« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月28日 (月)

秋ですね~

ベランダの大きな鉢植えの菊の花(直径70㎝)が4~5日前から見頃を迎え、今朝は満開になりました。買ってきた時はまだまだ小さな固い蕾でしたが・・・・・。

Img_6307

まだ奥の方に付いている蕾を咲かせるためにはお花を摘んで少しでも蕾を日光に当ててあげて下さいとの事でしたので、摘んだ花はこのようにしてコーヒータイムに楽しんでいます。

Img_6337

旧宅の庭の片隅に咲いているホトトギスの花です。毎年この花を観ると秋だなぁ~と感じます。と、同時に私にとってこの花はやっと旧宅のこまめな草取りから解放(?)される時をもたらす花でもあるのです。

Img_6292

何の花だと思いますか?・・・・・エシャレットの花です。午前中畑の様子を観に行った時かわいいので畑からとって来ました。

Img_6328

今年はどうしたのでしょう?毎年4月に咲くハナカイドウ(2012・4・13記載)がこの時期にたった一輪ですが美しい花を付つけています。満開の状態に気付いてから既に4~5日経っているのですが、最近の風雨にも耐え頑張って咲いています。春に比べ花持ちがいいようです。(垂れ下がって咲くので)下方から覗き込むと今日の青空とよく似合ってました。

Img_6303
抜いても刈っても直ぐに生えてくる草取りからやっと解放される季節になってきました。特に初夏~最近まで二軒の家と畑の管理は結構大変でした。

  

2013年10月22日 (火)

紅葉のコキア鑑賞

ひたち海浜公園の秋の目玉として有名な真っ赤なコキアを一度見たくて、この施設のホームページで紅葉情報を毎日のように楽しみにチェックしていました。でも~・・・なかなか見頃にならずまた台風の到来などもあり、「コキアカーニバル(9/14~10/20)」が終わってしまった昨日(10月21日)やっと見に行く事が出来ました。
例年(皆さんの記載写真:真っ赤なコキア)に比べ紅葉しない部分が多いようでしたが、丘一面に広がるい赤の世界で私達を迎えてくれました。                                        (写真撮影:夫)

10100 10200 10300
20100
30100 30200 30300

当日は久しぶりに朝から晴天の行楽日和になったので、Yさんを誘い”おしゃべり”しながらの楽しいコキア鑑賞と成りました。

Yさんから自宅栽培のブドウをお土産にいただきました。毎年こんなりっぱなブドウが100房以上も生るとか・・・・・すごいですよね~。愛情がいっぱい詰まった美味しいブドウ・・・・・ごちそうさまでした。

Img_6250

コキアを観たその足で母の元気な顔を見に実家に行き夫と一泊してきました。今回は母が出来上がりを楽しみに待っている記念のアルバム(祝・卆寿)を届けるのが目的でもありました。それぞれの写真に私なりのコメント(フォト5・7・5)をつけたアルバムを手渡すと、コメントも楽しみなのよね~と、とてもうれしそうに観ていました。母本人が気にしていたらしい写真写りも母なりに満足できたらしく(実際、とっても若々しく撮れています)、なおさら大満足の記念のアルバムになったようでした(笑)。喜んでもらえてよかた!これからも今の元気で長生きしてもらい「祝・白寿」のアルバムも是非作ってあげたいです。

昨夜も遅くまで母と懐かしいアルバム鑑賞やおしゃべり(思い出話・今心配な事・今気になっている事・最近の出来事など)が続きました・・・・・。

2013年10月16日 (水)

秋咲きミニカトレア開花

いつもは11月中旬過ぎに咲き始める秋咲きのミニカトレアが今年は1ヶ月以上も早く開花しました。

残念なのは、数日前、出窓のレースのカーテン越しに置いていた開花ま近のこの鉢が突風であおられ床まで落ちてしまい、5つあった蕾のうち上方の2つが折れてしまったことです。ランに関しては普段からこまめにお世話・管理している夫は自分で置いたとは言え(置いたからこそ?)、毎日楽しみにしていただけにかなりガッカリしていました。そこで折れた蕾を小さな器に水を少し入れ、そ~っと置くように挿してあげていたら、うれしいことに蕾が開花し始めました。

その他のランは例年通りであれば2月頃に開花するのかなぁ~・・・・・今から楽しみです。

Dsc01233
今日の午後に我孫子防災本部より避難所開設のメールが届きました。それも2か所です。夕刻テレビでは我孫子の水害のニュースが流れていました。調べてみたところ2年前の震災で液状化被害のあった場所も含まれています。震災後の対策は万全だったのでしょうか。お友達のところも一時は道路に雨水が膝まできてしまい盛り土してある家も水が床下ギリギリだったとの事で大変のようでした。お見舞い申し上げます。 

2013年10月 9日 (水)

サツマイモの試し掘り

台風の影響でとても風が強く、その上この時期には珍しく29℃と暑い一日でした。強風で時々帽子を飛ばされそうになりながら午前中農園で作業をしてきました。

ここ4~5日前から農園のあちこちでサツマイモの試し掘りを見かけるようになりました。我が家は植えたのが他区画よりも少し遅かったので、あと1週間先かなぁ~と思っていたのですが、楽しみな初挑戦のサツマイモを待ち切れず午前中試し掘りをしてみました。スーパーに行った時小さなサツマイモが5~6本袋詰で売っていたりすると、我が家もこの程度かなぁ~とあまり期待はしていませんでしたが、思ってた以上に育ってくれていたのでうれしくなりました。(この時期TVで観る子供達が農家の畑で掘るサツマイモは何て立派なんでしょう。プロはやっぱりすごいですね。)

Img_6238

サツマイモ作り経験者のYさんによると、家庭菜園で作ったのはあまり甘くないらしいのですが・・・・・種類にもよるのでしょう。早速今夜食べてみたら、2~3日前に買って食べたのと変わりなく美味しかったです。一度は作って見たかった初挑戦のサツマイモ。それなりに育ってくれているのがわかり残りの収穫が楽しみです。

現在の畑の様子です。

Img_6232

先日蒔いたコマツナとホウレンソウの芽が出てきました。手前左2畝がホウレンソウ、右のネットの中がコマツナ、奥のネットは台風の被害で蒔き直したダイコンです。ネット無しの隣り畝のダイコンは順調に育っているのですが、最近葉っぱを虫に食われはじめ、小さな穴が気になるところです。

今空いている左奥の方は今月末頃タマネギを植える予定です。その後11月に入ると豆類の準備になります。1年が経つのは早いですね~。

相変わらずモグラの被害に悩まされています。我が家の場合はそばに大きな木があり、夏はセミの穴が多いことからも肉食のモグラには快適な住まいになっているのかも知れません。ネットで調べたり、本を読んだりいろいろ研究はしているのですがなかなか駆除は難しいようです。で、今回は風車の他に本で紹介されていたこんな事をして様子を見ています。

Img_6233

今日は強風のため2機の風車が遠くまで聞こえるほどカラカラガラガラ回っていました。モグラに届いているといいのですが・・・・・実際はあまり効き目はないようです。

Img_6234
強風の今日はあまりにうるさいので作業中は風車を取り外してしまいました。(笑)

Img_6243
                                   秋ですね~・・・・・

2013年10月 2日 (水)

初秋の軽井沢

台風の隙間(20号と22号)の9月29日~10月1日の旅行でした。軽井沢の気温は最高でも20℃以下と関東に比べ5℃~10℃くらい低く過ごしやすかったです。また”晴れ女"改め”晴れおばさん”の私にふさわしい晴天続きで、まさに行楽日和の2泊3日でした。

保養所の秋(1泊目)
5年前に来た時はリニュアルオープンしたばかりの保養所でしたが、今回も以前と変わらずきれいなままの保養所でした。紅葉はまだですが、木漏れ日の射す中庭には名の知れないキノコがたくさん生え、芝栗の実も落ちており初秋そのものです。
これまで健康保険組合が運営してきた保養所は10月より外部の運営会社に委託が決まったので、次に行った時には変わっている事もあるのでしょうね~。、いい方に変わるといいのですが・・・・・。

10010 10020 10030

ハルニレ テラス
星野エリアに5年前には無かったショップやレストラン街が出来ていたので行ってみました。月曜日の午前中ということもあり人はまばらでしたが、オンシーズン時は若者達で賑わうであろうハルニレ(春楡)の木立とウッドデッキで繋がった小さな街でした。

20010 20020 20030

千住博美術館
滝で有名な千住博の美術館は軽井沢の自然な傾斜地に建てられており床が傾斜している珍しい美術館です。圧巻は3.4m×14.0mの”The Wall”専用展示室。地底湖の岸辺に展示しているようなイメージを具現化したものだそうです。お庭も含めゆっくり鑑賞できました。

30010 30020 30030

「白糸の滝」と「竜返しの滝」
写真左は軽井沢に来ると立ち寄りたくなる大好きな場所、白糸の滝です。高さは3mほどですが、幅が70mもあり、岸壁のそこかしこから流れ落ちる地下水が白い絹糸のカーテンのような美しい景観を造り出しています。右は今回初めて訪れた竜返しの滝です。この辺りは所々にクマに注意の看板があるせいか、腰にスズを付けてトレッキングを楽しんでいる人が多いところです。

40010 40020

旧軽井沢ホテル(2泊目)
今回は旧軽井沢銀座にも近い、クラシックでエレガントなこのホテルを選びました。早めのチェクイン・遅めのチェックアウトでしたのでのんびり付近の散策もでき一泊でもゆっくりできました。

50010 50020

フランスベーカリー
昭和26(1951)年、万平ホテルのベーカリーチーフを勤めていた初代が開業、人気商品はジョン・レノンも買っていたフランスパンです。もちろん買って帰りました。お店で食べたその他のパンもどこかなつかしい味がし美味しかったです。

60010 60020

風のガーデン・テラス
数日後にガーデンウエディングを控えているとか。10月に入るともう霜の心配があるらしく、きれいなお花でお客様をお迎えするために、今が見頃なたくさんのダリアの花の霜除け準備で忙しそうでした。真っ赤なリンゴが生っている木はまるでクリスマスツリーのようでかわいかったです。

70010 70030 70020

塩沢湖
浅間山を望む塩沢湖は、春の芽吹き、夏の深い緑、秋の鮮やかな紅葉、氷に包まれた冬景色と、四季折々の美しい風景を見せてくれるところです。200種1800株のイングリッシュローズがほぼ終わりだったのがちょっと残念でした.周りの木々は色付き始めグラデーションがきれいでした。

ペイネ美術館ではペイネ生誕105年記念「ラブ&メルヘン ワンダーランド」展が開催されていました。みなさんも見たことがある愛をモチーフにしたあのメルヘン調の愛らしいイラストです。新収蔵の作品、未公開だった資料の公開などもあり、こころ温まる美術館でのひと時でした。(写真右上は美術館入り口付近です。)

 

80010 80020
80050 80040 80030

お天気にも恵まれ、期待していなかった紅葉も、場所によってはとってもきれいで、何か得した気分のぶらり旅でした。3日間よく歩きました。帰宅後の今日は朝から陶芸のボランティア活動があり、忙しい一日でした。明日あたり疲れがドッとでるかもかも知れませんね。年齢からいうと明後日かな・・・・・?

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »