« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月25日 (月)

アナログ放送終了

2011年7月24日の正午、東日本大震災で大きな被害を受けた福島、宮城、岩手の3県を除く全国44都道府県で テレビのアナログ放送が終了しました。1953年に始まったアナログ放送が、58年の歴史に幕をおろしたのです。

下の写真はその歴史的瞬間に立ち会うことが出来たので撮ったものです。

Dsc01005

Dsc01007_2

Dsc01008

Dsc01009

普段テレビが大好きで楽しみに見ている人はもちろんのこと、それほどでもない人なども、この日ばかりは10分前?位から歴史的瞬間に立ち会おうとテレビの画面に釘付けになっていたのではないでしょうか。もちろん私も楽しみにしていた一人です。(最近特に多いウッカリ忘れの見逃がしがないように・・・・・)

 

あっ、そういえば 我が家の車のテレビはまだアナログだ~!!!  どうしよう~・・・・・
(今となってはナビは使えるから、まっ、そのうちにでも・・・・・しかないですよねぇ~。)
 

Dsc01011

2011年7月23日 (土)

自家製アイスクリーム

サークル仲間にとっても簡単に作れ凍らせなくてもすぐに食べられると言う「フルーツアイスクリーム」を教えてもらったので、早速作ってみました。エッ凍らせないの?・・・・・

材料は皮をむいたバナナ+他の果物(缶詰可:これら全てを一口大に切って凍らせておく)と美味しい生クリーム1パックです。好みで砂糖を加え、フードプロセッサーでこれらがなめらかになるまで混ぜるだけで、ソフトクリームのような高級感あふれた美味しいフルーツアイスクリームの出来上がりです。すぐに盛り付けテーブルでどうぞ~・・・~美味しいですよ~。試しに残り少しを冷凍してみましたが、これがまたとっても美味しくって(写真)・・・・・他のメンバーも作ってみたかなぁ~?

今回はお試し(予定の半量)と言うことで生クリームを半分使い残りでバニラアイスクリームを作ってみました。これは何回か作ったことがあるので手際よく簡単にできました。

と、言うわけで写真は食後のデザート、自家製のバニラアイスクリーム(右)とフルーツアイスクリーム(左・・・少し残し冷凍したもの)です。肝心な出来立て(ソフトクリーム状態)は写真を撮るのも忘れ食前に美味しくいただいちゃいましたので、想像してみて下さい。(材料があればほんの数分でできるのですが・・・残念!)今回はバナナと白桃に砂糖を少々加えてみました。

Dsc00999_2

夏本番。庭に咲いたヒマワリの花です。同じ土(花壇)に同じ種を同時期に蒔いたのですが、不思議なことに花の大きさや開花時期がバラバラです。小さな花は2週間程前に咲き始まり、大きめな花がやっと今咲き始まりました。(ミックスの種だったのかなぁ~?)ヒマワリと言うと背丈よりもずーっと高く、しっかりした太い茎に顔よりも大きな花が咲いていつも太陽の方を向いていたイメージがありますが・・・・・最近は品種改良され種類も多く、中でも小振りなヒマワリに人気があるようですね。

Dsc00966

shineshine本日でブログ「”楽”あれこれ」”を開設して1周年を迎えることが出来ました。知人にブログ開設を勧められ好き勝手なことを書きながらいつの間にかの1周年。さてこの先いつまで続けられるかわかりませんが・・・・・「”楽”あれこれ」・・・いろいろな出会いが楽しみです。shineshine

2011年7月16日 (土)

新暦のお盆

新暦のお盆なので泊まりがけで私の実家のお墓参りに行ってきました。まず母の顔を見て一安心。部屋に提灯が下げられたり置かれたり、田舎のお盆って何となくいいですよねぇ~。

今年米寿を迎えた母は何かにつけ私達兄妹家族が集まるのをとても楽しみにしてくれています。普段でも毎日のように人の出入り(お茶のみ友達)が多い家ではあるのですが・・・・・。歳の割には若く見えても、(当然ですが)やっぱり身体のあちこちには支障があり持病もあったり無理をしている部分が多々あるようで、顔を合わせるたびに弱音を吐きますが、口だけはとっても元気な母です。普段でも就寝が遅い母ですが、私が泊る時の夜のおしゃべりはいつも日付が変わってしまい、寝るのはいつも深夜です。それでも朝はいつものように早く起き、例の猫ちゃん達の世話(4月23日記載)から一日が始まり、朝食作りお仏壇など毎朝1時間半の仕事をこなしています。(若い人以上に頑張っています・・・・・元気の源かも)

元気に過ごしていられるのは何と言っても隣に住んでいる兄夫婦が精神的に大きな支えになっているからでしょう。

Img_0896

自分でできることは自分で・・・・・

できる限り人に迷惑をかけないように・・・・・

生前、父がよく言っていた言葉です。

2011年7月12日 (火)

咲いた 咲いた コチョウラン

5月27日にブログにアップした3年前に贈られたコチョウランですが、開花後約2ケ月経った今、花数も増え毎日楽しませてくれています。(花径10、5㎝)

Img_0886

みんなに再度咲かせることは難しいかもと言われ続けてきたあのコチョウランです。途中元気がなくなり(枯れかけて)諦めかけたり・・・・・でも、諦めなくってよかった!!

私の気持ちが伝わったようでとってもうれしいです。

咲いた 咲いた コチョウラン    咲いた 咲いた きれいに咲いた

※3年前贈られた時のりっぱで華やかなコチョウランには及びませんが・・・・・大満足です。

2011年7月 8日 (金)

今日の収穫

朝のうちに行けなかった畑に夕方涼しくなってから行ってきました。収穫だけと思って行ったのですが、ついつい草取りをしてしまい汗ビッショリになってしまいました。

突風の被害にあい倒れてツルが折れたりしたキュウリでしが、その後浮き加減だった根も落ち着いたようでまた収穫できるようになりました。トマトは色付き始めると真っ赤になるのは早いのですが・・・・・たくさんなっていてもまだまだ青く、一度にたくさんの収穫はありません。写っていませんがナスは3個でした。(すぐ料理に使っちゃいました。)

Img_0721

この頃ちょっと不思議な悲しい事が・・・・・2日後あたりが真っ赤な完熟トマトかな~と思って楽しみにしていると(アレッ?)なくなっているのです。きっと我が家のトマトがよほど美味しそうに見えたのでしょうね~・・・・・(その方?には)。それにしても・・・・・あ~残念!!

※ご近所区画の人の話によると、毎年この時期は作物の被害?が結構あるようです。(簡単に手でもぎ採れるトマトの被害が一番多くナスはあまり無いとか。)

2011年7月 2日 (土)

イタリア10日間(ローマ編)

onetwoヴァチカンsun  6月25日(土) AM

 ローマ法王庁のあるキリスト教の聖地≪ヴァティカン市国≫の観光

ヴァティカン市国はローマ市内の一角にある独立国家です。その小さな領土内には芸術的・建築的最高傑作の数々が集まっています。 市国の中心ともいえるサン・ピエトロ広場をはじめ、サン・ピエトロ大聖堂はラファエロ、ミケランジェロらの芸術作品が結集した世界最大の宗教建築物です。 

ヴァティカン博物館内ではシスティーナ礼拝堂のミケランジェロの壁画・天井画をはじめ、歴代の法王による膨大な芸術コレクションを見ることができるのですが、今回のツアーには入っていないのがすごく残念でした。次回のお楽しみにということにします。

※調べてみたら世界最小国であるバチカン市国の面積は0.44平方キロメートル、USJの面積は0.39平方キロメートル、東京ディズニーランドは0.51平方キロメートルだそうです。

Dsc00815

Dsc00783 Dsc00784 Dsc00785
Dsc00801 Dsc00802 Dsc00803
Dsc00787 Dsc00788 Dsc00819

 

onethreeローマsun 6月22日(水) AM~PM

 「ローマは、一日にして成らず」「すべての道はローマに通ず」の≪ローマ歴史地区≫観光

ローマの遺跡と言えばローマ時代だけと勘違いしがちですが、ルネッサンス・バロック時代といった用に様々な時代の風景があり、この中にカフェやレストランそしてブランドショップが軒を並べている世界にもまれな魅力的な街です。

ローマというと映画「ローマの休日」が思い出されます。すでに気分はオードリー・ヘップバーン?もちろんジェラート(€3)食べましたが、スペイン広場は今は飲食が禁止になっていました。(そうそう、ここここ、ここよねぇ~。ここってあの時のシーンよねぇ~。真実の口ってもっと大きいのかと思ってた~)・・・女性群は賑やかです。名シーンを思い浮かべ楽しい再現映像を撮ってきました。(笑)

※ローマに行ったらパンテオンの近くで自家焙煎のコーヒーを飲ませてくれるタッツァ・ドーロの薫り高いコーヒーシャーベット(カップで上下はたっぷり生クリーム€2・5)を是非食べてみて下さい。さすが人気があるだけにとっても美味しかったですよ。(ガイドさんの一押し)グラニータ・ディ・カッフェ

Dsc00822 Dsc00833 Dsc00831
Dsc00837 Dsc00839 Dsc00841 Dsc00845
ヴェネツィア宮殿1 Dsc00850
Dsc00862 Dsc00863 Dsc00859
Dsc00875 Shinjitsu_kuchi Dsc00879 Dsc00882
Dsc00903 Dsc00894 Dsc00905 Dsc00908
Dsc00914 Dsc00915 Dsc00917 Dsc00919

flair 今回の旅行で訪ねた世界遺産 flair

1. フィレンツェ歴史地区
2. ピサのドゥオモ広場
3. ヴェネツィアとその潟
4. ヴェローナ市街
5. ナポリ歴史地区
6. アマルフィ海岸
7. ポンペイの遺跡
8. アルベロベッロのトルッリ
9. マテーラの洞窟住居
10. ヴァティカン市国
11. ローマ歴史地区

 

flair イタリアのチップ事情 flair

「トイレ」・・・ 基本有料。ピサの斜塔では30セント、通常は1ユーロ程度 (チップではなく有料なのでお釣りをくれます)
「レストラン」・・・ 食事つきのツアーなので飲み物を頼んだ場合1人50セント(添乗員の指示)
「枕銭」・・・ 1人につき1ユーロ(添乗員の指示)

 

flair 治安について(今回の旅行で見たり遭遇したこと) flair

☆ ”写真撮ってくれませんか”と声をかけてくる ・・・ 窃盗グループとのこと (ピサ)
☆ 子連れのジプシー女性 ・・・ 窃盗グループとのこと (ロ-マ)
☆ 目つきが悪い鋭い人達 ・・・ 窃盗グループとのこと (ナポリ)
☆ 鳩の餌を受け取る、ミサンガを受け取る  ・・・   高額代金を要求されます (ミラノ)
☆ 古代人の姿をしたグループの写真撮影 ・・・ 高額代金を要求されます (ロ-マ)

 

やっぱり行ってよかった!!  最高の旅でした。

イタリア10日間の旅 おわり  (北イタリア編はこちら南イタリア編はこちら

 

2011年7月 1日 (金)

イタリア10日間(南イタリア編)

sixナポリsun  6月21日(火) PM

 午後ミラノのリナーテ空港から1時間半のフライトでナポリ空港に到着。≪ナポリ歴史地区≫の観光です。

「ナポリを見てから死ね」と昔から言われてきた街ですが、今は治安が悪くナポリ中央駅の近くのホテルにいながら外出を控えるようにとの注意にはちょっとがっかりしました。でもめげずに近くのスーパへ水の補給をしに買物に行って来ちゃいました。ゴミ問題も解決していないらしく、現地のTVニュースでも何度か取り上げていましたが大量のゴミが散乱しているところが何か所もありました。

Dsc00560 Dsc00561
Dsc00562 Dsc00634 Dsc00663

 

sevenアマルフィsun 6月22日(水) AM

 海沿いの断崖絶壁が続く美しい海外線≪アマルフィ海岸≫ドライブ。

アマルフィは小さい街ながら海に面し複雑な地形が敵の攻撃から守るのに適していたため海洋共和国として栄えた港町です。真っ青な地中海の美しい海岸線は大統領の別荘もある高級別荘地として有名だそうです。

果物の出店も有名らしく中でも人気のサクランボ(1㎏€5)はとっても大きくて甘く美味しかったです。イチジクも食べてみたかったなぁ~。いろいろなおもしろい形の色鮮やかな陶器が所狭しと飾られているお店は見ていても楽しくお土産を選ぶのに迷ってしまいました。海水浴も気持ちよさそうでした。

Dsc00570 Dsc00573 Dsc00577
Dsc00585 Dsc00588
Dsc00594 Dsc00601 Dsc00603

 

eightポンペイsun 6月22日(水) PM

 噴火したヴェズヴィオ山に埋没した街≪ポンペイの遺跡≫観光。

西暦79年に噴火したヴェズヴィオ山はポンペイやその他山麓の町々を灰と溶岩の下に埋没させました。 ポンペイはガスと火山灰で覆われたため発掘が進むと原型が現れたようで、神殿、劇場、市場、浴場などがはっきりとみる事が出来ました。

説明がとっても解りやすかったのは良かったけど・・・・・約1時間半の炎天下の観光は暑かったーっ!!

Dsc00612 Dsc00613 Dsc00615
Dsc00618 Dsc00623
Dsc00625 Dsc00626 Dsc00630

 

nineカプリ島sun 6月23日(木) AM

 地中海の真珠カプリ島と青の洞窟

ナポリ湾をジェットホイール(1)で1時間弱進むと「地中海の真珠」として知られるカプリ島に着きます。カプリで小型ボート(2)にそして洞窟の手前で4人乗り手漕ぎボート(3)に再び乗り換えいよいよ青の洞窟に入ります。

(体を沈めて頭を下げて~・・・OKですか~・・・ソーレッ・・・ウヮァ~)神秘の世界です。今回は青色が最も映えるといわれている晴天の午前中に入場でき、その絶景を堪能しました。添乗員さんの話によると波の関係で入れなかったツアーグループには必ずと言っていいほど旅行中ずーっと機嫌が悪い人がいるとか(苦笑)・・・・・私達はもちろん全員ずーっと上機嫌でした。

ここのジェラートも美味しかった!(€4)

Dsc00639 Dsc00640
Dsc00644 Dsc00643 Dsc00645
Dsc00651 Dsc00650 Dsc00652
Dsc00653 Dsc00654

 

onezeroアルベロベッロsun 6月23日(木) PM  6月24日(金) AM

 ナポリに戻り一路おとぎの国のようなアルベロベッロへ≪アルベロベッロのトゥルッリ≫の観光です。

トゥルッリとは白い漆喰塗りの壁に円錐形のとんがり屋根が特徴的な、この地方のみでみられる一風変わった建物です。

アルベロベッロの旧市街にはトゥルッリの家々が密集し、坂道が迷路のように続いていて、まるでおとぎの国に迷い込んだかのような雰囲気です。みんなで可愛いねぇ~の連発でした。 見れてよかったー!・・・楽しみにしていた観光地の一つでした。

明日予定の観光が待ち切れず到着そうそう下見に行きました
Dsc00676 Dsc00677 Dsc00672
”夜もきれいですよ”と言う言葉に誘われて行きましたが10時近くで人はまばらでした
Dsc00694 Dsc00695 Dsc00697
朝から今日も上天気です
Dsc00711 Dsc00713 Dsc00717
Dsc00725 Dsc00730
Dsc00743 Dsc00745 Dsc00761

 

oneoneマテーラsun 6月24日(金) AM

 洞窟住居で有名な≪マテーラ洞窟住居(サッシ)≫の観光です。

谷の岩場の斜面を掘った洞窟住居が広範囲にわたり完全な形で現存している貴重な遺跡で、マテーラの洞窟に人々が住むようになったのは旧石器時代に遡るともいわれています。その後、家としての形が整えられ、通路や教会も築かれて人々が生活を営む町になっていったようです。

観るからに世界遺産という感じで、写真中央の教会は映画”パッション”の撮影に使われたとのことでした。

Dsc00766 Dsc00769 Dsc00775

 

bleahローマ編へつづく)  (北イタリア編はこちらから)  happy01

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »