« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月27日 (金)

自宅の草花-part4-

先日の雨上がりに撮った「ニゲラ」です・・・・・昨年のこぼれた種からの開花です。

Dsc00112

 

今年どういうわけか花が付くのが少なかった「カルミア」です・・・・・昨年私が剪定したせいかしらsad

Dsc00116

 

3年前の6月、主人の退職祝いに私の兄妹から贈られた大きな「コチョウラン」が3年ぶりに咲きました。しかも3本立ちの株すべてが順調に伸びてきています。今一番の楽しみですwink

Dsc00129

 

天気予報とは違い午前中は薄日が差し過ごしやすい日でした。でもテレビのニースによると今日関東甲信・東海が例年より12日早く(観測史上2番目)梅雨入りしたようです。

Img_3434

                                                   (自作)

2011年5月26日 (木)

ソラマメの初収穫

初挑戦の育ちが悪かったソラマメにもそれなりに収穫期がやってきました。我が家の記念すべきソラマメの初収穫です。(5月26日撮影)

Img_3418

Img_3424

さやの中身を指で何気に確認しながら、ていねいにさやを開けると、中から美味しそうなソラマメが・・・・・予想に反しての嬉しいビックリでした。種の袋に書いてあった説明では一つのさやに3粒できるようでしたが、我が家は三粒は無く、ほとんどが二粒で一粒のもありました。でも・・・・ちょっと収穫が早かったみたい。もう少しサヤが黒っぽく色付き始めてからがよかったみたいです。畑には大きくてもまだ空に向かって付いているのや、まだ小さいさやを付けているソラマメがあります。丈があまり伸びず成長を心配していた今までとは違い、残りの今後の収穫がちょっと楽しみになりました。

今日もキヌサヤとスナップエンドウがたくさん採れました。午後サークルの練習があったので採りたてをお友達にさしあげました。娘たちにも明日届ける事になっています。

Img_3397

私たちが借りている市民農園に隣接している田んぼでは、午前中近くの小学生(5年生)が楽しそうに田植えをしていました。カラフルなゴム手袋が印象的でした。今の子供達には貴重な体験学習ですよね。散歩途中の見物人もいたりしてにぎやかでした。農家の人の田植えはだいぶ前に済んでいたようでしたが・・・・・

Img_3404

2011年5月23日 (月)

(続の続)二通りのイチゴ栽培と初収穫

ポットのイチゴがやっと色付き始めました。うれしい完熟5粒の初収穫です。(5月23日撮影)

ご覧のように畑に比べると果実はかなり小粒です。と言うのはビックリするほど成り過ぎていた果実を長い間うれしく見守り過ぎて、摘果に気付くのが遅かった事と移植したのも時期はずれだったからだと思います。

小さくても畑のイチゴと同じくらいとっても甘いです。(肥料は液体肥料と米のとぎ汁)

ポット栽培は庭先に置き、いつでも楽しめるのがいいですよね! 観賞用としてもとっても可愛いでしょう~

※今日は夕方から夜にかけて大雨の予報。早速屋根のあるところに移動しました。結構気を使っているのです。(ポットは便利です)

Img_3392

(下の写真)畑ではイチゴ狩り(?)を楽しんでいます(笑)。4~5個くらいの時もありますが、今日は大小合わせて18粒の完熟イチゴの収穫がありました。

今年の畑は植え付けの場所が狭くなったとは言え、やはりポットに比べるとのびのび育ち粒が大きいです。

Img_3372

ポット栽培の方が早く収穫出来るかと思っていたのですが・・・・・ハズレました。(i移植時期の遅かった我が家に限ってかもしれませんが・・・・・?)

※、お米のとぎ汁を使用したポット栽培と、とぎ汁を使用してない畑での二通りのイチゴ栽培の甘さ比べは、どちらも完熟収穫だったせいか、同じくらい甘かったです。というわけで、我が家のお米のとぎ汁効果はわかりませんでした。私的にはポット栽培(粒が小さい)は観賞用、畑(粒が大きい)はデザート用かな~・・・イチゴの種類にもよるのかも知れませんね。(いただいた苗なので名前がわかりませんが・・・)後で知人に聞いたところによると、とぎ汁使用はカビの発生(?)などの原因もあり賛否両論あるようでした。

2011年5月22日 (日)

三種類のマメ・タマネギ・エシャロットの収穫

我が家の初挑戦の育ちの悪いソラマメはそれなりに花をつけ、いつしかそれなりに実を付けるまでになりました。(ご近所に比べるとちょっと恥ずかしいのですが・・・・)ふちの色が濃くなり、さやが下向きになったら収穫できるので、間もなくのその日を(あまり期待せず)待つことにします。とは言え、それなりのものでもやっぱり楽しみにしている私です。

Img_3360

※ソラマメの和名の由来は、さやが空に向かってつくため空豆、または蚕を飼う初夏に食べ、さやの形が蚕に似ていることから蚕豆という字があてられたとか。酒処では天豆と表示している場合も多いそうです。

キヌサヤやスナップインゲンは収穫の最盛期をむかえています。毎日収穫しないと食べ頃が過ぎてしまうのでお友達にも食べていただいたりしてます。娘達にも届けたいなぁ~。

Img_3371

Img_3368

昨年植えた方(今年は赤タマネギ)の初めてのタマネギ(普通・22個)は収穫期を待たずして大きいところから食べ始めたり、さしあげたりしていたので、今では残り少なくなってしまいました。その場所を利用してエダマメを植えたいので残りを一気に収穫しました。(顔を出していたタマネギにご丁寧に土寄せをした人(収穫時期を知らなかった主人)がいてビックリするやらおかしいやら・・・・・初挑戦らしいでしょう~)※数日前エダマメの種をポトに蒔きました。

Img_3361

エシャロットは思っていたよりたくさん付いていてビックリです。たくさん収穫できたのでネットで調べたレシピを参考にいろいろなおつまみに挑戦中です。で、主人には美味しい酒の肴になっています。

Img_3376

今月5日に植えたトマト・ナス・ピーマン・キュウリは順調に育ってます。キュウリ以外は実を付け始めています。

Img_3364

2011年5月19日 (木)

自宅の草花-part3-

今日は風薫る穏やかな一日でした。

私にはこの時期になると不思議と思いだす詩があります。

”貧しいから あなたにあげられるものといったら 5月のさわやかな風と あなたを精一杯愛するこころだけです。それでも結婚してくれますか?”

・・・・・(昔TVの番組で詠まれていた詩です。)・・・・・

今自宅に咲いているお花-PART3-です。バラがとってもきれいです。芍薬は今年たくさんの蕾をつけました。切り花をお部屋に飾り楽しんでいます。(5月19日撮影)

Dsc00010 Dsc00020
Dsc00035 Dsc00040
Dsc00050 Dsc00060
Dsc00070 Dsc00080
Img_0090 Img_0100

2011年5月15日 (日)

自宅の草花-part2-

今日は風がちょっと強いのが残念ですが初夏を思わせるような日差しの強い一日でした。

今自宅に咲いているお花です。(5月15日撮影)

特に珍しいお花ではありませんが・・・・・ 心癒されます。

Img_3326 Img_3327 Img_3329

  

Img_3330 Img_3334 Img_3335_2

  

Img_3336 Img_3340 Img_3342

お花がある生活っていいですよね~

-part3-をお楽しみに・・・・・

※母の米寿のお祝いの時のアルバムが完成しました。明日その後の母の様子を見に行きながら届けようと思ってます。喜んでくれるといいなぁ~・・・・・

2011年5月13日 (金)

(続)二通りのイチゴ栽培と初収穫

今年も真っ赤なイチゴが採れました!!初収穫です。美味しそうでしょう~

Img_3324_2

                                              (器・自作)

以前(4月7日)二通りのイチゴ栽培(畑とポット)について書いたことがあるのですが、さてさてどちらのイチゴの初収穫だと思いますか?花は同じくらいに付け始めたようでしたが・・・・・

実は液体肥料やら米のとぎ汁で可愛がって育てているポット栽培のイチゴ・・・ではなく、畑のイチゴなのです。6日前の母の日に畑に行った時、薄ピンク色に色付き始めていたのに気付き、この2~3日楽しみに初収穫を待っていました。

両方の味比べを楽しみにしている件ですが・・・・・ポット栽培の方は少しずつは大きくなってきてはいても、まだまだ色付くまでには日数がかかりそうでし、たくさん成っているのですが実がだいぶ小粒のようです。でもポットのあちこちから真っ赤なイチゴが垂れ下がってきたらかわいいでしょうねぇ~・・・・(その時点で甘さはどうでもいいような気になるかも知れません)

で、畑のイチゴのお味ですが粒は不揃いでも完熟なので、スーパーで買ったイチゴ(時々ガッカリさせられます)よりとっても甘く美味しかったです。本当にポット栽培は畑よりも甘いのでしょうかねぇ~?・・・・・でも、今日以上の甘さってあるのかなぁ~?

※収穫直前のイチゴ畑の様子を紹介しようと思っていたのですが、うっかり感激のイチゴ狩りを先にしてしまいましたhappy01

今日もキヌサヤとスナップエンドウを採ってきましたが、もう毎日のように収穫できそうです。

2011年5月 9日 (月)

夏野菜の植え付け

夏野菜の植え付けが終わりました。苗は地元で良い苗と評判の苗屋さんで買ったトマト5本(おどりこ、アイコ・ミニ、桃太郎ヨーク)、ピーマン2本、キュウリ5本、ナス3本(千両)の計15本です。(赤タマネギを植え過ぎたようで場所があまりありません。)

昨年は全部接ぎ木だったのですが、買いに来ていたおじさんが土壌が良ければ普通苗で十分と言っていたので、今年は接ぎ木と普通苗を混ぜて買ってみました。土壌がよければ?・・・(大丈夫かなぁ~?)

現在の畑の様子です。(5月8日撮影)写真左奥の方にジャガイモ、赤タマネギ、赤ネギ,イチゴが植えてあります。

0508_010

 

今日現在ではミツバ、タマネギ、ソラマメ、キヌサヤ、ジャガイモ、赤タマネギ、赤ネギ、イチゴ、スナップエンドウ、ナス、ピーマン、キュウリ、トマト、シマニンニク、エシャロットの15種類です。今年はエダマメ、インゲンは場所がなく諦めました。そうそう、初挑戦してみたかったトウモロコシも・・・・

キヌサヤとスナップエンドウが少しずつ収穫できるようになりました。開花は早かったのに・・・やっとです。

普通のタマネギは未だ収穫時期には早いのですが、結構大きくなっているのでサラダで美味しくいただいてます。

0508_020

 

今日は母の日で娘がいろいろプレゼントをもって遊びに来てくれました。旧宅に住んでいる息子も来て、久しぶりの全員揃っての快食でした。動いていると少し汗ばむほどのとってもいいお天気だったので、食後は一緒にツツジがきれいに咲いている手賀沼遊歩道を散歩したり畑に行ってタマネギ、エシャロット、キヌサヤ、スナップインゲンの収穫したりして楽しみました。

0508_025

 

手賀沼の遊歩道のツツジが今とってもきれいです。(5月8日撮影)気持ちいいですよ~

0508_030

2011年5月 5日 (木)

ひたち海浜公園と笠間陶炎祭

母の米寿の祝い(5月2日)で帰省し2泊してきました。夫婦で泊るのは久しぶりなので、母も嬉しかったようです。

翌3日は朝から国営ひたち海浜公園へ母を連れてチューリップとネモフィラを見に行ってきました。海浜公園にはこれまでにも何度か行ったことはありますが、この時期に行くのは初めてで、うわさ通り素晴らしく「うわぁ~きれーい」と、思わず3人一緒に声をだしてしまいました。 お花の好きな母は種類の多さにも驚きながら色とりどりのチューリップを嬉しそうに見ては感動していました。

Img_1001 Img_1002 Img_1003_2
Img_1004 Img_1005 Img_1006
Img_1007 Img_1008 Img_1009

  

この時期のもう一つの楽しみがネモフィラです。清楚な花が広大な丘一面に咲き誇っていました。お昼近くなり雲が出てきてしまいました。紺碧の空だったらもっと見応えがあったことでしょうね~・・・・・ちょっと残念。

とは言え、初めて見た素晴らしい風景は感動ものでした。母はこの感動を忘れないようにと 記念にネモフィラの花を2ポット買いました。

Img_2001 Img_2002 Img_2003
Img_2004 Img_2005 Img_2006

  

4日は私たちだけで笠間で毎年GW中に行われている陶炎祭(ひまつり)に今年も行ってきました。

実家を出るのが少し遅れ、笠間に着いたのが9時半を過ぎてしまったためもう駐車場は満車状態。この時間では並んでも出てくる車はなさそうなので会場から少し離れた駐車場に止め歩いて会場まで行きました。

あるお店のご主人の話によると、全体の三分の一の作品が地震で壊れてしまい、なかでもお客様に見ていただきたく(見やすい)目線から上に飾っておいた高価な大型作品はほぼ全滅してしまったそうです。しかも未だに余震が続いているため窯を使うこともできず新しい作品も作れない状態とか・・・・・

工芸の丘の登り窯は新聞で見て知っていましたが下の写真の通り無残な状況でした。

Img_3001 Img_3002 Img_3003

  

今年の陶炎祭(ひまつり)は震災の影響で昨年より30ほど少ない195の窯元・作家が出店とのことでした。

また被災した福島県相馬焼の販売ブースが開設されており、ブース内では大堀相馬焼協同組合理事長でTVのダッシュ村にも出演していた長橋明孝さん(窯元「明月窯」)が”走り駒”を半紙に書いて販売していました。

Img_3004 Img_3005 Img_3006
Img_3007 Img_3008 Img_3009

  

私たちは(今年は)帰宅の渋滞を避けるために、早め(お昼過ぎ頃)に会場を離れましたが、その頃会場付近の道路は駐車場に向かう車で7~8㎞(10㎞?)の大渋滞。こんなに並んでいても会場付近の駐車場はどこも満車で入れないのに・・・・・と気の毒に思いながら、反対車線を(めったに無いことですが)スムーズに運転していました。

2011年5月 1日 (日)

そろそろお墓の用意を・・・・・

近頃”そろそろ自分達のお墓の用意を・・・・・”と思うようになりました。

これまでは新聞に折り込みチラシが入っていても、墓地ご案内のお電話をいただいても、何となく私達にはまだ(もう少し)先の話のように思えて前向きに検討した事はありませんでした。お墓に興味が無かったわけではないのですが・・・・・

たまたま新聞に入っていたチラシにひかれ、先日牛久大仏で有名な霊園を見学してきました。世界一という高さ120mの大仏様に見守られた霊園は、広々と気持ちのよい公園のようでした。係の方の説明(納得したり、感心したり、迷ったり)が終わると、お時間があれば大仏様もご案内できますと言うので見せていただきました。大仏様の胎内のエレベータで85mの展望室まで上り周辺を遠望してきました。

  

大仏手前の芝桜がみごとでした。芝桜のあとはアジサイかな。
110424_150

  

大仏の右肩付近から管理棟が見えました。110424_160

  

展望室からの帰途、ポピーを前景に。あ~っ、ちょっとの間に雲が・・・・
110424_170

  

で、お墓(の感想)は?・・・と言うと、場所(区画方向)と広さと予算と・・・(今のところはまだ気持ちと年齢に少し余裕があるせいか)いろいろな選択肢に迷いもあり即決できませんでした。候補地の一つとして、係の方に今後の情報連絡のお願いをして帰宅しました。

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »