« 元気に育て夏野菜 | トップページ | 母の日 »

2012年5月12日 (土)

楽しみな再会(笠間)

前回(3月1日)に我が家で次回の再会を約束し楽しみにしていた5月10日がやってきました。内原の駅でS.Kさんと車で来てくれたI.Kさんの3人で待ち合わせ、「笠間つつじ公園」と「笠間稲荷の大藤と八重の藤」、そして「鳳台院の石楠花(シャクナゲ)」とI・Kさんの運転で花めぐりをしてきました。今年はサクラもチューリップも開花が遅れたように全体的に1週間位開花が遅れているようですね。

様々な品種のツツジが約8500株ある「笠間つつじ公園」の園内は、早咲きの花は散り始めていたのもありましたが遅咲きの花が見頃を迎えていて、小高い山一面のツツジがとってもきれいでした。今年は遅咲きの花も楽しんでもらえるようにと「笠間つつじまつり」の開催期間が1週間延長され20日までになったそうです。今は亡き父とこのつつじ公園や骨董市を訪れた時のことが懐かしいです。あの時もツツジは満開で私達を迎えてくれました。

Img_1902

Img_1907

「笠間稲荷の大藤と八重の藤」はどちらも樹齢400年、県指定天然記念物になっているそうです。大藤は少し最盛期を過ぎていたように思われましたが、まだまだきれいでした。八重の藤の方はぶどうの実のように花を付けるとっても珍しい品種です。この神社は別名、胡桃下(くるみがした)稲荷ともいい、クルミ林の中の祠(ほこら)から始まったという言い伝えがあり、今も境内に1本の神木とされているクルミの木があります。初めてクルミの花を観ました。実を付けたところも一度観てみたいです。

Img_1912

Img_1917

Img_1919
「鳳台院の石楠花」は例年であればもっと咲いている時期なそうですが、この日は2割程度の開花でちょっと残念でした。それでも今までに見たことも無かった真っ赤な大輪のシャクナゲの美しさにはみんなで思わず感動の声を発してしまいました。広い境内にある約2万本の色とりどりのシャクナゲが満開になったらさぞや美しいことでしょうね~。是非その頃もう一度訪れてみたくなりました。

Img_1923

Img_1932

Img_1928

Img_1933

Img_1931

Img_1938

お昼は(地元に詳しい)S.Kさんお薦めのフランス料理。レストランの名前を忘れてしまいましたが、メイン料理はもちろんデザートの盛り合わせまでとっても美味しかったです。

おしゃべりしながらの散策や美味しいお料理・・・・・とっても楽しい時間でした。次回再会(東京?)は7月4日を予定し、私はその足で実家へ1泊。(今回は予定があり連泊できず改めて後日出直す予定)I.Kさんには実家まで車で送っていただきありがとうございました。

« 元気に育て夏野菜 | トップページ | 母の日 »

あれこれ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562635/54686629

この記事へのトラックバック一覧です: 楽しみな再会(笠間):

« 元気に育て夏野菜 | トップページ | 母の日 »