« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月28日 (金)

台湾周遊5日間の旅

以前(15年前)台湾に行った時は台北中心でしたので、今度は台湾を一周してみたいと思いパンフレットなどを調べていたところ【天燈上げ】と【ランタンフェスティバル】が付いているツアー(9都市)が見つかり、21日~25日の4泊5日に参加してきました。
今年の日本の2月は週末に雪、また台湾は中旬から前日までず~と雨が降っていたのをネットで見ていたのでお天気が心配でしたがそこは晴れ女の旅,すばらしい晴天にめぐまれ台湾5日間の旅を楽しんできました。

2月21日(金)

気温は8℃の成田を飛び立ち3時間後台北に到着。空港の温度計を見ると18℃・・・やはり暖かく感じました。また、今回は途中眼下に真っ白な富士山を見る事が出来、何か得をした気に成りました。

2月22日(土)

出発前に台北のホテルより2~3分位の近くの行天宮(左)と横道の商店街(中央)を散策しました。
以前来た時に泊った圓山大飯店(右)をバスの車窓より懐かしく臨むことができました。

台北からバスで2時間半で台中に到着。早速寶覺禅寺(宝覚寺)を観光。
境内には台中近辺に移住した日本人の遺骨1万4千人余りを納めた安置所と日本軍に参加し命を落とされた台湾人の慰霊碑が建立されています。
桜の花が咲いていました。(その後もあちこちで見かけました。)

台中市内で昼食後日月潭(にちげつたん)へ。台湾で最も大きな湖を50分貸し切りクルーズ。クルーズの後半はガスが出てきてしまい少し残念でした。 日月譚は湖の北側が太陽(日)の形、南側が月の形をしていることからこう呼ばれるとのことです。

今回ツアーの目玉の一つ”2014台湾ランタンフェスティバル”
会場の南投に夕刻到着したもののすごい人・人・人・・・。 ゲートからメイン会場に到達するまで身動きできず立ち止まることしばしば。やっと大きなおおきなパイナップルの門をくぐるとそこはまるで別世界。今年は午年のためメインのランタンは”馬”です。その大きさにも圧倒されました。是非一度足を運んで観ていただきたいです。感動をお約束します。 

226000
ランタンフェスティバル


2月23日(日)

この日は台南から高雄へ、高雄で観光後特急列車で台湾東最大の街花蓮への移動です。
朝の散策で戦前の姿をそのままの残している台南の駅へ行ってみました。ご覧の通り修復するのか危険防止なのかわかりませんが外壁にネットがかかっていました。  

高雄の観光地 蓮池潭はその名の通り蓮が植えられており、夏には満開となって、とても美しい景色を見る事ができるそうです。 周囲約5kmの湖畔には、巨大な龍と虎が大口を開けている「龍虎搭」、「北極玄天上帝像」、「春秋閣」、「孔子廟」など中国独特な建物が立ち並んでいます。

233000

萬壽山公園から見た高雄市街地

高雄駅から花蓮まで特急列車(特急列車と言っても各駅停車のようでした)で5時間の移動。
心配していた荷物運びでしたが、駅構内はエスカレーターがあるホームでしたので難なく移動でき、また列車内は想っていたより座席間がありちょっときつかったのですが座席の前にスーツケース(事前に荷物はできるだけコンパクトにということもあって皆さん比較的小さめが多い)を置く事ができ一安心しました。車窓から見える限り田植えはすでに終えていました。


2月24日(月)

台湾最大の景勝地・・太魯閣渓谷(タロコ渓谷)
台湾がユネスコ加盟国なら間違いなく世界遺産に認定されているでしょう。山全てが大理石、一枚板の大理石は写真では収まりきれない大きさです。  

太魯閣
太魯閣

太魯閣から花蓮に戻り花蓮駅から特急列車で九フン近くの瑞芳駅に向かいます。2時間の乗車でしたがスーツケースは座席前には置くスペースがなく、現地のガイドさんが頑丈な棚に皆さんのを載せてくれました。台湾のガイドさんは力のない女性には敬遠されるそうですが、納得しました。  

金鉱地として栄えた街九フン。
閉山後 は衰退、25年前に映画の舞台となったことで蘇ったのだそうです。 狭い坂道の両側には土産店が軒を並べ、台湾らしい風情がいっぱいです。日本では”千と千尋の神隠し”で有名?に成ったノスタルジックな九フンです。

245002
245100
245002

九フンから十分へバスで1時間移動。6時からは十分の特設会場でクラブツーリズム単独の天燈上げイベント。
今回の参加者600名が3班に分かれての天燈上げと成りました。東京からは約200名後は名古屋と大阪からの参加者のようです。写真のように地元の皆さんによる太鼓・しし舞。そして点火担当は40名だそうです。最初に主催者の大きな天燈が上げられました。各自が願い事を書いた紙を張り付けたたくさんの天燈が上がっていく様はまさに幻想的で感動ものでした。(今年は3回開催)
動画はこちら

248000


2月25日(火)

この日は故宮博物院見学。あの有名な”翠玉白菜”と”肉形石”との再会です。最初の感動には及びませんでしたがやっぱり凄いです。今年6月からは東京国立博物館でもみられるとの事です。  

ツアーと言えばお土産や。そのお土産やは以前見学した中正記念堂の裏門付近でした。なお中正紀念堂の「中正」とは蒋介石の本名とのことです。 

5日間の周遊が終わり、台北14:30発で空路帰途へ。さすがに世界のIT工場台湾は出国審査にEチケットも必要なくパスポートのみの提示でOK。そう言えば・・・高速道路には料金ゲートがなく、すべて写真撮影。後日ナンバーを基に利用者宛てに請求書が届けられる仕組みだそうです。進んでますよね~。
今回の為替レートは1台湾ドル=3.5円でした。 


ホテル編
 

IT立国の台湾、全てのホテルでWi-Fi無料。3泊目はキングサイズベッドのツイン、4泊目は 執務室付きと個性的なホテルでした。


食事編
 

「金品茶楼」の小籠包や「欣葉」の台湾料理など老舗の味もいただきましたが、団体さん向けのお料理だったのでしょうか・・・・・でも美味しく頂きました。今回は日本で食べる台湾料理に比べ香辛料がちょっときつく感じたお料理もありましたが、皆さん美味しそうに召し上がっていました。 (残念ながら写真はあまり撮っていません。)


今回ツアーの最終案内によると同一出発日の参加者が198名、バス6台に分乗と書かれており、あまりの多さにビックリしました。現地ではガイドも同乗者(35名)も5日間同じなので通常のツアーと変わりありませんでした。また参加者が親子(母娘)、姉妹が多かったのが目立ちました。30代半ばで日本語達者な男性にはめずらしいおしゃべり好きな楽しいガイドさん、ダジャレも結構うけていましたのでご安心下さいね。5日間お世話になりました。そして楽しい旅をありがとうございました。

2014年2月 9日 (日)

45年ぶり・・・・

昨日の暴風雪は凄かったですね~・・・・ 45年ぶりの積雪記録更新だとか。

Dsc01925

Img_7017

朝雪かきを始めようと外に出るには暴風雪で閉ざされた玄関ではなくリビングから。長靴を履いていてもズブズブもぐってしまい上から雪が入ってきてしまうほどの積雪に改めてビックリ!

まずは出入り口の確保から・・・・・とにかくすごいです。

Img_7025

                               (※30㎝金指)
Img_7033

午前中はご近所の方と雪かき。こう大雪だと雪を集めておく場所がなく、普段は広い道路も両側は雪の山が続きます。

雪かきをしていて一休みしようと家に入って間もなく、屋根の雪が雪崩のように不気味な音をたてて落ちてきて、車庫の屋根(端の方)を・・・・・ビックリです。

Dsc01921

雪かき中(5分前)だったらと思うとゾッとしました。雪をまともに被っていたかも知れません。その場に居合わせたご近所の方に車庫の端を持ち上げてもらいながら車を道路に出しました。雪で折れた車庫の屋根が接触ギリギリ(接触?)だったのに車は凹みもなく無事なようでホッとしたのですが、その後よ~く観ると・・・車の上部に屋根が折れ曲がった瞬間の衝撃キズができていたり、後部のワイパーが破損していたりとガッカリです。

Dsc01926
屋根には雪止めが付いているのに・・・・・。

大雪に慣れてないこともあり大変な一日でした。明日は身体中のあちこちが筋肉痛になっているかも知れませんね。(若くないので明後日あたりかな。)せざるを得なかった雪かきで通院中の腱鞘炎が悪化しないといいのですが・・・・・ちょっと心配。

みなさまお疲れ様でした。歩く時は足元に十分気を付けましょうね。

2014年2月 8日 (土)

16年ぶり・記録的な大雪

発達中の低気圧の影響で、西日本と東日本の広い範囲で雪が強まり、関東甲信地方では16年振りの記録的な大雪となっています。

我が家の現在の外テーブルの積雪は27㎝。計測も大変でした。ガラス戸を少しでも開けると吹雪のため雪が室内に入って来るのです。(午後9時撮影)

Img_7009
Img_7014

玄関の扉は屋根があるにもかかわらず、北風が強まって暴風雪のためついに開けられなくなってしまいました。

現在も吹雪いているのでとても外には出られません。雪かきは明日に持ち越しです。

明日の朝まで降り続くとか・・・・・積雪が恐ろしいです。  (午後9時)

※今日予定されていたサークルの楽器演奏発表会は中止されました。みんなで半年かけて練習してきただけに残念です。(前日連絡有り)

2014年2月 7日 (金)

新年初顔合わせ

昨日6日は学生時代の親友達と今年初めての顔合わせをしました。それぞれ居住地が離れているので、中間地点の土浦で会うことになりました。

昨年も中間地点の土浦で一度待ち合わせをしたことがありましたが、その時はだいぶ前に花火大会で来た時以来久しぶりだったので、駅ビルができていたりと駅前が変わっていたので驚いたものでした。でも・・・・・通りは今回も閉めてあるお店があったりで人はほとんど歩いてなくちょっと寂しい街に感じ、花火大会時のあの混雑がうそのようでした。

駅に着きあちこちに張ってあるポスターを見て、「第10回土浦の雛まつり」がまもなく始まる事を知りました。

Img_7003

つるし雛が多いようでしたが既に飾り付けを終えているお店が何軒もあり、私達には思いがけずうれしいプレゼントになりました。

Img_20140206_140743_2

立ち寄った観光協会も準備で忙しそうでしたが、1階には大きな立派なお雛様が飾られていました。

Img_20140206_140716
Img_20140206_140934

食事をしたりお茶したり楽しい時間はいつもあっという間に過ぎてしまいます。実家の母と同い年の高齢の親と同居している彼女とは最近はお互い嫁の立場、娘の立場からのあれこれ話,しも多くなりました。彼女が当たり前の事として話しているお義母様への日常のあれこれは、私からみたら感心させられる事ばかりです。りっぱだなと思いました。それぞれの趣味の話は聞いていても楽しいし、すでに趣味の域を超えている人も・・・・・すばらしいです。ケーキを食べながらダイエットの話?・・・・・笑っちゃいますよね。街中を散策し亀城公園隣接の市立博物館を観て帰宅しました。又この地の機会があったら、今度は駅の反対側も散策してみたいです。

2か月に1度のお食事会(おしゃべり会)を楽しみにしている私達、次回は4月上旬に東京での再会(お花見?)を予定しています。そうそう土浦もさくらがきれいな所でしたね。

2014年2月 3日 (月)

成田山節分会

今日は「2014年成田山節分会」に行ってきました。5月上旬の気温となったせいもあり,人出も多く大賑わいでした。

今年は相撲界から人気力士の白鵬、稀勢の里や遠藤らが、またNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」の出演者岡田准一さん、中谷美紀さん、桐谷美玲さん、速水もこみちさん、片岡鶴太郎さんの参加がありました。

今日まいた豆は(3回計)大豆860kg・からつき落花生400kgだそうです。すごい量ですよねぇ~。

0203_010

1回目(11時)の豆まきが間もなく始まります。全員揃っての記念撮影のようです。
岡田准一さんはひときわ目立っていました。

0203_020

0203_030
いよいよです。
ラッキーにも正面遠くに・・・・・みなさんすてきでした。私の周りでは若いお嬢さん達がお互い撮った写真を自慢げに見せ合ってはキャーキャー楽しそうでした。(1時間待ったかいがありました。)
0203_040

0203_050

0203_060

0203_070

0203_080

0203_090

0203_100

公園には3種の梅(紅梅・蝋梅・白梅)が咲き始めていました。見頃はもう少し先のようでしたが・・・・・。22日から梅まつりとのことです。
0203_110

0203_120

0203_130

コートを手に持ち(中にはTシャツ1枚や半袖姿の人までも)公園やお店を散策した後、帰りには(これまたラッキーにも)制限ギリギリで長蛇の列に並ぶことができ、手配りの福豆をいただいてきました。

Dsc01875_2

shineこれから始まる新しい一年が、不幸や災いが無い一年になりますように・・・・・。shine

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »