« 種まきのその後 | トップページ | 紅葉の旅(香嵐渓・京都・奈良) »

2010年11月23日 (火)

市民農園の更新手続き

我家にとって初めての「ふれあい市民農園」の更新(2年)の時期がやってきたので更新希望手続きを済ませました。

畑では来年5月頃の収穫を楽しみに数種類の野菜が既に成長し始めていたり、先日のポットのマメ類もまもなく畑への移植を控えたりと、半年後の来年春に収穫を楽しみにしている野菜がたくさんあります。

なのに・・・・・

継続利用については、利用している人が再当選した場合は引き続き同区画を利用できるのですが、応募者多数の場合は抽選になり、はずれると折角いろいろ植えてある作物の収穫を待たずして3月20日までに更地にして市に返却しなければならないのです。・・・新契約者は夏野菜作りには間に合うわけですが・・・・・

使用料が原価算入方式による費用算出で昨年9000円から18000円(年間)と倍に値上がりしたためか、それともあまりにも採算が合わないためか、周囲には今年度いっぱいで返却する人も何人かいるようで既に来春の収穫を諦めた様子の畑もあります。近くの同時期更新希望のおじさんは「この苗やこれから植える苗は賭けみたいなものですよ」と100本植えた玉ねぎの苗を見つめ苦笑してました。ホントですよね~

抽選日は来年1月中旬の予定です。その頃は畑の野菜も春に向かって順調に育ち始まっているはずです。今は成育途中の作物のために更新希望者全員の再当選を願っています。

Dscf0542

                 ”畑の更新契約ができますように”          (自作)

 

« 種まきのその後 | トップページ | 紅葉の旅(香嵐渓・京都・奈良) »

家庭菜園」カテゴリの記事

コメント

最後のニャンコの写真がとってもかわいいcatheart
倍率はどうなんでしょう?せっかく成長し始めた野菜が無駄になってしまうなんて辛すぎます・・・crying
抽選日が年またぎというのも落ち着きませんねsweat01
私も更新希望者全員の再当選を願っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562635/50089812

この記事へのトラックバック一覧です: 市民農園の更新手続き:

« 種まきのその後 | トップページ | 紅葉の旅(香嵐渓・京都・奈良) »