« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月23日 (火)

市民農園の更新手続き

我家にとって初めての「ふれあい市民農園」の更新(2年)の時期がやってきたので更新希望手続きを済ませました。

畑では来年5月頃の収穫を楽しみに数種類の野菜が既に成長し始めていたり、先日のポットのマメ類もまもなく畑への移植を控えたりと、半年後の来年春に収穫を楽しみにしている野菜がたくさんあります。

なのに・・・・・

継続利用については、利用している人が再当選した場合は引き続き同区画を利用できるのですが、応募者多数の場合は抽選になり、はずれると折角いろいろ植えてある作物の収穫を待たずして3月20日までに更地にして市に返却しなければならないのです。・・・新契約者は夏野菜作りには間に合うわけですが・・・・・

使用料が原価算入方式による費用算出で昨年9000円から18000円(年間)と倍に値上がりしたためか、それともあまりにも採算が合わないためか、周囲には今年度いっぱいで返却する人も何人かいるようで既に来春の収穫を諦めた様子の畑もあります。近くの同時期更新希望のおじさんは「この苗やこれから植える苗は賭けみたいなものですよ」と100本植えた玉ねぎの苗を見つめ苦笑してました。ホントですよね~

抽選日は来年1月中旬の予定です。その頃は畑の野菜も春に向かって順調に育ち始まっているはずです。今は成育途中の作物のために更新希望者全員の再当選を願っています。

Dscf0542

                 ”畑の更新契約ができますように”          (自作)

 

2010年11月19日 (金)

種まきのその後

種を蒔いてから2週間が経ちました。

毎日楽しみに成長を見守っているポットの現在の様子です。

キヌサヤは成長のいいものは7cm位になっていますが2cm位のもあります。

Dscf0534

スナップエンドウは成長がいいものでさえ4cm位と、キヌサヤより成長がちょっと遅いようです。

Dscf0535

ソラマメはやっとここまでになり今後が楽しみです。

Dscf0531

キヌサヤ・スナップエンドウ共に畑に移植するのはもう少し先になりそうです。去年は種を蒔くのも1週間ほど早かったせいか、今頃は畑に移植し終えていたようでした・・・・・

2010年11月18日 (木)

ギャラリーカフェ

居心のよいお店でコーヒーを楽しみながら陶芸の個展を観ることのできるカフェがあると聞き、早速同居人と行ってみました。

Dscf0510

Dscf0506

広いスペースではなかったが店内の壁面をギャラリーとして貸しているカフェでした。そこには私が初めて出会う一味違った作風の作品も展示されていました。時々いらしては作品の説明をしてくださっている製作者の方にお会いできなかったのは残念でした。お店の人の話によるとお教室がある日だったようです。ちょっと興味をもった作品があったので、そのうち工房の方へでもお伺いしてみようかなぁ~と思ったりしています。

2010年11月13日 (土)

今日の収穫

今日はsun午前中に畑に行ってきました。レジ袋2つがいっぱいになりました。wink

                      (今日の収穫)

Dscf0525

ピーマンもまだまだなっているのですが成長が夏に比べ遅いです。この場所はソラマメを植える予定になっているので収穫できるのもあと少しです。

Dscf0517

パプリカの赤色(レッドセニョリータ)はまだ実はたくさん付けているのですが、もともと小さいパプリカなのに夏に比べるとずっと小さく赤くなるのにもかなり日数がかかっています。小さくてもお料理では存在感をアピールし大活躍しています。黄色のパプリカはもうほとんど色付かなくなりました。緑の状態で食べてもやっぱりパプリカはパプリカでピーマンとは一味違った美味しさがあります。

Dscf0514

大根は白い部分が見えてきてはいるのですが、まだお店で売っているようには太くはありません。これから太く長いりっぱな大根になるのでしょうか?そういえば大根作りも初体験でした。

Dscf0515

無農薬の新鮮なお野菜は最高のごちそうです!

2010年11月 9日 (火)

種まき(Ⅱ)

畑が狭いのでどうしようか考えて迷っているうちにチョット時期が遅くなりましたが、やはりソラマメに初挑戦することにしました。使用種は「河内一寸そら豆」です。

Dscf0501

調べてみたら種の蒔き方にもいろいろあったのですが、種を一晩水につけ、次の日水から取り出した種を湿った紙に包みその1~2日後ポットに蒔く方法を選択し、早速実行してみました。(写真は4日目)
ソラマメは蒔く時期が結構難しい(早すぎても遅くてもダメ)みたいですね。一袋に12粒入っていたので植える場所の広さの関係で半分の6粒(順調に育った場合の限界?)でのl初挑戦です。
約2週間先の発芽を楽しみに・・・(発芽してくれるかなぁ~?)…遅いのでちょっと心配です。

2010年11月 8日 (月)

陶芸サークル日帰りバス旅行

11月7日(日)に私達二人が属している陶芸サークル会員の親睦を兼ねた日帰りバス旅行の企画に42名で行ってきました。

今年は北茨城にある茨城県天心記念五浦美術館と北茨城市歴史民俗資料館(野口雨情記念館)をメインに六角堂や鮮魚センターでのお買い物が行程でした。ホテルでの食事の後温泉を楽しんだ人もいたようです。

残念ながら同居人はこの日は予定が入っていて私一人での参加になりました。朝7時過ぎに家を出、帰宅は19時過ぎと、まる1日楽しく過ごしてきました。紅葉し始めた木々を観ながら、風もなく穏やかな暖かいまさに行楽日和でした。お土産はもちろんお魚でしたが、あまりの安さに皆さん驚きながらついついたくさんお買い物したようでした。大好きな海はとっても気持ちよかったです。

               茨城県天心記念五浦美術館

Dscf0495

残念なことにブログに掲載できそうなのはたったこの1枚しかありませんでした。お友達との写真ばかりで・・・・・

2010年11月 4日 (木)

種まき

キヌサヤとスナップエンドウの種をポットに蒔きました。(11月3日sun

畑を占領される期間は長いのですが、その分今年はみごとにたくさんの実を付けてくれたので半年先の来年の収穫を今から楽しみにしています。まずは元気な発芽budを願うのが先でした・・・・(*^.^*)

Dscf0486

今日現在の畑の様子です。(久しぶりの登場です。)

今は春菊がやわらかくて美味しいです。大根も順調に育っています。今年初めて植えた赤ねぎも甘くてやわらかく美味しいので分割作業もし重宝してます。ピーマン・パプリカ(夏に比べ小振り)はまだまだ収穫できています。そろそろ水菜も収穫できそうで楽しみです。ちょっと植え方に問題があり成長の遅かった玉ねぎ・エシャロットも他の畑の成長と変わらなくなってきたのでほっとしています。

写真には全部が写っていませんが狭いながらも少しずついろんな種類を育てているので、それぞれの成長の過程も楽しんでいます(*゚▽゚)ノ

Dscf0474

今が見頃の自宅庭のバラです。 (花器・同居人作)

Dscf0492

2010年11月 1日 (月)

手賀沼エコマラソン

手賀沼沿いの道路に「よみがえる手賀沼さわやかに走ろう!」ののぼり旗と交通規制の看板が1ヶ月前ごろから立っていました。毎年10月の最終日曜日に行われてる手賀沼を一周するハーフマラソン『手賀沼エコマラソン』は今年は16回目だそうです。ブログのネタにもなるかなと初めて出かけてみました(残念ながら参加ではありません)が、調べてみると参加者は8千人位で申し込みは開始後数時間で一杯になってしまうという、結構人気のある大会のようです。

  

Dscf0454

  

このコースで唯一と言える坂道を駆け上るランナー。先頭集団ではありませんが、かなり前の方を走っていた集団です。今年のゲストランナーのなかで判ったのはで箱根駅伝でお馴染の中央学院大駅伝部だけでした。

Dscf0456

  

給水所で水分を補給するランナー。霧雨の中なので水を手にする人はあまりいないようでした。Dscf0458   

私が応援していた所は道路の両側が田んぼと畑で見物客もいないところだったので、声も無く聞こえるのはただひたすらシューズが道路をたたく音だけです。こんなにたくさんの人が走っているのになんだか不思議な空間に迷い込んでしまった気持ちでした。

Dscf0467

  

コース近くの細い道には交通規制で本来の道を走れず、脇道に入り込まざるを得なかった車が何台もあり「通り抜けられますか?」と尋ねられることしばしばでした。私も道路の向こう側の市民農園へ行きたかったのですが・・・・・断念。それにしても時々異常に苦しそうな激しい息使いが聞こえてくる中、目の前は歩いている人一人いずみんなの頑張りにただただ拍手で応援です。

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »