« エダマメの初収穫 | トップページ | ジャガイモの初収穫 »

2013年6月25日 (火)

あじさい巡り2013

今年もあちこちであじさいがきれいな時期になり、恒例のあじさい巡りをしてきました。アジサイの学名Hydrangea(ハイドランジア)は、ギリシャ語の 「hydro(水)+ angeion(容器)」が語源なそうです。まさにこの雨の季節にピッタリの花ですよね。

佐倉市郊外にある川村記念美術館の庭園は四季を通していろいろなお花で楽しませてくれます。今は1200本のアジサイが見頃を迎えとってもきれいです。ここのアジサイは種類も多くこころなしか色が濃いような・・・・・。
開館後間もなくの時間なのにすでにたくさんのカメラマンが来ていました。

1_0010
1_0020
1_0030
1_0040
1_0050
1_0060
1_0070

スイレン科 の「ヒツジグサ」。花がひつじの刻(今の午後2時)に開くことから名前がついたそうで、日本産の野生のスイレンです。

1_0120
1_0130
1_0140

植物学者の大賀博士が、発掘された蓮の実をもとに自宅の庭で発芽育成させた古代蓮(弥生時代以前のもの)が見事なピンクの華を私達に見せてくれています。

1_0210
1_0220
1_0230

庭園には「あじさい」や「すいれん」以外にもいろんな花が咲いています。蓮池の隣りの湿地には涼しげな青紫のポンテデリア(和名:長葉水葵)や、自然散策路の傾斜地や草むらにはヤマユリ、キキョウなどが咲いていました。ヤマユリは開花直前のつぼみ(開花は1本?)でしたので今週末あたりが見頃かも知れませんね。

1_0310

1_0320
1_0330

美術館前の白鳥池にはこぶ白鳥やかもが優雅に水面を泳ぎ、池の手前の藤棚の下には「シナガチョウ」が大きい声で鳴いていました。ちなみに支那で飼われていたガチョウだから「シナガチョウ」というようです。

1_0420
1_0410
最近オープンした酒々井アウトレットで昼食とお買い物。気温が高かったので殆どの人が店内(日陰)へ。平日なのに人気のポップコーンのお店だけは炎天下のもと長蛇の列で1時間30分待ちでした。今日はまだ待ち時間が少ない方とか・・・・・驚きです。

2_0010
宗吾霊堂大本堂の裏手には多種約7000株の広大なあじさい園(あじさい祭り期間中)があります。あじさいは全体的には見頃でしたが、柏葉アジサイ(内1000株)に関しては花房の元の方にまだつぼみが残っているのが多かったので今週末あたりが満開かも知れませんね。きっと以前観たようなもっともっと大きな花房で迎えてくれることでしょう。ここの柏葉アジサイは見事なのでお薦めスポットです。

3_0010
3_0020
3_0030
3_0040
ここ甚兵衛の渡しのピンクのあじさいはどこよりも色濃くとってもきれいでした。

4_0010
4_0020
4_0030

« エダマメの初収穫 | トップページ | ジャガイモの初収穫 »

あれこれ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562635/57664061

この記事へのトラックバック一覧です: あじさい巡り2013:

« エダマメの初収穫 | トップページ | ジャガイモの初収穫 »