« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月29日 (日)

沖縄5日間の旅

航空会社のマイレージと健保組合のビラ(ホテル内)2泊・ホテル2泊を利用して梅雨入り前の「沖縄」に行ってきました。沖縄ではレンターカーでの移動でした。以前行った時の旅行会社の企画したツアーとは違い時間や行き先も自由だからこそ時々選択を迷いながらも5日間沖縄の旅を楽しんできました。

なお、写真は「マイアルバム」にありますので、そちらも合わせてみて下さいね。

①4月22日-(那覇空港)⇒(美浜アメリカンビレッジ)⇒(ホテル) raincloudsun

「美浜アメリカンビレッジ」は米軍嘉手納基地の近くにある沖縄のなかにアメリカの文化をうまく取り入れたUSA気分満載のレジャーエリアです。空港着陸時降っていた小雨もここでの昼食を終え出発するころには止み、いよいよ旅が始りました。ホテル着後のベランダから見えるコバルトブルーの海、波の音・・・・・うわぁ~沖縄最高!!食事後のホテルでの沖縄舞踊のステージも皆さんノリノリで楽しかったです。

0422_11

0422_22

 

②4月23日-(古宇利島)⇒(今帰仁城跡)⇒(ビラ) suncloud 

「古宇利島」は今回訪れるのを楽しみにしていた一つの初めての場所です。青い海の上を約2kmにわたって一直線に延びる橋。両側に広がる海は透明度が高く、この日は日差しが強かったこともありエメラルドグリーンに輝きとってもきれいでした。この島でしばしのんびり・・・個人旅行でよかったー。この島での「海ブドウ丼セット」は新鮮な海ブドウがたっぷり入っていてとっても美味しかったです。

 「今帰仁城跡」では運よくツアーガイドさんをお願いでき一緒に歩けてよかったです。・・・(ニフェーデービル・ありがとう)・・・ホテル(ビラ)に戻ると海では楽しそうに泳いでいる人達が・・・・・気持ちよさそう~。

0423_13

0423_21_2

0423_31

 

③4月24日-(万座毛)⇒(備瀬のフクギ並木)⇒(美ら海水族館)⇒(熱帯ドリームセンター)⇒(ビラ) sun⇒⇒cloudrain 

沖縄に行くと必ず訪れる「万座毛」。サンゴ礁が広がる海に切り立つ断崖の先端は、まるでゾウの鼻のよう。沖縄本島随一の絶景ポイントですよね。夕景の美しさはまた格別のようです。

初めておとずれた「備瀬のフクギ並木」は、防風林として古くから活用されてきたフクギが立ち並ぶ本島最大規模のフクギ並木です。時折海が見えるきれいに清掃されている木漏れ日のなかのお散歩は、とっても気持ちよかったです。

 一度訪れてみたかった「美ら海水族館」。迫力ある大水槽では、ジンベイザメやマンタが長期飼育記録世界一を更新中とか。人魚伝説のマナティー館も大勢の人で大人気でした。

熱帯・亜熱帯の花々と珍しい果実が観られる「熱帯ドリームセンター」。今回は時間もたっぷりあるので途中庭園レストランでお茶などしながら、大好きなランの花々などゆっくり、のんびり観賞でき大満足でした。思えば私達がランに興味をもちはじめたのは昔ここでの生きいきとしたたくさんのすばらしいランの花々を観てからでした。この日のランの展示総数は3532鉢でした。すごいですよね~。東京ドームでの世界らん展は楽しみに毎年行っています。

0424_01

0424_10

0424_33

 

④4月25日-(残波岬)⇒(座喜味城跡)⇒(読谷やちむんの里)⇒(首里城)⇒(首里城周辺)⇒(ホテル) sun

 コバルトブルーの海と白い灯台のコントラストが美しかった「残波岬」。切り立った断崖が2kmにわたって続く景観は圧巻です。

世界遺産の「座喜美城跡」は琉球石灰岩の切り石積みの美しい城壁や沖縄最古のアーチ形石造門が残っている所です。城壁を屏風状に築いているのは郷土を保つための工夫とか。

ゆっくり訪れてみたかった「やちむんの里」。写真は青空に向かって延びているような登り窯です。ギャラリー・工房の職人さんとお話をしたりと楽しい時間をすごしました。お遊び陶芸をしているせいか、ついつい質問をしてしまいます。優しく説明して下さった皆さま、ありがとうございました。ギャラリー併設の食事処の沖縄そばは野菜でダシをとっているので健康にもいいですよとは店主談。味もやさしく美味しかったです。

王国時代の歴史を伝える琉球のシンボル「首里城公園」。正殿を観るのは初めてでした。建築様式や装飾品からは、中国の影響を強くうけていることが見てとれました。ホテルから近かったこともあり夜の公園のライトアップを楽しみに出かけたのですが、時間を間違え(係員の説明不足?)15分遅れで正殿のライトアップは残念ながら見れませんでした。でもその外部と守礼の門はライトアップされており、昼間とはちがった姿を見せてくれました。

真珠道(まだらみち)と呼ばれる首里金城町の美しい石畳道を、途中樹齢200年以上の大アカギ「などを観賞しながら散策しました。坂道は結構きつかったです・・・・・齢ですね~。

0425_12

0425_21

0425_32

0425_41

0425_51

 

⑤4月26日-(首里城周辺)⇒(壺屋やちむん通り)⇒那覇空港 suncloudrain 

天気予報に反して朝からいいお天気。チェックアウトまでのんびり散歩しながらホテル近くのびん型染めやサンゴ染めの工房を見学しました。確か妹は昔仕立ててもらったびん型の着物があるはずだけれど・・・・・着たことあるのかな~?・・・・・ふと思い出しました。手染めの作品はどれも美しく味わい深いものばかりでした。なかでも草木染めのびん型染めは落ち着いていて特にすばらしかったです。

楽しみにしていた「壺屋やちむん通り」。「やちむん」とは沖縄の方言で焼き物の意味です。400mの石畳の道に壺元や直売所など約50件が立ち並んでいます。約300年前、琉球王府が各地の陶工をこの地に集めてのがこのまちと壺屋焼きの始まりとか。ある壺元の棚に飾ってあった、今までに出会ったことがない何んともいえない深い青緑色の花瓶がとっても素敵で印象に残ってます。工房の中も見学させていただいたりと、気が付いたら結構時間が経っていました。その後平和通りをブラブラしたり昼食をとったりして旅もそろそろ終わりです。国際通りは今がシーズンなのか修学旅行の学生さんで賑わっていました。レンタカーを返却する頃になると到着時と同じ小雨が降ってきました。

0426_11

0426_21

旅行好きの私達ですが、羽田空港を利用するのは本当に久しぶりです。今はネットを使うとその時点で座席の指定まででき、当日空港ではマイレージカードだけですべての手続きが出来とっても便利になりましたね。国際線と違い空港での待ち時間が短くて済むのが楽でした。(手続き:夫)

時折降った雨(夕方~夜)も観光には影響なく自由気ままな楽しい5日間の旅でした。下調べや予約、諸手続き、慣れない車種での5日間の運転など夫に感謝です。お疲れさまでした。次回はどこに行こうかなぁ~・・・・・・。

2012年4月18日 (水)

生活習慣病セミナー

最近(だいぶ前から?)物忘れが気になってきたこともあり、ホテルで開催された生活習慣病セミナーに同年齢のお友達と参加してきました。第一部は「アルツハイマー病はこれで防げる」そして第二部は「サロンコンサート日本太鼓 」の演奏でした。

第一部・・・・・アルツハイマー病の原因はベータアミロイドという物資が脳に貯まることがそもそもの原因であることがわかってき、その沈着予防として注目を浴びている食物はカレー粉の黄色い成分ターメリックに含まれているクルクミンだそうです。その他魚の脂に含まれているDHA、赤ワインに含まれているポリフェノールなどすでに予防が証明されていることに関しては参加者の皆さんもご存知のようでした。サプリメントではビタミンCとEが有効とか。時折笑いを誘い始終脳の断面図などの映像を見ながらの先生の説明は私達参加者に解りやすくて良かったです。

生活習慣病はバランスのとれた食生活と運動(有酸素運動)が効果的なので是非お散歩をして下さいとの事でした。その他20~30分ほどの昼寝と社交が有効とされているそうです。メタボ対策もアルツハイマー病予防に効果があるそうです。誰でも年齢と共に沈着してくるベータアミロイドの溜まりを少なくして発症を先送りし、天寿を全うしましょうとのお話でした。

※うれしいことに米寿を迎えた我が母親は今のところ物忘れもほとんどなく、むしろ私よりしっかりしているかも知れません。

第二部・・・・・日本太鼓の演奏は迫力がありすばらしかったです。演奏者の健康と体力を見せつけられたようです。今は健康のために日本太鼓教室に通ってくる年配の生徒さんも多いそうです。

初めて電気炊飯器でホットケーキ(市販の粉使用)を作ってみました。以前お友達から聞いたことはあったのですが・・・・。シロップ漬けのクリがあったので入れてみました。失敗なくきれいに仕上がり見た目はふっくらとスポンジケーキとさほど変わらない?のですが、やっぱりホットケーキはホットケーキでした(笑)。味はご想像通りでそれなりに美味しかったです。切り分けて冷凍保存しておけば小腹がすいた時やお子さんのおやつに良いかも知れませんね。

Img_1612

Img_1613

2012年4月15日 (日)

布佐下のチューリップ

地元の情報紙に毎年話題を呼んでいる榎本菊冶さん宅のチューリップ(2500本)が今年も見頃を迎え、ご夫婦のご厚意で22日頃まで一般開放をしているという記事が載っていたので、一目観たく早速お伺いしてみました。

道路から少し路地を入ると奥まったお庭一面に2500本の色とりどりのチューリプ。咲いているのが個人のお宅の花壇なのですから驚きです。しっかりと太くて長い茎に支えられた一本一本の花がとっても大きく色鮮やかで、とにかくすばらしいの一言です。

Img_1577
ご夫婦に育て方などお話を聞くこともでき、帰りがけにはお花にも野菜にも効果があるという手作り肥料を分けていただきました。

折角なので初めての「木下万葉公園」まで足を延ばしてみました。この公園も春先に「パンジーで作ったお雛様」で情報紙に紹介された所です。あちこちで花びらがだいぶ散ってしまった桜の木が多い中、まだたくさんの花を付けている桜の木がありました。1週間前だったらさぞやきれいだったことでしょうね~。

Img_1580

Img_1582

Img_1586

Img_1597

Img_1600

2012年4月13日 (金)

我が家のカイドウ(海棠)

ご近所の桜の花(ソメイヨシノ)が満開になる頃(8日記載)、我が家のカイドウの濃いピンクの蕾が膨らみ始め、やがてその桜の花びらがヒラヒラと我が家に舞ってくる頃、あとを追うかのように我が家のカイドウが満開を迎えます。今年もこの時節がやってきました。

科名 バラ科の落葉小高木
原産 中国
樹高 3~5m
花期 4月~5月 

 
カイドウというと普通このハナカイドウをさすようです。開花の期間が短いのが残念です。

Img_1568

Img_1571

ネットで調べてみると・・・・・

”酔ってうたた寝している楊貴妃を呼んだところ、眠そうな顔で現れた姿を見て玄宗皇帝は、愛妻をこの美しい薄桃色の花の色のカイドウの花に見立て・・・「これ真に海棠の睡り未だ足らざるか」・・・と詠んだそうです。”

満開でも半開状態で、完全には開くことのないとても美しい花です。中国ではカイドウは「 ねむれる花 」「 睡花(すいか) 」などと言われ美人の形容詞に使われているようです。また長めの花茎を伸ばして、垂れ下がるように花を付けるのでスイシカイドウ(垂糸海棠)とも呼ばれているようです。

そしてカイドウの花が散り始める頃・・・・・大好きな日本サクラソウなど我が庭にもいろいろな草花が次々咲き始まる頃でもあり、楽しみは続きます。

ムスカリも年々少しずつ増えてきました。

Img_1572

2012年4月10日 (火)

今井の桜

今日はちょと曇りがちでしたが暖かくまずまずのお花見日和でした。明日は花散らしの雨になるようなので、午前中、田んぼの中約2kmにわたってずーっと桜並木が続いている「今井の桜」を観に行ってきました。ここは自宅からも比較的近くにありお花見の穴場になっているようです。どことなく風情があって好きな場所の一つです。

Dsc02525

ほぼ満開で大満足。でも同じよな条件で並んでいても時々見かけるお隣の樹は六~七分部咲きなのは何の関係なのでしょうね~?桜ばかりでなく銀杏並木などでも時々黄色の中に緑色の樹を見かけたりしますけど・・・・・?

Dsc02532

Dsc02529

昨年もそうでしたが何故かここは宴会をしている人達を見かけることもなく、殆どの人がカメラ片手にのんびりゆったり歩きながら桜を観賞していて落ち着いた長閑な雰囲気です。

Dsc02530

この季節になると毎年思うこと(新発見)があります。結構あちこちに桜の木が・・・・・花が咲き初めて気付く桜です。

帰宅途中、どこの公園も桜満開でとってもきれいでした。

2012年4月 8日 (日)

春ですねぇ~

ご近所のサクラがまもなく見頃を迎えます。今年はちょっと遅いような気がしますが・・・・・。蕾がピンクに色づき始めた頃から毎日楽しみに観ていたサクラです。青空にサクラの花・・・・・春ですねぇ~。

Dsc02502

Dsc02501

お散歩コースのゴルフ場裏側のサクラは満開でした。

Dsc02508

先日の4日は田町にある三井倶楽部の観桜会に行ってきました。今年は開花が遅れていたのでお花に期待せずに出かけたのでしたが、予想に反しうれしい3~4分咲きで私達を迎えてくれました。素敵なお着物姿のお客様も多いなか、美味しいお料理をいただいたりすばらしいヴァイオリンの演奏を聴いたり、お楽しみ抽選会などもあり、今年も優雅な一日を過ごしてきました。

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »