ですが、今回はその登山口にあたる報国寺を参詣しました。

2gabizan1 2gabizan2 2gabizan3

diamond武候祠・・・ 成都に戻り三国時代(西暦180年から280年)の武将諸葛孔明や主君である蜀の先主・劉備が祀られています。直ぐ隣には秦、漢や三国時代から知られる錦里歩行街がありますが今回は残念ながらパスとなりました。

three3日目 成都⇒九寨溝
今日は基本的にバス移動日。
途中、昼食や松藩古城観光などをしながらこの日は400kmを10時間の移動です。飛行機での移動もありますが高山病対策(九寨溝は3,000m)とかでバス移動。今、新幹線の工事中なので数年後にはバス移動はなくなるでしょう。

Dsc07458 Dsc07457

four4日目 九寨溝(世界遺産)観光・・・8時間
ホテルからバス5分と徒歩10分で楽しみにしていた九寨溝の入場口へ。
8時前には着いたのですが既に入場口は長蛇の列。この時季は水も豊富ですばらしかったです。
あとで聞いたのですが今日の入場者は約1.6万人。来月8月が最盛期の様ですが3万人で入場は打ち切りになるのだそうです。ガイドさんの話によるとこの日の私達はとても運がよかったとか。
それにしても朝から人・人・人。
※九寨溝とは九つの集落(チベット族)がある谷という意味だそうです※

Dsc07478 Dsc07481 Dsc07485
Dsc07495 Dsc07530 Dsc07569
Dsc07550
P7080097 P7080112 P7080169
P7080222 P7080213 Dsc07580

five5日目 九寨溝⇒黄龍⇒茂県

club九寨溝から黄龍へ向かう途中”雪山梁子”という峠で雪を被った岷山山脈や放牧中のヤクを撮影。5~6分くらいで退散。何といってもここの海抜は4007m。前の休憩所で酸素缶を支給されていました。

Dsc07587 Dsc07592 Dsc07596

heart黄龍(世界遺産)観光・・・4時間
ホテルで昼食後ロープウェイで海抜3400mの地点へ。
整備された平坦な木道を色とりどりな高山植物を眺めながら歩く事1時間、すると上り階段に到着。
ここから心臓破りの階段を上ること30分、やっと海抜3500メートル強の黄龍最大の見もの”五彩池”に着きましたが、1、2分前から雨が降り出しその後雷鳴までも鳴り出しどうなることか一時心細くなりましたが幸い雷鳴も2、3回で治まり、石灰棚とアクアブルーの池もそのまま見ることが出来たのは幸せでした。
実質3時間強のトレッキング中、心配していた夫の膝も痛くならず、渡された酸素缶も使わず元気に楽しく歩けたのは何よりも良かったです。
とっても若々しいとは言え81歳のお母さんが4時間かけて上り下りの階段を歩き一周して集合場所に戻って来られた時はあちこちから拍手が聞こえてきました。すごいです。

P7090244 P7090264 P7090291
P7090286
P7090305 P7090308 P7090317
P7090323 P7090329 P7090331

six6日目 茂県⇒パンダ基地⇒都江堰⇒成都

spadeパンダ基地 熊猫谷(パンダ野生化訓練基地)
四川省には世界遺産に登録されてるパンダ保護区は何か所かあるようですが、熊猫谷は野生化訓練基地で世界遺産ではありません。
26℃以上の時は外には出さず冷房の効いた室内で飼育中の様です。愛くるしい様子はぬいぐるみのようでした。

Dsc07661 Dsc07680 Dsc07671

diamond都江堰(世界遺産
紀元前3世紀、洪水に悩む人々を救うために原形となる堰が造られ、その後改良や補修を加えられ、2300年後の現在もなお機能する古代水利施設とのことです。

Dsc07700 P7100343_2 P7100352

seven7日目 成都⇒成田

成都出発5時間後窓からは晴れ渡った九十九里浜が見えホッ・・・やはり日本は安心しますね。

Dsc07717 Dsc07720

 

 

cutecutecutecutecute 高山植物 高山植物 高山植物 cutecutecutecutecute 高山植物 高山植物 高山植物 cutecutecutecutecute

P7080192 P7080218 P7090238 P7090239 P7090240 P7090242
P7090243 P7090245 P7090246 P7090248 P7090251 P7090252
P7090253 P7090316 P7090254 P7090256 P7090269 P7090270

 

hotelhotelhotel 宿泊ホテル 宿泊ホテル 宿泊ホテル  hotelhotelhotel 宿泊ホテル 宿泊ホテル 宿泊ホテル  hotelhotelhotel

上:加州花園酒店(成都)、 中:シェラトン九寨溝(九寨溝)、 下:茂県国際飯店(茂県)
1cal1 1cal2 1cal3
2sheraton1 2sheraton2 2sheraton3
3moken1 3moken2 3moken3

 

restaurantrestaurantrestaurant 食 事  食 事  食 事  食 事 winewinewinewinewine 食 事  食 事  食 事  食 事 restaurantrestaurantrestaurant

麻婆豆腐発祥の店”陳麻婆豆腐”の麻婆豆腐は絶品。 ラーメン・チャーハンは日本が一番。
Dsc07354 Dsc07711 Dsc07440 Dsc07718
Dsc07369 Dsc07443 Dsc07463 Dsc07712

 

moneybagmoneybagmoneybag 入場料  入場料  入場料  入場料 moneybagmoneybagmoneybag 入場料  入場料  入場料  入場料 moneybagmoneybagmoneybag

九寨溝  成人:220元、60歳代:110元、70歳以上:無料
Kyusaiko
黄龍  成人:280元、60歳代:180元、70歳以上:80元  (80元はロープウェイ代)
Kouryu

 

 

 

今回のツアーは50代1人、60代10人、70代3人、80代1人の15人のまとまりのあるパーティーでした。以前から一度は行ってみたかった九寨溝と黄龍は想像以上にすばらしかったです。 旅行大好きな夫(夫婦)はこの旅でたくさんの元気をいただいたせいか又次の旅を考え始めているようです。何をするのにも日頃の健康管理が一番です。今のところ健康に感謝です。

 

earearear現地ガイドさんの話earearear

ear成都の会社員の月給は10万円位、成都のマンション価格は2000万円位で親からの援助が無いと買えない。

ear結婚するにはマンションや車などをそろえなければなないので、お金がないと結婚できない。

earチベット族やウイグル族は漢民族と文化も考え方も全く違う(バスの中だけの話:異民族支配は難しい)

ear70歳過ぎの中国人は黄龍の五彩池まで行く人はいない。日本人の元気な行動にはいつも驚いている。

ear外車は10万元(180万円)、純国産車は半額位で買うことが出来きる。・・・カローラ10万元の看板あり・・・

ear成都市内至る所にあるレンタル自転車はQRコードスキャンで解錠・決済できる。・・・スマホ必須・・・

ear中国の問題は貧富の差が激しいこと。地方では年60元の学費が払えず小学校に行けない子供がいる。

ear地方ではトイレ有料(1元/1人)が多いです。・・・観光地のトイレはいたってきれいです。・・・

ear日本のトイレはどこで使用してもすばらしくきれいなのには中国人の驚きの一つです。

yen1元・・・18円


九寨溝で8月8日震度7の地震発生。死者・不明30人以上、負傷者500人以上のニュース。
火花海、諾日朗の滝、箭竹海などの観光名所が被害を受けたようです。

1  ⇒  2

2017年7月 2日 (日)

夏野菜の初収穫

このところ雨が降ったり、旅行に行ったりしていて数日振りでの農園です。
野菜も草も元気に育っていて、収穫だけのつもりで出かけたのですが、野菜の手入れや草取りをしていたらいつの間にか2時間近く経っていました。

<現在の農園の様子>

Dsc07338
今年も豊作が期待できそうです。トマトは完熟を待って収穫します。楽しみ!

Dsc07334
育ちが遅くちょっと心配し2本を植え替えたりしたナスも今はどちらも同じに育ち、収穫できるようになりました。
Dsc07336
例年に比べるとちょっとまだ背丈が小さいです。
Dsc07340
遅くに植え付けたゴーヤは花が咲き始めました。初挑戦なので楽しみ!

Dsc07345
<今日の収穫>

昨年よりは1週間ほど遅いようですが数日振りに行ったので初収穫にしてはたくさん採れました。

Dsc07346

2017年7月 1日 (土)

日光霧降高原

梅雨の真っ只中の6月29日から一泊で日光に行ってきました。

<Ⅰ日目>

霧降の滝・・・華厳の滝・裏見の滝とともに日光三名瀑の一つ。高さ75m、上下二段に成っていて上段が25m、下段が26m。飛び散って流れ落ちる様子に名前の由来があります。滝つぼから遠く離れた展望台からの観賞のためちょっと迫力に欠ける感じがしましたが・・・・すばらしい滝です。

P6290895

Dsc07238_2

P6290901

霧降高原キスゲ平・・・標高1300m~1600mにかけて広がる高原。階段と散策路が出来てからは初めてです。
駐車場に着いた頃は霧が立ち込め雲行きがあやしくなってきました。まさに霧降高原そのものです。
目的のニッコウキスゲはこの日3分咲き程度。見頃の期間は7日~10日間と聞き事前のホテル予約などを考えると特にお花の最高の見頃観賞はなかなか難しいです。珍しい花にも目をやりながら散策路の4分の1程度まで上ったところで雨が急に降り出し、明日の再訪を決め早めにホテルへ。

Img_20170630_0001

Dsc07244

Dsc07255

Dsc07280

Dsc07279

<2日目>

朝まで降り続いていた雨も朝食の頃には止んだので、時折薄日が差す中食後はホテル内散策をしました。
敷地内散策路は思いのほか広く40分から50分かかりましたが、今はヤマボウシがあちこちで咲いておりツツジや紅葉の木も多く四季それぞれで楽しめそうなところです。

P6300957_1

P6300962

雨が降らないうちに再度ホテルから車で10分くらいのキスゲ平へ。坂道を進むにつれホテルを出る時は無かった霧が出てきて慣れない霧中の運転にフォグランプやヘッドライトをつけたり四苦八苦しながらやっと駐車場に到着しました。この日の目標はお花を観なが1445段の階段を踏破し小丸山展望台へ到達する事です。この日も濃霧です。

1段目・・・START!Dsc07278_3

P6290921

※階段の所々に励ましの言葉が・・・
300段目・・・先は長いが頑張ろう。 600段目・・・休息も大事だよ。700段目・・・残り半分だ。 800段目・・・後半も頑張ろう。 900段目・・・自分のペースで。

Dsc07292

1100段目・・・そろそろ疲れてきたかな。  1200段目・・・頂上までもう少し!  1300段目・・・ゴールは目の前だ!

P6301006

Dsc07305

Dsc07306
ヤッター!!・・・山頂の小丸山展望台へ到達

Dsc07321
レストハウスでいただいた記念証と記念スタンプです。(例年なら今頃が見頃(?)・・・残念ながら今年は三分咲きでした。)お花鑑賞は難しいです。

Img_20170701_0003

散策路沿いにはキスゲ以外にも”カラマツソウ”、”アヤメ”、”サラサドウダン”などの花々が咲いています。

P6290944

P6301021

Dsc07310

P6300988

Dsc07261

せっかく日光へ来たので世界遺産の寺社仏閣輪周辺散策路をしてきました。輪王寺の本堂は平成の大修理中とのことで建物全体が覆われており修復現場を見るための天空回廊が人気のようでした。

Dsc07326

P6301042

Dsc07330_2

P6301037


1日目・・・suncloudrain  8846歩
2日目・・・一日中cloud  22786歩・・・よく歩きました!
キスゲ平は2日間共にまさに霧降高原(濃霧?)でしたがいい思い出になりました。
今日は今までにない筋肉痛が・・・何と言っても1445段、頑張っちゃいました!

 

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »