« あっ、落花生が・・・ | トップページ | 竹灯篭の夕べ »

2014年8月31日 (日)

祖母の短歌

今日(8月31日)は祖母の38回目の命日です。
祖母の一番の趣味は短歌でした。

私が嫁ぐ時や第一子(長女)が産まれた時に詠んでくれた祖母自筆の短歌が数首あるので記載してみました。祖母にとっては初めての孫の結婚・曾孫誕生だったのでそれはそれはとっても喜んで祝福してくれたのを覚えています。

Waka08   Waka07   Waka06

Waka05   Waka04

Waka01   Waka02   Waka03

祖母は第一子(長女)が産まれた半年後に亡くなりましたが、部屋の片隅にあれこれ詠んだ100首程の歌が毛筆で半紙に清書されて(メモ調も一緒に)残されていたのを見つけ、その後父が冊子としてまとめました。
今でも祖母が娘(曾孫)のためにと縫ってくれたお着物や編んでくれた小物類は記念写真と共に宝物として大切に保存してあります。

旧宅には今でも祖母の大好きなシュウカイドウが咲き継がれています。

Unnamed

今月は私の誕生月ということもあり、お仕事がお休みの昨日は、娘が誕生日プレゼントに今年もケーキとお洋服そして夏休みを夫婦で合わせて行ってきた海外旅行のお土産を持って来てくれました。祖母の詠んだ歌の話なども出、夕方までにぎやかにおしゃべりをして帰りました。いくつになってもうれしいものです。ありがとう。

« あっ、落花生が・・・ | トップページ | 竹灯篭の夕べ »

あれこれ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562635/60190315

この記事へのトラックバック一覧です: 祖母の短歌:

« あっ、落花生が・・・ | トップページ | 竹灯篭の夕べ »