« ダイコンが順調 | トップページ | 長崎くんち満喫 »

2014年9月29日 (月)

ルバーブ ジャム

お友達のお薦めで生ルバーブ(2kg・レシピ付)を共同購入してみました。

Img_8143

生薬として健胃、胃腸炎、消化不良、便秘などの効能があり、その他にも利尿・抗炎症、.高血圧の予防や改善、生活習慣病の予防にもいいようです。
一見里芋の茎部のようですがかなり太く、りんごに似たような酸味と完熟梅のような香りがします。
生ルーバルはサクサクしていてとても酸味が強いのですが、水にさらしてサラダでも食べられるそうなのでお味見程度に少しだけ残しておきました。

<ルバーブのジャム(初挑戦)を作ってみました。>  ※出来上がりジャム500gの場合

材料;ルバーブ・・・500g 砂糖(グラニュー糖)・・・150g前後 (お好みによっては更にレモン1/4個) 

一般的にはパンにつけたり、アイスクリームやヨーグルトに混ぜて食べるそうですが、ハムや肉類のソースとして使え肉類の臭みや脂っこさを和らげることもできるとか。
短時間で簡単にできるのがいいです。

①茎の汚れている部分を包丁で取り除き、皮をむかずにそのまま茎を1㎝ほどの輪切りにする。

②切ったルバーブを鍋などの容器に移し、砂糖の半分をふりかけて全体によくまぶす。ルバーブから水分が出て砂糖がすべて溶ければ大丈夫です。

③十分にルバーブの水分が出たのを確認し、中火にかける。

Img_8145

④沸騰したら弱火にして時々かき混ぜる。アク(白い泡)が出たら取り除く。
火にかけて10分程ルバーブの形が崩れ始める。

Img_8146

⑤ルバーブの形が崩れたら、砂糖の残り半分を加える。(ここでレモン汁を加えても良い)

Img_8156

⑥出来たジャムは熱いうちに蓋のある容器に移し、冷めたら冷蔵庫に入れる。

※低糖のルバーブジャムを常温で保存するにはビンに移した後で、脱気殺菌をする。

Img_8168

Img_8170

Img_8172

私的には初めてのジャムの味です。
茎部の色によって赤や緑のジャムになるそうです。今回は緑色の部分が多かったので緑色のジャムが出来上がりました。
2kgの生ルバーブで作ったジャムはかなりの量になりました。

お友達はとても効果があり喜んでいて、試す価値大いにありと薦めてくれました。
さてさて・・・・・個人差はあるかも知れませんが、健康ジャム、楽しみです。

« ダイコンが順調 | トップページ | 長崎くんち満喫 »

あれこれ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562635/60391523

この記事へのトラックバック一覧です: ルバーブ ジャム:

« ダイコンが順調 | トップページ | 長崎くんち満喫 »