« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月25日 (月)

旧村川別荘と子之神大黒天の火渡り

子之神大黒天の火祭りを20数年ぶりに見に行ってきました。以前は確か着いた時は終わりの頃だったような気がします。調べたところ火渡りは2時からと判り、少し早めに出発し大黒天のすぐ近くにある旧村川別荘にも立ち寄ることにしました。

知ってる方も多いかと思いますが、手賀沼のほとににある我孫子は大正から昭和初期にかけて著名人(加納治五郎、武者小路実篤、志賀直哉、杉村楚人冠、等々)が別荘を構えた所です。現存するものは少なくなってしまいましたが旧村川別荘はその数少ない一つです。尚、旧持主の村川堅固は加納治五郎の教え子で東京帝大の教授だったそうです。

  

旧村川別荘の玄関

  

別荘は母屋と新館があり写真は母屋

  

新館のリビングルーム。沼側の眺望のため広い硝子戸

  

母屋と新館間にあった木製の灯篭

  

子之神大黒天(ねのかみだいこくてん)の柴燈護摩火渡りは山伏姿の僧侶が呪文を唱え、古い御札や護摩木を燃やして、まだ火が残っている所を裸足で渡り歩きます。その後、信者も裸足で渡ります。

私も数十年前の昔子供の頃、実家の近くの神社で大人に混じり火渡りをしたことがあります。子供の参加も少ない時代で火傷が怖く早足で渡りきったあの日の事が、この火祭りを見ていて懐かしく思い出されました。

※下のビデオは火祭りの様子を皆さんにもご紹介したくて、一緒に行った同居人に撮影してもらいました。(ちょっとボリューム上げて見ていただけると迫力が伝わるかな?)

2010年10月24日 (日)

Japan Bird Festival 2010 in Abiko

今年(10回目)は10月23日(土)と24日に鳥をテーマにした国内最大級のイベントが手賀沼湖畔で開催されています。「人と鳥との共存」へ・・・・・秋晴れに誘われ初日に行ってきました。

メイン会場の「水の館」入り口

Dscf0423

 

「水の館」展望室から望む「鳥の博物館」周辺

Dscf0422

 

バードカービング会場風景

Dscf0413

 

こんな素晴らしいバードカービングも

Dscf0417

 

野外のステージではボサノバの演奏も

Dscf0424

 

下の写真2枚は1986年から秋篠宮文仁親王を総裁としてお迎えしている山階鳥類研究所です。「翼にたくす地球の未来」・・・・・ジャパンバードフェスティバル会期中の2日間、山階鳥研講堂にて所員が交替で、山階鳥研の研究や保全活動を紹介するミニレクチャーが行われていたので参加してきました。普段一般の人は入ることのできない建物だけに貴重な体験でした。

Dscf0404

Dscf0403

 

会場のすぐそばには秋を感じさせるたくさんのコスモスがきれいに咲いていました。

Dscf0398

2010年10月23日 (土)

笠間に行ってきました

笠間工芸の丘で年に1度行っている「登り窯体験」の募集期間の締め切りが迫っていたので、今年も同居人の素焼きした花瓶をもって笠間へ行ってきました。Dscf0396 

下の写真がその登り窯です。薪(アカマツ)を6日間焚き上げ1,200~1,500把を使うそうです。窯は一の間、二の間、三の間に分かれていて食器や花器など1,000点以上を一度に焼け上げるとはすごいですよね。花瓶がどのように焼きあがるのか自分の作品のように今から楽しみです。私も一度は参加してみたいと思ってます。が、その前にもっと腕を上げないとね~ Dscf0346 

ちょうど昼食時期。北ゲートの近くにある「そば切り 一兵衛」で田舎太打ちの舞茸天そばを注文。今年初めての秋そばは期待通り香りよくとっても美味しかったです。

昼食の後は工芸の丘に戻り笠間で活躍してる作家先生の作品を観賞。写真撮影OKとのことなので参考のため数枚撮りましたが、やはり自分で作るのは難しそうです。上の写真はクラフトショップ、下の写真は人間国宝松井康成展示室。 Dscf0352

Dscf0360 

笠間稲荷神社では菊まつり開催中(10月16日~11月23日まで)。今年は103回目だそうです。始まったばかりということもありまだまだつぼみが多かったです。 Dscf0383

Dscf0373 

参道では昔の着物を洋装にリサイクルした一群(20人位)が闊歩している場面に遭遇しましたが、下の写真のとおり金曜日でしたので見物人は少なく専属のカメラマンの方が多かったかも? Dscf0384

Dscf0363 

帰り道ギャラリーロードで「回廊ギャラリー門」というショップに立ち寄り、文字通り回廊となってる雰囲気のいいギャラリーで作家先生の作品を堪能。下の写真はショップ駐車場で見事に赤い実をつけた山ぼうしです。 Dscf0386

Dscf0391 

楽しい一日でした。

2010年10月10日 (日)

水上温泉旅行

10月7日から2泊3日で同居人と一緒に水上温泉に行ってきました。

1日目(晴れ)は途中吹割の滝に行きました。

Dscf0216

私は以前季節をかえて3回程来ていますが、今回はシーズン前で人も少なかったので、思う存分清々しい川の流れとすぐ足元に滝壺を覗き込み迫力のある滝を見ることができました。

観瀑台から滝全景 Dscf0217 

川や滝が見え隠れしての高低差がある一周約1時間・全長2kmの遊歩道を途中石に刻まれた俳句など鑑賞しながら散策しました。

詩(うた)のこみちDscf0219

沼田はりんご園が多く、あちこちにリンゴ狩りの看板が目立ちました。種類も多く初めて聞く名前のりんごも多かったです。店先で購入したりんごでその場で作ってくれるフレッシュジュースは香りも味も甘くて最高に美味しかったです。
観光客には”あかぎ”や”秋映(あきばえ)”が人気のようでした。

Dscf0224

2日目(晴れ後曇)は谷川岳に行きました。

土合から天神平までは最新型ロープウェイの”フニテル”に乗り約10分。

Dscf0238

到着時の気温は12度、天神平の紅葉はまだ少し早かったです。(上・下の写真は”フニテル”内より撮影)

Dscf0243

天神峠までは運動のためにとリフトを使わず自力で坂道を登る(30分位?)とそからの景色はとってもきれいでした。(実際はもっと鮮やか)期待していなかっただけに感動も大きかったです。4~5日後は最高でしょうね。

Dscf0266

折角なので色鮮やかな紅葉を楽しみながら写真中央に写っている足場の悪い道を天神峠から天神平まで45分かけ歩いて下りてきました。(リフトで7分)

天神平からのロープウェイを降りその足で土合から次に一ノ倉沢入口まで車で行ってみました。(約15分)見上げた山頂はすばらしい紅葉でした。写真では見慣れていた光景に初めて出会い感激です。

Dscf0288

※この時期の週末は車の規制があるのでご注意下さい。

温泉郷に戻ると道の駅(水紀行館)沿いの川では若い人のグループがラフティングを楽しんでいました。最近はシニアの体験者も結構いるそうです。

Dscf0305

3日目は天気予報が当たって朝から雨。

まず予定していた”天一美術館”へ。

Dscf0333

岸田劉主、梅原龍三郎、ルノアール、ピカソ等の作品が収蔵・展示してあります。自然に溶け込んだとっても素敵な美術館でした。チョコレートが添えられたハーブティーをいただきながらゆったりとした気分を味わいました。

この日は美術館・陶芸工房・買い物等予定していたのであまりお天気には影響されなかったのですが旅行はやっぱり晴れがいいですね。

今回はホテルの移動がなかったので各種温泉も十分に楽しめ何となくゆっくりできた旅行でした。

2010年10月 2日 (土)

(続)陶芸体験教室

作品が完成しました!

                  8月11日・・・作陶・削り
                  8月20日・・・素焼き完成
                  9月27日・・・色付け・釉掛け
                  10月1日・・・本焼き完成

Dscf0209

     ハートのカップは粘土の種類により地色がグレー系になってしまいました。

     白地のイメージでいたのにごめんなさいね。

     でもおしゃれっぽく素敵な感じに仕上がっていると思いますが・・・

     他の2つのカップもそれぞれにいい雰囲気がでてると思います。

     とてもとても初体験とは思えないすばらしい作品です。

Dscf0207

     色とりどりの箸置き・梅干し皿(?)がかわいいですね。

     お勤めをしている関係で途中間が空いてしまいましたが

     楽しんでいただけたようでよかったです。

     これに懲りずに又ミニミニ陶芸教室に遊びにいらして下さい。

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »