« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月30日 (木)

黄タマネギ・・残念! 落花生保存

ちょっと早めかなと思って植えたタマネギの苗でしたが、元気のよかった赤タマネギの苗(そもそもの購入のきっかけ)はそれなりに順調なのですが、もともとあまり元気がなかった黄タマネギの苗は心配したとおり、全滅に近い状態で溶けてなくなってしまいました。
ご近所区画のおじさんには、赤タマネギは元気なんだから時期というより黄タマネギの苗があまりよくなかったのかもね~と言われました。
確かに購入時から赤に比べるとちょっと頼りない苗ではあったのですが・・・・同時に植えたくて購入してしまいました。
ご近所区画のみなさんもこの2~3日で植え始まったので、また植え直そうと思います。

我が家の落花生です。

Img_8291
殻をむいて中身(ピーナツ)だけにしたら、残り(3回目)とは言え6~7株あり狭い農園では結構場所をとっていたのですが、平ざるにいっぱいほどにしかなりません。
市販の落花生の値段が高いのは当然だと思いました。

1回目は茹でて食べ、2回目は煎って食べ、味噌ピーナツで食べ、そして今回の3回目(最終)は・・・・・とりあえず保存しておき、子供達と一緒に初挑戦を味わいたいと思います。

大粒揃いとはいきませんでしたが、初挑戦の収穫を楽しみました。

2014年10月28日 (火)

野外美術展2014

今日は珍しく代休とかで久しぶりに娘が遊びに来ました。
一緒に食事をしたり旅行の話をしたり、たわいない話で盛り上がったり、今我孫子市内で開催されている「第17回我孫子国際野外美術展」を観に行ったりと、楽しいひと時を過ごしました。普段仕事で忙しくしている娘にはいい気分転換にもなったようでした。

「第17回我孫子国際野外美術展」  <テーマ:いきづく森と水と文化のにおい>

0110
0130
0140
0150
0160
0170
0180
0190
0210
0220
0230
0240
0250
0310
0320

国内外の招待者・実行委員・一般参加の計36作品が布佐市民の森や宮の森公園を中心に展示されており、これらは作品の一部です。一昨年(2012/11/6記載)と今年で2回めの観賞になります。

2014年10月27日 (月)

10月は大忙し

9月・10月・11月は予定が詰まっていて、実家に行くのにもまとまった日にちを確保するのが大変です。特に10月は陶芸サークルのボランティア活動(数回)や二種の楽器演奏サークルのコンサート・文化祭出演(各1)・それに伴う練習・サークルの日帰り旅行・趣味の旅行・病院・毎月の実家(4~5日)などなど、家でゆっくりできるのは1週間位しかありません。この間農園での作業もありますから毎日が忙しく疲れる暇さえない状態です。すべて好きでしていることなので苦にはならないのですが・・・・・行事が重なるときは重なるものです。

Img_9205

23日から26日の4日間実家の母の様子を見に行ってきました。今日27日の私の病院の予約がなければあと1日母と一緒に過ごせたのですが・・・・。
今のところは母も元気と言えば元気ですが、何せ満91歳。泊まる度に気になることが増えていきますが、その辺に関しては隣棟の兄夫婦、近くに住んでいる妹夫婦が見守ってくれているようなので安心し感謝してます。
できるだけ自分のことは自分で、なるべく人に迷惑をかけないようにとあれこれ気丈に頑張って生活している母はすごいなぁ~と毎月行く度に思っています。

昨年あたりから母が自分が元気なうちに未だ未婚の孫たちにもと(亡き父と)用意してくれていた結婚のお祝(?)を帰り際に頂きました。

先日サークルの日帰り旅行で立ち寄った石岡の風土記の丘で初体験した藍染のハンカチ(記念作品)です。
私たちには出来上がりの模様の見当がつかないところが面白いところでもあります。用意されていた紐・輪ゴム・箸・クリップ(大・小)を使い皆さんすばらしい芸術作品ができたようです。私はハンカチをたたみ込み紐・輪ゴム・クリップ(小)を使ってみました。楽しい初体験でした。

Img_8265

2014年10月22日 (水)

英会話一日体験

外国人の先生と英会話を楽しみましょうという機会があったので参加してきました。
自分の能力に合わせクラスを選べるので初級を申し込んだのですが、いつもながらこういう会の初級は結構レベルが高いです。
日常会話がかなり話せないと初級でも楽しむのはなかなかです。
お休みの人もいてたまたまこのクラスのこの時間は緊張している私たち主婦2人。
窓口との連絡が不十分だったせいか、初級クラスなのに先生がいきなり早口でいろいろ話し始めたので、相手の方に同意を得、もう少しゆっくり話しして下さいと開始早々お願いしてしまいました。(相手の方もホッとした様子でした。)
先生に時々言い方を直されながら約1時間の日常会話を楽しく?体験してきました。
私的には中学校程度の英語力があればあとは度胸だと思っているのですが・・・・・ずうずうしいようでもまだまだ小心者の私でした。
やる気を興させるためとは知りながらも発音を褒められたのはちょっとうれしい体験の思い出になりました。

Img_8124

機会があったらまた参加してみようと思います。
もっと積極的に会話を楽しめるような実力が伴ってきていればですが・・・・・。

2014年10月20日 (月)

落花生・タマネギ・ダイコン

午前中に畑に行ってきました。

3日前(17日)に2回目の落花生の収穫をしたばかりですが・・・・・。

今朝は最後の落花生(3回目)の収穫です。
サークル仲間のSさんに経験談として昨年は収穫が遅かったのか動物?に食べられあまり収穫できなかったので20日頃には収穫したほうがいいかも・・・と言われ、まだまだ元気一杯の葉っぱを付けていましたが収穫しました。
今日の収穫は後植えの落花生でしたがまあまあではないでしょうか。

Img_8258
1週間前のお試し収穫よりは育ったようで普通サイズが多かったです。今回は採りたて1回分は茹でて食べ、残りは乾燥させて保存用にすることにしました。

Img_8262

ちょっと早かった気もするのですが、落花生の2回目を収穫した日(17日)にタマネギの苗を植えました。(赤白各約30本)

Img_8254

Img_8255

2回に分けて蒔いたダイコンですが、後蒔きのダイコンもだいぶしっかりしてきました。
最初に蒔いたダイコンは早くも土の中から白い姿を現し始めています。これからドンドン太く大きくなることでしょう。順調で楽しみです。

Img_8252

Img_8244

2か所の落花生(左手前と左奥)を抜いてしまいちょっぴり寂しくなった今日の畑の様子です。

Img_8259

まだ芽は出ていませんが、タマネギの苗を植えた同じ日の17日にシュンギク(後植えダイコンの隣)とホウレンソウ(ネットの中)の種を蒔きました。(よーく観ると間もなくです。)
落花生の収穫のあとはとりあえず土壌作りです。そうこうしているうちに11月3日のキヌサヤ・スナックインゲンのポットにマメを蒔く時期になり、そして2週間後には畑に移植です。と、思うと1か月先ですがそれらの植え付けのために場所(左手前)を空けておかなければなりません。2か所の落花生を抜いた狭い方のあとには葉物でも育ててみようかな。

2014年10月17日 (金)

楽しいひと時

学生時代の仲良し3人組で「石岡風土記の丘」と「茨城県フラワーパーク」に行ってきました。十年振りでなつかしかったです。

広い風土記の丘は近況報告やたわいないおしゃべりをしながら散策しました。ある意味ではお互い日頃のストレス解消の場になっています。お天気もよくとても気持ちよかったです。

今フラワーパークでは「秋バラまつり」と「ダリアまつり」が開催されています。バラの花はきれいでしたが、どこからともなく風と共に肥料の臭いが・・・・・せっかくのバラの香りがちょっと残念な思いでした。

Img_8237


温室の中には見事なベゴニアが・・・・・。初めて見る種類が多く、花だけ観るとバラのようにも見えました。すばらしかったです。

Img_8198

Img_8208

Img_8211

Img_8200

園内のダリアの花の種類の多さにまず驚かされました。この区画は肥料の臭いもほとんどなく、ゆっくり鑑賞することができました。これだけのみごとなダリアの花を観たのは3人とも初めてなので感動の連続でした。顔の大きさと変わらないほど大きな花にはビックリでした。

Img_8235

Img_8215

Img_8220

Img_8226

Img_8232
今回は石岡で10時に待ち合わせKさんの車で二か所を回りました。お世話になりました。次回は東京でのちょっぴり豪華なお食事会と美術館を予定しています。

2014年10月12日 (日)

落花生の初収穫

4日振りに朝早くから農園に行ってきました。台風19号に備えての準備です。今農園はさつまいもの収穫が所々で始まりました。狭い区画の中でのサツマイモ作りは収穫量はあまり期待できませんが、季節物の収穫時はやっぱりうれしく楽しいものです。でも残念ながら今年の我が家にはサツマイモの楽しみはありません。今年の楽しみは落花生です。

サツマイモに代わって今年初挑戦の落花生の収穫時期が近付いてきました。近くの農家さんの広い落花生畑がつい先日収穫されたので、我が家も試しに掘り上げてみました。Yさんの話によると60%位に実が付いていればいいそうですが・・・・・。収穫期を調べてみると、葉が枯れ始まった頃とありますが、我が家の葉はまだまだ元気いっぱいの状態。残り約10株?はもう1週間先頃がいいのかも知れませんね。

Img_8178

初収穫の落花生です。大きく立派なのもありますが、指先ほどの小さいのも結構あります。初めてなので出来具合がよくわかりませんが・・・・・まだちょっと早いのかなぁ~。2株ちょっとからの収穫です。(総重量840グラム・最長サヤ5、6cm)

Img_8186
広い農園区画をゆっくり歩いて観て回ると千葉県なのに農園で落花生を作っている人が少ないのに改めて気付きました。サツマイモの方が人気のようです。

とりあえず茹でて食べてみました。

Img_8194

大きさがいろいろだったので茹で時間40分は小さめの物には長過ぎたようです。しっかりと大きい物(ちょっと固め)もあれば、小さ過ぎて(柔らか過ぎ)食べるのにはちょっと・・・・・と言うのまでいろいろありました。

Img_8193

普通サイズの落花生(収穫の約3~4割)は茹で加減・塩加減もよく採りたてなのでとっても美味しかったです。

今、農園の隣(藤棚横)のコスモスが満開でとてもきれいです。今朝も写真を撮っている人が6~7人来ていました。最近は女性のカメラマン(本格的な高価そうなカメラ持参)が多い気がします。

Img_8183

2014年10月11日 (土)

長崎くんち満喫

日本三大くんちの一つ「長崎くんち」(国の重要無形民俗文化財に指定されている)を観ようと10月6日から2泊3日の予定を計画していたのですが、関東地方に上陸した台風18号の影響で10月6日羽田発のフライトが欠航と成ってしまいました。運よく7日夕方鑑賞のくんちのチケットを購入していたので、一日ずらし7日朝出発の1泊2日の強行軍で楽しみにしていた「くんち」を観に行ってきました。長崎は気温26℃の晴天で長袖ではちょっと暑かったですが観光には丁度いい気候の中、長崎の観光地を巡り、「くんち」に酔いしれ、名物料理をちょこちょこ食べて堪能してきました。

空港からのリムジンバスで市内に着いたのは11時半。目指すはちゃんぽん・皿うどん発祥の店「四海楼」。 すでに待っている人がたくさんいましたが、結構回転が速く15分程度の待ち時間でテーブルに案内され、ちゃんぽんと皿うどんを注文しました。さすが発祥の店だけあり新鮮な魚介類を使ったコクのあるスープがすごく美味しく大満足。 今までで一番美味しかったです。

01_0100 01_0110
01_0120 01_0130


近くの長崎港国際ターミナルには日本のクルーズ客船「パシフィック ビーナス」が停泊中。近くで見るとなんと大きいこと。いつか船旅もしてみたいなぁ~。周辺の散策を楽しみました。

02_0100 02_0125

大浦天主堂・グラバー園に向かう坂道にはお土産屋さんがずらり並んでいますが、赤レンガに蔦がからまる可愛い建物がありました。「祈りの丘絵本美術館」です。 誰もが思わず足を止めてしまいます。

02_0130 02_0140


<大浦天主堂> : 日本最古の現存するキリスト教建築物で、正式名は日本二十六聖殉教者堂と言い国宝です。ステンドグラスも美しかったです。

03_0100 03_0110 03_0120


<グラバー園> : スコットランド出身の貿易商であったトマス・ブレーク・グラバーが立てた屋敷「グラバー邸」と庭園などがあり、庭園からは市街地のすばらしい景色を眺めることができます。園内では貸衣裳(30分・500円)を着た若いカップルに何組も出会いました。とっても可愛かったです。あれっ、恥ずかしそうにおば様が・・・みなさんお似合いでしたよ。

04_0100 04_0110 04_0120
04_0130 04_0140 04_0150
04_0160 04_0170 04_0180


<ANAホテル長崎グラバーヒル> : 今回の宿泊ホテルです。グラバー園・大浦天主堂すぐそば(徒歩3分位)の長崎観光の中心にあるランドマークホテルです。チェックイン前、チェックアウト後と荷物を預かっていただけ大助かりでした。疲れた身体にベットの寝心地がとてもよかったです。

05_0100 05_0110


<「くんちの夕べ」 前日(まえび)> : 10月7日から9日までの3日間催され、国の重要無形民俗文化財に指定されています。町内が多いので7つのグループに分けられ、年ごとの持ち回り制とか。事前に購入した席は7日の17時から長崎市公会堂前広場の本部席右側の中央付近で前から8列目でした。30分前に会場についた時は5割くらいの入り(すでに当日券無し)でしたがその後あっという間に満席です。
各町内とも町内のシンボルの傘鉾の披露に始まり本踊・趣向を凝らした船・龍踊を掛声や太鼓とともに勇壮に舞います。 いろいろな場面の掛け声で会場が一体となって盛り上がり楽しかったです。ケーブルTVでこの会場が生中継されていました。

くんちの観客が掛ける掛け声には、独特の約束があります。(ネットより)
モッテコーイ
一度踊場を退場した曳き物などの演し物を呼び戻す時などに、アンコールの意味で使われる掛け声。観客は「モッテコーイ、モッテコイ」を連呼する。
ショモーヤレ
本踊が終わりアンコールをする時にいう。「所望するからもう一つやれ」という意味である。
フトーマワレ
傘鉾が回るときに「大きな輪を描いて、雄大に回れ」という意味で、長崎では大きいことを太いというから、「大きく回れ」と言っているのである。
ヨイヤァ
川船の網打船頭が投網を投げ、魚が見事網にかかった時とか、傘鉾が勇壮に回ったときなどに使う。「ヤッタ」というほどの意で「良い哉」であり、「ヤンヤヤンヤ」に相当する。

06_0100 06_0110 06_0120
興善町 ”本 踊”            
07_0100 07_0110
八幡町 ”祝い船”  動画はここをクリック
07_0200 07_0210
万才町 ”本 踊”
07_0300 07_0310
銀屋町 ”鯱太鼓”
07_0400 07_0410
五嶋町 ”龍 踊”  動画はここをクリック
07_0500 07_0510
麹屋町 ”川 船”
07_0600 07_0610
西濱町 ”龍 船”
07_0700 07_0710
07_0810 07_0820 07_0830

2日目
<オランダ坂周辺散策> : 以前ツアーで訪れた時、日本三大ガッカリ名所(札幌の時計台・高知のはりまや橋 ・オランダ坂)の一つと紹介された所です。話のたねに昔友人と来た時は訪れなかったと言う夫を案内しました。さてさてご感想は・・・・・?

09_0100 09_0110 09_0120


<諏訪神社> : 長崎の氏神様で「長崎くんち」は諏訪神社の例祭です。二人の遊女が諏訪 神社神前に謡曲「小舞」を奉納したことが長崎くんちの始まりと言われています。ここの踊場は、熱烈なくんちファンに 人気が高く、観覧席を手に入れるのは大変らしいです。

10_0120 10_0110 10_0100


崇福寺へ向かう途中偶然くんちの鳴り物の音が・・・・・その方向を見るとたくさんの人だかり。近づいてみるとそこは八坂神社の境内で銀屋町”鯱太鼓”の奉納が佳境に入り興奮状態のところに出会いました。見事に宙に浮いています。ラッキー。

11_0100 11_0110 11_0120

<崇福寺> : 15世紀の初め長崎に在留していた福州人が故郷から僧を迎えて作ったのが崇福寺のはじまりのようで、第一峰門と本堂の大雄宝殿は国宝。そのほかもたくさんの重要文化財がある古刹です。

12_0100 12_0110 12_0120


あっという間に昼食の時間。当初予定していた長崎名物の卓袱(しっぽく)料理を食べようと地元の人に店を尋ねたら、卓袱料理は結婚式などの時料亭で食べるくらいで長崎の人はあまり食べませんよと伺ったこともあり、ガイドブックで読んだ茶わんむしで有名な「吉宗(よっそう)」に入ることにしました。どんぶりで出てきた茶碗蒸しにはビックリです。ダシがとても出ていて具もたくさん入っていて美味しかったです。でも・・・・・これだけでお腹いっぱいになってしまいセットの蒸しずしは半分も食べられませんでした。(吉宗定食)

13_0100 13_0110


<旧唐人屋敷> : 密貿易の防止からか来舶唐人の民宿を禁じて、皆ここに居住させることとしたそうです。

14_0100 14_0120 14_0130


<新地中華街> : 唐船専用の倉庫を建てるために埋め立てられた新地でしたが、今では東西南北全ての入り口に中華門が立ち日本三大中華街の一つとなっています。
秋の中秋節では黄色の満月燈籠が、冬のランタンフェスティバルでは赤色のランタン(中国提灯)が通りを彩り、異国情緒ただよう幻想的な世界に街を彩るそうです。

15_0110 15_0120 15_0130


<出島> : キリスト教の布教を禁じ、住民と隔てるために、長崎の岬の突端に築かれた人工の島です。日本が鎖国時代、唯一開かれた貿易・文化の拠点で、当時のままの建物・町並みが復元されています。

16_0110 16_0120 16_0140


出島見学後平和公園にも行ことしましたが、一緒に行った夫が写真記載他にもあちこち歩き回り疲れ果てたようなので、荷物を預けているホテル近くに戻りコーヒショップでしばし休憩。その後荷物を受け取りリムジンバスで早めに空港へ行き19時発の飛行機で帰宅。
見どころ多い長崎観光が台風情報にハラハラさせられ前日にはホテルのキャンセルなどもあり1泊2日に成ってしまいましたが、諦めずに観に行ったくんち(鑑賞時間:4時間)は最高でした。1泊だったため当初予定(6日夜)していた世界3大夜景を観ながらの豪華ディナー?の時間がなかったのはちょっとは残念でしたが・・・・・お天気に恵まれた盛りだくさんの楽しい旅行でした。

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »