« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月22日 (日)

アンコールワットとホーチミン6日間

一度行ってみたかったアンコールワット遺跡群に2012年1月12日から17日までホーチミン観光を含むツアーに参加し行ってきました。 ここインドシナ半島は昨年の秋は記録的洪水に見舞われアンコールワットのあるシェムリアップも例外では無かったようです。今回の旅は乾季のベストシーズンを選んだのにもかかわらず、1度だけでしたが強烈なスコールに見舞われ(観光には支障なし)これには現地のガイドさんも驚いていました。

diamond1月13日(金) ベトナム ホーチミン&ミトー

flairホーチミン朝の通勤ラッシュ

朝8時30分過ぎのホーチミン市内はご覧のとおりものすごい数のバイクです。現地ガイドさんの説明では平均月収1万円弱らしいのですが、7~8万円するバイク(HONDA,YAMAHAが多い)がないと公共交通が発達していないホーチミンでは仕事につけないそうです。

私達の車ギリギリ走るバイクは車内から見ていてぶつかるのではとハラハラし怖いようでした。1日中バイクで溢れている市内は2人・3人乗りは当たり前で、子供との4人乗りも見かけました。事故も多いようです。(でしょうねぇ~)

Hochimhn1_1 Hochimhn1_2 Hochimhn1_3

flairミトー・メコン川クルーズ

ホーチミンからrvcarで1時間半。雄大なメコン川を船で横断し、途中の島で演奏を聴きながら珍しい南国のフルーツに舌鼓。

この島で一生忘れられない初体験をしました。何故か希望者(一列に並び順番待ち)の殆どが女性なのにはビックリ!暫らくするとエーッ、?・・・希望せずに(するはずがありません)撮影の様子を近くで見ていた私の首(肩)に(何を勘違いしたのか下を向いて日程表を見ていた時に)ドッシリ・・・(ビックリです)ウソーッ?・・・こうなると覚悟を決めるほかありません。怖々手で支える(持たされる)と意外とおとなしく肌スベスベ。(首の周りはスカーフをしてたので直接肌に触れず良かったーcoldsweats01)そうなんです、ニシキヘビを首に巻いての記念撮影サービスなのです。記念写真?証拠写真?バッチリあります。(ちなみに夫は大のヘビ嫌いとか・・・近寄らないわけだ)

レストランでの昼食はエレファントフィシュ(身をほぐし野菜巻きにして)などのミトー郷土料理でした。

Mytho_1 Mytho_5
Mytho_3 Mytho_4

flairホーチミン市内観光

先ず統一会堂へ。ここは旧南ベトナム大統領官邸。1975年4月30日、ここの門を北ベトナム軍の戦車が無血入場し、事実上ベトナム戦争は終結しました。世界中に流されたその映像がよみがえります。前庭にはその時のでしょうか2台の戦車が、そして屋上には脱出のためのヘリポートなどがみられました。

Hochimihn_1 Hochimihn_2
Hochimihn_3 Hochimihn_4
Hochimihn_5 Hochimihn_6 Hochimihn_7

diamond1月14日(土) ベトナム ホーチミン&クチ

flairクチ地下トンネル

ホーチミンからrvcarで北西へ1時間半。ベトナム戦争中に北ベトナム勢力によって掘られた対アメリカ軍用の要塞地下トンネル網です。総延長約250km、内部には作戦会議室やキッチン、宿舎、医療施設まであります。

体験できる木の葉で隠されていた四角の穴は体格のいい人や腰周りが太い女性は出入りが難しく人の手を借りながら四苦八苦していました。勿論私は即パスです(笑)他にも体験場所がありましたが・・・・・狭いです。

Cuchi_1 Cuchi_2 Cuchi_3
Cuchi_4 Cuchi_5 Cuchi_6

flairシェムリアップに移動

ホーチミンからシェムリアップへの移動はairplaneで1時間弱のフライト、あっという間です。機内で軽食を食べ入出国カード、税関申告書を書いたら到着しちゃいました。カンボジアはビザが必要で今回は自宅パソコンで”e-VISA”を取得していきましたが、問題なく入国審査を通過できてホットしました。でも指紋をみんなが撮られているのに撮られなかった人(夫)がいたのはなぜなのでしょうね・・・・?

Siem_1 Siem_2 Siem_3

diamond1月15日(日) カンボジア シェムリアップ

flairアンコールワットの朝日

朝5時ロビー集合。入場チケットの顔写真撮影などの手続きを終えガイドさんお薦めのポイントで待つこと約1時間。雲が多く半分諦めかけていた時空が赤くなってきて・・・・・ウヮーと何処からともなく歓声があがりました。美しい朝日を一目観ようと早朝にもかかわらずあつまった観光客の多さには驚きました。(駐車場は満杯でしたが、着いた時は真っ暗で周りの様子はわかりませんでした。)

朝日は全部の姿を現すことなく間もなく薄雲に隠れてしまいましたが、少しでも観れて良かったです。日の出の位置は塔の右側でしたがお彼岸の時は中央の一番大きい塔の真上に登るそうです。(写真では見ましたが実際に観てみたいですね。)

Sunrise_1 Sunrise_2 Sunrise_3
Sunrise_4 Sunrise_5 Sunrise_6

flairアンコールトム

12~13世紀にかけてジャヤヴァルマン7世によって構築された都市跡です。総延長12km(3km四方)にもおよぶ環濠と城壁に囲まれていて、アンコール王朝最後の栄華を誇った所です。

今回の旅で一番見たかったのはアンコールトムの中心にあるバイヨン寺院の四面仏観世音菩薩でした。と言うのも実は亡き父がこの菩薩を”無辺光”の題で画き1999年の水戸市芸術祭美術展で優賞を受賞していたからです。この穏やかな微笑みをたたえた観世音菩薩群には圧倒されました。今だったらいろんな話ができたろうになぁ~。

Athom_1 Athom_2 Athom_3
Athom_4 Athom_5 Athom_6

flairバンテアイ・スレイ

10世紀後半に建立された“女の砦”を意味する小さな寺院です。赤色砂岩と紅土を主材料として造られているため、寺院全体が赤っぽいです。中央の祠に刻まれたデバター(女神像)の微笑みは“東洋のモナリザ”と賞賛されています・・・・・確かにお美しいです。 このデバターに魅せられたフランスの作家アンドレ・マルローは盗掘して国外に持ち出そうとし逮捕されたそうです。

Bsrei_1 Bsrei_2 Bsrei_3
Bsrei_4 Bsrei_5 Bsrei_6

flairタ・プロム

12世紀に建てられた仏教寺院です。アンコール遺跡発見当時の景観で保存する方針で、あえて必要最低限の修理しかされていません。何度となく写真で見ていても巨大なガジュマルの木々におしつぶされた回廊を目の当たりにすると、熱帯の自然の脅威を感じます。

Tprohm_1 Tprohm_2 Tprohm_3
Tprohm_4 Tprohm_5 Tprohm_6

flairアンコールワット

アンコールワットはカンボジアの至宝。12世紀に建てられたヒンズー教寺院を仏教施設に替えた三重の回廊と五基の塔を持つ壮大な寺院です。インドネシアのボロブドール、ミャンマーのバカンと合わせ世界三大仏教遺跡の一つとして有名ですよね。夫は残る一つのミャンマーにも行きたがっていますが・・・・。

今回のツアーでは”安全上の理由から第三回廊には案内致しません”とパンフレットに書いてありましたが、ガイドさんの機転で運よく登る事が出来ました。でも急こう配な階段を上り下りしたので膝がガクガクです・・・・・・。

Awat_1 Awat_2 Awat_3
Awat_4 Awat_5 Awat_6

diamond1月16日(月) カンボジア シェムリアップ

flairアンコールワット国立博物館とオールドマーケット

シェムリアップの街の中心付近にアンコール遺跡から出土した石像やレリーフなどを展示している「アンコールワット国立博物館」があります。日本語も選べるビデオを上映しており、細かくわかりやすい展示でした。 

街の南側にはオールドマーケットがあり、生鮮食料品、日用雑貨、工芸品そしてお土産物を売るお店が所狭しと並んでいました。ここでシルク100%?(民芸品店の3分の1値)のテーブルクロスを買ってしまいました。まっ、それも旅の記念かも(?)

Museum Market_3
Market_1 Market_2

noodleホテル・ダンス・食事

flairシェムリアップのホテル

民族衣装の可愛い女の子の木琴演奏にはカンボジアを感じ癒されました。このホテルには日本語が堪能なスッタフがいて、何かと親切に声をかけてくれ滞在中安心して過ごすことができました。プールサイドのバーは夜遅くまで賑やかでした。NHKの朝ドラ(カーネーション)も見れました。

Hotel_1 Hotel_2 Hotel_3
Hotel_4 Hotel_5 Hotel_6 Hotel_8

flairアプサラダンス

アンコール遺跡のレリーフにも登場する宮廷舞踊(ゆったりした動き)を鑑賞しながらのアジアンビュッフェ。アプサラは”天女・天使”とみなされ、その踊りは神への祈りとして捧げられるものとか。

バリにしてもタイにしてもあの異様な手の反りは小さい頃からの訓練なのでしょうね~・・・・・毎回感心させられます。周りを見ると皆さん指に手を添え顔をしかめながら無理に反らしていました(笑)。観賞終了後ガイドさんに勧められ出演者と記念撮影をしました。(私達のテーブルはステージすぐそば)

Dance_1 Dance_2 Dance_3 Dance_4

flair今回ツアー中の食事 

初挑戦も含め全て美味しかった今回の食事。なかでも麺類(ベトナム:フォー、カンボジア:クイティウ)は最高!パン好きの私ですがあまりの美味しさにパンを食べることなく麺類ばかり食べていました。果物はスイカとパイナップルがとっても甘かったです。(記載は一部です。)

Syokuji_01 Syokuji_02 Syokuji_03 Syokuji_04 Syokuji_05
Syokuji_06 Syokuji_07 Syokuji_08 Syokuji_09 Syokuji_10
Syokuji_11 Syokuji_12 Syokuji_13 Syokuji_14 Syokuji_15
Syokuji_16 Syokuji_17 Syokuji_18 Syokuji_19 Syokuji_20

 

今回の旅行地ベトナムとカンボジアの通貨はそれぞれドン(1000ドン=4円)とリエル(100リエル=2円)ですが旅行者はともにドルでOKでした。成田での両替は1$=79.72円。円高は海外旅行には好都合ですが輸出立国日本にとってはと考えると複雑ですね。今回のツアーは11人(男3人女8人)の何かとまとまりのあるメンバー構成でした。現地の気温は32℃、帰国時の成田は2℃でした。

2012年1月 9日 (月)

手賀沼でカワセミ発見

数日前までの厳しい寒さもおさまり今日は風もなく穏やかな一日でした。お正月太りを解消するため夕方手賀沼の遊歩道をウォーキング中”カワセミ”を発見。早速(夕日を撮ろうかと)持参していたデジカメでパチリッ。以前も岸からかなり離れた沼の中の杭などにとまっているのを見つけたことはあるのですが、いつもデジカメを持参しているわけではないので・・・・・(初撮影)。

飛ぶ宝石とも言われているカワセミは背が美しいコバルトブルー、お腹は鮮やかなオレンジで長い嘴をもったきれいな鳥なのですが、岸から結構離れたところにとまっているので私のようなド素人が使うデジカメでは撮影できるのはこの程度・・・難しいです。今日は夕日も綺麗でした。

Dsc02055

Dsc02073

今日は成人式。買物に行った時、車の中から華やかな振り袖姿のお譲さんを何人も見かけました。若いっていいですねぇ~。これからの日本の主役となる皆さん”成人おめでとうございます”。

2012年1月 1日 (日)

初春

今年の干支は壬辰(みずのえたつ・じんしん)です。新しい種子が光を浴び、芽生え茂る様子を表しているそうです。皆さまにも希望の光が届きますようお祈り申し上げます。

午前中近くの神社に初詣に行ってきました。

Hatsuharu1

Hatsuharu2

Hatsuharu3

Hatsuharu4

昨年の東日本大震災により被災された方達を思うと新年のご挨拶に「おめでとう」を使うことにためらいが・・・・・いただいた年賀状も例年に比べ言葉を選んでいる方が多かったようでした。

明日は家族全員集合、楽しみです。

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »