« 花粉症とランの開花そして新車 | トップページ | 房総のむら 「河津桜」 »

2013年3月14日 (木)

筑波山梅まつり

ネットで開花状況を調べたら満開だったこともあり3月24日(日)まで開催されている「筑波山の梅まつり」に行ってきました。(私的には梅の花は雨上がりの3分咲きが好きですが・・・・。)筑波山は何回か頂上まで登ったことはあるのですが、梅まつりの時期に訪れたのは初めてです。

筑波山は標高877m、梅林は標高約250mにあり、つくば市の街並みはもちろんの事、遠くには富士山やスカイツリーまで見渡すことができるはずでしたが、今日は残念ながら曇りがちで見えませんでした。ここからのスカイツリーも見てみたかったです。これらの美しい風景と白梅・紅梅・緑がく梅など約1,000本(紅2割:白8割)もの梅を同時に楽しめるのが開催中の「筑波山梅まつり」の大きな特徴のようです。確かに素晴らしい眺めだと思います。

Img_20130314_120449

Img_20130314_111614_3

Img_20130314_120156

Img_20130314_120220_2
雨上がりの翌日ということもあり、木の幹の色といいお花といい一層色鮮やかでとってもきれいに感じました。
印象に残ったのは起伏のある梅林内の紅白に染まる梅と筑波石といわれる黒っぽい石とのコントラストの素晴らしさです。趣があってとてもよかったです。大好きな梅林の一つになりました。

梅まつり開催期間中ということもあり、梅茶のサービスや筑波山名物「ガマの油売り口上」などが催されていました。

Img_20130314_114636


帰りがけに立ち寄った梅林隣りにある「つくばね焼」では、奥様からいろいろなお話が聞けたり登り窯を見せていただいたり・・・・・作陶の励みになりました。

途中遅めのお昼を食べ(予定のお店はまさかのお休み)帰宅しました。新車購入後初めての観光ドライブでした。

※携帯のカメラなのでちょっと写りが・・・・・実際は色鮮やかでとってもきれいでした。

« 花粉症とランの開花そして新車 | トップページ | 房総のむら 「河津桜」 »

あれこれ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562635/56954480

この記事へのトラックバック一覧です: 筑波山梅まつり:

« 花粉症とランの開花そして新車 | トップページ | 房総のむら 「河津桜」 »